赤い花なら~♪♪    ≪   曼殊沙華   ≫




この時期、全国一斉にいろいろな処で咲きだす ヒガンバナ(彼岸花)

赤く彩られた自然は、見応えがありますね。


棚田の畔を彩る景色を見たいと思うのですが、それらしきものに巡り合えず

里山に出かけました。


慌てましたね~(^_^;)

草刈りが始まっていました。


何とか間に合ったような・・・!?




♪~ 赤い花なら曼殊沙華 オランダ屋敷に雨が降る ~♪

時々きいた母の鼻歌・・・

途中からは決まって ♪~ ル・ル・ル・・ ~♪

歌詞が出てこなかったのでしょう




花を撮りながら、風に乗って母のかぼそい鼻歌が聴こえてくるような気がします。



花言葉は、 悲しき思い出





(1)

a0140000_02005176.jpg


(2)
a0140000_01511928.jpg

(3)
a0140000_01520248.jpg

(4)
a0140000_01524632.jpg

(5)
a0140000_01532334.jpg

(6)
a0140000_01534885.jpg

(7)
a0140000_01543472.jpg

(8)
a0140000_01545864.jpg

(9)
a0140000_01554003.jpg

(10)
a0140000_01560598.jpg


☆ 渡りの蝶(アサギマダラ)に逢いに行きました。

  デジブックに纏めましたので、ご笑覧ください。



Published by デジブック
# by soyokaze-1020 | 2017-10-03 08:00 | 心の庭 | Comments(8)

秋の野に艶めきたてる    ≪   マルバルコウソウ   ≫




里山に秋が来て

さまざまな野の花が咲き始めているだろうと・・・


色々都合もありますが、已むにやまれず~^^

車で一時間、出かけることに


流れる景色は、すっかり秋

彼岸花があちこちに咲いています。


それはさておき、また後日にして、今日のお目当てはこの子たち!


草むらや土手。河川敷・田の畦道、至るところに旺盛に蔓を伸ばしながら咲いている一日花

マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)、 可愛いお花さんです。


見つめますと、その華やいだ朱色のお顔はドキッとするほど艶めかしく

小さいながらも大人の色っぽさを感じます。



花言葉は、 情熱




(1)

a0140000_23052144.jpg


(2)
a0140000_23060066.jpg


(3)
a0140000_23064453.jpg

(4)
a0140000_23070933.jpg
(5)
a0140000_23073324.jpg



# by soyokaze-1020 | 2017-09-30 23:09 | お出かけ | Comments(6)

陽だまりの中     ≪   荒れ果てたミニ花壇   ≫


小さな花壇の隣の空き家の解体から3ヶ月


すっかり気力が萎え、放置していた処に生き残った花たちが、

細々と秋の陽に揺れています。


時にはチョウやハチがご機嫌伺いに訪れますが、建物や立木がなくなった今、

スズメたちはすっかり来なくなりました。


水を撒くことすらしていませんのに、静かな秋の陽だまりの中で

季節の花は、やさしい笑みを浮かべて穏やかな風と戯れています



なんだかやさしい気持ちになりますね。


(1)キバナコスモス


a0140000_23361082.jpg


(2)

a0140000_23364294.jpg

(3)花言葉は、 野性的な美しさ

a0140000_23370709.jpg

(4)コスモス (赤)
   花言葉は、 愛情

a0140000_23373453.jpg

(5)コスモス(ピンク)
   花言葉は、 純潔

a0140000_23375585.jpg





季節足早に過ぎて行きます。
日本庭園を訪れ、季節の移ろいを感じてまいりました。
ご笑覧くださいませ。


# by soyokaze-1020 | 2017-09-27 23:55 | 心の庭 | Comments(8)

盆花     ≪   ミソハギ   ≫



庭園の小さな池の縁を鮮やかに彩る花

長い花穂に小さな紅紫の花をびっしりつけて揺らいでいます。


盛夏の暑さをものともせず、とても元気です。


花穂に水を含ませてお盆の供物に水をかけ、禊をする風習から、

禊に使う萩に似た花の意味で ミソハギ(禊萩) と名付けられたと云います。


この時期になりますと気になって見に来ました。


この小さな池では、毎年庭には来ないトンボを見かけます。

お腹に帯を巻いたような コシアキトンボ(腰空蜻蛉) です。

何度かカメラを向けますが、いつも没画ばかり・・・


いきなり目の前の花にとまって慌てました。

すぐに飛び立ちましたが、とまっているのを見るのは初めて!


木立に囲まれた池は薄暗く、動きの速いトンボを捉えるのは苦難この上なし・・・!



腕の無さを嘆いていましたら、 ミソハギがゆらゆら揺れながら笑っているようでした。




花言葉は、 愛の悲しみ




(1)

a0140000_00260337.jpg


(2)
a0140000_00262942.jpg

(3)
a0140000_00272628.jpg

(4)
a0140000_00281960.jpg
(5)
a0140000_00285760.jpg
(6)
a0140000_00292156.jpg
(7)
a0140000_00294105.jpg

(8)
a0140000_00302682.jpg
(9)
a0140000_00311968.jpg
(10)
a0140000_00315149.jpg






# by soyokaze-1020 | 2017-08-13 08:00 | お出かけ | Comments(8)

あ~ぁ・・・ア!?     ≪   我が家のミニ花壇   ≫




家の前の空き地に盛土をして花や野菜を育てています。

隣は長い間、空き家になっています。


ブロック塀に沿って、球根を入れたり、挿し木したり、花の苗を植えたり・・・

ミニ花壇を造り、季節の花を楽しんでいました。


その空き家を取り壊すことになり~!

当然、ブロック塀も解体することになりました。


仕方がない状況で了承はしましたが・・・


お花たちの行方は~!?


クリスマスローズもシュウメイギクもアマリリスもハナトラノオも、その他諸々

すべて助けることができませんでした。


空き家はユンボが入り、わずか2週間で更地になり、すっかり明るくなりました。


体力が落ちて、お世話もままならなかった我が家のミニ花壇

あ~ぁ・・・、お花たちにゴメンね! と、



諦めの覚悟はしていましたが、すこし心が空っぽになってしまったような?




(1)

a0140000_01050744.jpg


(2)
a0140000_01053530.jpg

(3)
a0140000_01060682.jpg

(4)
a0140000_01063097.jpg

(5)
a0140000_01074383.jpg

(6)
a0140000_01081462.jpg

(7)
a0140000_01084870.jpg
(8)
a0140000_01091999.jpg
(9)
a0140000_01095079.jpg
(10)
a0140000_01104262.jpg
(11)
a0140000_01224060.jpg
(12)
a0140000_01114651.jpg
(13)
a0140000_01122861.jpg
(14)
a0140000_01130543.jpg
(15)
a0140000_01133576.jpg
(16)
a0140000_01140276.jpg
(17)
a0140000_01183057.jpg
(18)
a0140000_01191491.jpg



# by soyokaze-1020 | 2017-08-10 08:00 | 庭・菜園 | Comments(6)