2012年 04月 22日 ( 1 )

のれんを潜れば春~♪    ≪   キブシ   ≫

山道を走っていると、まだ枯れ色の斜面や明るい山肌に、尾状の花穂をつけた樹木が目立ちます。

細い枝いっぱいに葡萄のような房が風に揺れるさまは、縄のれんのよう~!

キブシ(木五倍子)の花です。
変わった名前! しかもこの漢字は読めません~^^

江戸時代以前の結婚した女性のお歯黒の染料として、利用されたことから付けられた名前だそうです。
(果実に含まれるタンニンが、黒色染料の五倍子(ぶし)の代用になるところから・・らしいのですが・・?)

まだ葉が出てくる前の枝に、列をつくってズラッと垂れ下がっている様子は愛らしいですねぇ。

名もない小さな滝の前にあるキブシは壮観な眺めです。

この暖簾を潜れば・・・? その向こうは春・・・です。


花言葉は、 待ち合わせ、出会い

(1)
a0140000_23184626.jpg


(2)
a0140000_23191469.jpg


(3)
a0140000_23194372.jpg


(4)
a0140000_23195895.jpg


(5)
a0140000_23202273.jpg


(6)
a0140000_23203821.jpg


(7)
a0140000_2321121.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-04-22 19:00 | 植物 | Comments(6)