タグ:春 ( 11 ) タグの人気記事

わが世の春~? ・・・ ≪ ヒメジョオン ≫

2・3年前には家が建っていた空き地に、今年は沢山の雑草が生い茂っています。

(1)
a0140000_20233126.jpg

なかでも、この子たちの無邪気な笑い声は、弾けるように煌めいています。

(2)
a0140000_2028334.jpg

純粋な白い輝きは雑草の中にいて、リズミカルな華やかさを放っています。

(3)
a0140000_20371194.jpg

お馴染の春の可憐な草花ですね。

【春紫苑 (はるじおん)】 ・・・ 菊(きく)科    北アメリカ原産の帰化植物(開花時期は、 4/ 末頃~ 5/ 末頃)
【姫女苑 (ひめじょおん)】 ・・・菊(きく)科    北アメリカ原産の帰化植物(開花時期は、6/1頃~ 8/20頃)

(4)
a0140000_2042289.jpg

白い光が踊ると、虫さん達も、ときめきながら寄って来ます。

共鳴し合う二つの輝き・・・!

(5)
a0140000_20484447.jpg

花が美しく昔は園芸植物だったと云う説もあります。

(6)
a0140000_2217697.jpg


お恥ずかしいのですが
PCの操作に詳しくなく、打ち消し線の使い方が解りません。

姫女苑、とのご指摘があり、訂正いたします。(有難うございましたm(__)m)
【春紫苑】
花期が1ヶ月ほど早い(4~5月頃)。
つぼみは下向きにちょっと垂れる。
白い花の部分はやわらかめ。
葉っぱは茎を抱くような形で伸びている。
茎は中が空洞。
【姫女苑】
花期は夏(6月以降)。
つぼみは上向きのことが多い。
白い花の部分はピーンと張っている。
葉っぱは茎からストレートに伸びている。
茎には髄(ずい)という部分が詰まっている。

花はそっくり  だと、調べたサイトに載っていましたが、まだまだ観察力が足りません。

by soyokaze-1020 | 2010-06-12 21:57 | 山野草 | Comments(14)

土手に咲く春の草花 ・・・ ≪ ミヤコグサ・ノアザミ ≫

清らかな流れの川を望む土手には、さまざまな草花が
この季節を謳歌しています。

ヒメコバンソウ(?)のあいだから、可憐に微笑んでいる小さな花

(1)
a0140000_16482513.jpg

黄色が鮮やかな如何にも マメ科 の佇まいです。

(2)
a0140000_1650116.jpg

【みやこぐさ(都草)】 ・・・ マメ科    「別名」・・ エボシグサ

雑草と呼ぶには端正なお顔です。
近くには アザミ が見えます。

(3)
a0140000_1715364.jpg

この花を見ると あざみの歌 が流れて来ます。

 ♪~山には山の愁いあり
  海には海のかなしみや
  ましてこころの花園に
  咲きしあざみの花ならば~♪

(4)
a0140000_17654100.jpg

伊藤久雄さんが唄った 抒情歌 です。

 ♪~いとしき花よ 汝(な)はあざみ
  こころの花よ 汝はあざみ
  さだめの径(みち)は果てなくも
  香れよ せめてわが胸に~♪

(5)
a0140000_17105534.jpg

まだ、ものごころつかない少女の頃、
哀愁を帯びた旋律が、いつの間にか染みついてこの花を見るたびに思い出されます。

(6)
a0140000_17155310.jpg

【薊 (あざみ)】 ・・・ 菊(きく)科     「別名」・・ 野薊(のあざみ)
                         花のあとはタンポポみたいな種(たね)になり、風に乗って飛びます。

飛び立とうとしているものがありましたよ!
    
(7)
a0140000_17253799.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-06-10 17:32 | 山野草 | Comments(14)

花菖蒲園での一日 ・・・ ≪ その他の花 ≫

花菖蒲園では早咲きの花が終わったものも見られました。
この春の天候不順で、管理をされる方のご苦労がしのばれます。

(1)
a0140000_14382033.jpg

休憩所には、こんなものも・・・?
この風景には馴染めない モダンな椅子とテーブル !?

(2)
a0140000_14412428.jpg

園の中央には小さな池があります。

(3)
a0140000_14435314.jpg

汚れた水の中に傷んだ葉っぱの 睡蓮の花 が咲いています。
何だか気の毒で、アンダー気味に撮ってみました。

(4)
a0140000_14463578.jpg

園の傍らの斜面は 3000本を有する石楠花園 だとパンフレットに書かれています。

(5)
a0140000_1515094.jpg

石楠花は 日本では山深くで咲くその神秘性から 忌み木 として庭園に持ち込むことを敬遠する民族信仰があったようで
園芸化されたのは歴史が浅く18世紀以来だそうです。
西洋では古くから品種化が進み、ここも西洋石楠花が主なようです。

花は既に終っていましたが、残り花が見下ろしていました。

(6)
a0140000_14591336.jpg

木陰の藪の中に小さな花を見つけました。

【白糸草 (しらいとそう)】 ・・・ 百合(ゆり)科    花からチョコレートケーキの甘い香りがするらしいのですが、溝を隔てたところにあり確認出来ません。

緑と花と爽やかな空気・・・! 心やすらぐひと時です。

(7)
a0140000_1511029.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-06-09 15:23 | 風景 | Comments(8)

やすらぎを求めて ・・・ ≪ 花菖蒲園 ≫

深緑が美しい谷間の 花菖蒲園 です。
昨年も、訪れたのは丁度この時期だったはずです。

園の入り口で「天候不順で、花が遅れています」と、云われました。

(1)
a0140000_1818374.jpg

とは言え、2時間かけてやって来ましたので・・・!?

自然林を生かした6haの敷地に約1000種、100万本の花菖蒲があると云う園内は
早咲き種の花がポツポツ・・?

(2)
a0140000_18185375.jpg

お客さんもまばらです。

(3)
a0140000_18194669.jpg


とりあえずは 花を・・!

(4)
a0140000_18202975.jpg

【花菖蒲 (はなしょうぶ)】 ・・・ 文目(あやめ)科    野生の「野花菖蒲(のはなしょうぶ)」を 原種として改良された、国産の園芸植物。
                                  葉が菖蒲に似ていて美しい花が咲くことから「花菖蒲」と云われるようになったそうです。

(5)
a0140000_18215310.jpg

なかでも、この紫色は目を引きます.。

(6)
a0140000_18232144.jpg

黄菖蒲の処では、散水中でした。

(7)
a0140000_1825171.jpg

白い花はひっそりと逆光を浴びて・・・!

(8)
a0140000_18272370.jpg

この園では、花菖蒲を系統別に分けて、回遊して見れるようにしてあり、それぞれにプレートが付いています。

それらしい名前は パス!・・です。

(9)
a0140000_18361485.jpg

ちょっと侘びしい園の状況でしたが、再入園券なるものを、出していて、
「花の良い時期にその券があれば無料にします」 ですって!

農作物もそうですが、こういった業者さんも天候不順には悩まされた春でしたね。

(10)
a0140000_18464354.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-06-08 18:50 | 風景 | Comments(10)

散歩道の香り ・・・ ≪ テイカカズラ ・ スイカズラ ≫

川沿いにある散歩道はこの季節、
ここの一角だけ甘い香りに包まれます。

迫って来る山の斜面に這い上がるように小さな白い花に覆われるからです。

(1)
a0140000_19195565.jpg

よく見るとスクリュー型をしています。

(2)
a0140000_19281369.jpg

もっと近づきたくて、木の根っこに足をかけて撮っていましたら
通りかかったおじ様が、「よく咲いているなぁ~!」と、自転車を降りカメラを構えました。

(3)
a0140000_1934175.jpg

長い間判らなかったおはなのなまえです。

【定家葛 (ていかかずら)】 ・・・ 夾竹桃(きょうちくとう)科   藤原定家に由来する名前だと教えて頂きました。


(4)
a0140000_19381465.jpg

近くにあるこの花も負けないくらいの香りを放っています。

(5)
a0140000_19415277.jpg

【吸葛 (すいかずら)】 ・・・ 吸葛(すいかずら)科   「水を吸う葛」の意から「吸葛」となった。
                                 また、昔は、花の奥の方にある蜜(みつ)を 子どもが吸って遊んだことから「吸葛」と なった、との説もあるのだそうです。
(6)
a0140000_19453798.jpg

見事に這い上がった白い花と香り!
みんな気持ちの良い散歩を楽しんでいます。

(7)
a0140000_19503342.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-06-06 20:03 | 山野草 | Comments(14)

清々しい山の空気の中で ・・・ ≪ モミジの芽出し ≫

ロッジで食事をしていた30人くらいのおば様方の集団が、いっせいに刈り込まれた斜面を上がっていきます。
みんなビニール袋を持って、何かを拾っているような・・? 摘んでいるような・・?

食堂の係りの人に訊ねてみましたが、曖昧な返事・・?
(1)
a0140000_1422316.jpg

この場所は、鹿や熊まで出ると云う処だそうです。

「ボランティアの人が、鹿の糞でも拾っているのだろうか?」
「・・そんな訳ないよなぁ~?」

私たちも登ってみることにしました。
おば様達の目的は、これでした。
ワラビはシダ類だから、もっとシダが生い茂っている処にあるものだとばかり思っていましたのに・・!
全く無知な私たちです。
(2)
a0140000_1410408.jpg

ロッジの周辺には2・3本のモミジの木があります。
花が落ちた後・・? 種が飛んだ後なのでしょうか?
(3)
a0140000_141597.jpg

判りにくいので、他の場所で撮ったモミジのプロペラを。
(4)
a0140000_14165643.jpg

ありましたよ!
モミジのベビーちゃん! 2㎝位の背丈だけれど、ちゃんと手を広げて、
まだプロペラも付いています。
あとで気がついたのですが、鹿の糞の上に腹ばいになっていたようです。(テヘへッ!)
(5)
a0140000_14203694.jpg

ここは、小さなスキー場です。

気持ちのいい爽やかな空気!
リフレッシュですね!
(6)
a0140000_14291457.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-06-05 14:37 | 植物 | Comments(12)

雨上がり 風にそよそよ~ ・・・≪ ヤエザクラ ≫

4月11日、 庭の 八重桜 の蕾がほころび始めました。
a0140000_22223333.jpg

それから、10日以上もかかって、やっと満開を迎えて・・?
今年の春は、3歩下がって2歩進む・・状態!?
a0140000_22265333.jpg

冬に逆戻りのような気温、そして冷たい雨続き・・・!
のどかな春日和を、だれもが望んでいますのに、めまぐるしいお天気の変化。

時間がかかっても、お花は季節を感じて、花開きますね?
a0140000_22342950.jpg

私は このお花のフワフワ感に、安らぎを覚え見上げています。
a0140000_22424818.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-04-24 22:45 | 花木 | Comments(8)

春景色~♪ ・・・ ≪  レンゲソウ  ≫

マンションや、信用金庫、ガソリンスタンドなどが点在する地に、
この畑が広がっています。
a0140000_19135268.jpg

昔、懐かしい レンゲ畑です。
a0140000_1916713.jpg

三十年ほど前までは、里山に入ると一面ピンクに覆われた田んぼが広がっていたものです。
ミツバチや、チョウが飛び交い、子供たちがその中をかけまわり・・・!
柔らかい陽射しの中で春を満喫できました。
a0140000_1923418.jpg

【蓮華草 (れんげそう)】・・・豆(まめ)科     「原産国」・・・中国   日本にはかなり古くに渡来
                             蓮(はす)の花に似た草、というのが名の由来。
a0140000_1927308.jpg

ここにレンゲ畑があるのを知ったのはつい最近!
嬉しくて、一人しゃがみこんで撮っていましたら、
車から降りて来た紳士が 「何か研究でもされていますか?」 と・・・?
a0140000_19345831.jpg

よほどおかしな格好をしていたのでしょうね?
a0140000_19383554.jpg

私にしたら レンゲ畑 はもう、絵本の中の世界
心の中の春景色を巡りながら、とり残された田んぼの 蓮華草 との楽しいひと時過ごしました。
a0140000_19452396.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-04-17 19:53 | | Comments(14)

弥生・三月の幕開けに・・・≪ 八重椿・アネモネ ≫

秋から硬く蕾を閉じていた八重椿が
今朝、小雨降る中、花開きました。
a0140000_19225134.jpg

一輪だけですけれど、春の訪れをを告げるかのようです。
a0140000_19233773.jpg

クリスマスローズの前のプランターには、紫のアネモネが・・・
この子もたった一輪、いち早く花を咲かせました。
a0140000_1924435.jpg

いよいよ三月!
希望の春のスタートです。
a0140000_1925181.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-03-01 19:30 | | Comments(14)

薄日を受けて咲く・・・≪ 梅の花 ≫

大きな植木鉢が展示されていました。
盆梅と云うのでしょうか・・?
a0140000_19464362.jpg

「道知辺」と、ネームが付いています。
ミチシルベ と読むのでしょうね?
a0140000_19494267.jpg

そして、これは 「野梅」 ヤバイ と云うらしいです。
原種に近い小さな花です。
a0140000_19535460.jpg

お手入れが行き届き、とても元気な笑顔です。
a0140000_203136100.jpg

庭園の外に植えられていた花も、春を告げるために次々と咲き揃い始めています。
a0140000_20352260.jpg

ほらっ! この子も明日には可愛い笑顔になるでしょう。
a0140000_20371215.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-02-22 20:39 | | Comments(10)