2012年 04月 24日 ( 1 )

大らかな春の妖精    ≪   イチリンソウ   ≫

大荒れの天気だとの予報が外れて、朝から眩しい陽がふりそそいでいます。
急遽、予定をキャンセルして、山野草の自生地に出かけることにしました。

春の悪戯お天気に悩まされ、半分諦めかけていた子たちに会えるだろうか?
ドキドキしながら3時間弱の遠征です。

到着したのはお昼過ぎ・・・!
お日様は真上でギラギラ~! その上、この春一番の暖かさです。

炎天下で白い花を撮るのは難儀です。

何とか間に合った イチリンソウ(一輪草)は、僅かしかありません。
春の妖精と呼ぶには大ぶりに見えるこの花も、キンポウゲ科の花らしいシベが魅力的です。
蕾・開きかけの姿など、色々イメージして来ましたのに、
どの子も全開の大らかな表情を崩しません。

陽が傾くまでは待てませんし、会えただけでも良しとしましょうか・・!?


花言葉は、 追憶、久遠の美

(1)
a0140000_23503491.jpg


(2)
a0140000_23522113.jpg


(3)
a0140000_23525297.jpg


(4)
a0140000_2353546.jpg


(5)
a0140000_23535840.jpg


(6)
a0140000_23542550.jpg


(7)
a0140000_23561184.jpg


(8)
a0140000_0183424.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-04-24 19:00 | 植物 | Comments(10)