タグ:野鳥 ( 115 ) タグの人気記事

冬日の憂鬱     ≪   ジョウビタキ♀   ≫


暦の上では既に立春を過ぎましたのに
冬将軍は居座ったまま、氷点下の冬日がつづいています。

いつもの散歩道のマンション下に、数本の木立ちがあり、そこにノイバラやノブドウが絡む一角があります。

狭い川の向こう岸ですが、私はガードレール越しにそこを覗くことも散歩の一環です。

耳が痛いほどの冷たい日、
木立ちが揺れるので近づきますと、一人のおじ様が鋸を持って作業中・・・!!

え~ぇ!! ここは小鳥たちにとっては大事な場所ですのに~!

ジョウビタキやアオジ、ときにはシロハラやツグミまで、ここで遊び寛ぐ処、
その姿を見るのを楽しみにしていました。

伐採された木はそのまま放置されています。
おそらく乾くまでそこに置かれているのでしょうね。

2度3度、見に行きますと必ず居るのは ジョウビタキ(尉鶲) の女の子

荒れ果てた倒木の周りを巡回しています。
冬日のうっすらした光が、いっそう後姿をもの悲しく感じさせます。



冷たい風が通り過ぎ、私は憂鬱の波の中に沈んでしまいそうです。



(1)
a0140000_043496.jpg


(2)
a0140000_044163.jpg


(3)
a0140000_0444536.jpg


(4)
a0140000_0452191.jpg


(5)
a0140000_0453816.jpg


(6)
a0140000_04635.jpg


(7)
a0140000_0462723.jpg


(8)
a0140000_047810.jpg


(9)
a0140000_0473065.jpg


(10)
a0140000_048445.jpg


(11)
a0140000_0483369.jpg


(12)
a0140000_049443.jpg


(13)
a0140000_0521715.jpg


(14)
a0140000_052417.jpg


(15)
a0140000_0533331.jpg


(16)
a0140000_0542125.jpg


(17)
a0140000_0544754.jpg




ジョビ子ちゃんのいじらしさがやるせなく沢山撮りました。
枚数が多くなり申し訳ございません。

by soyokaze-1020 | 2016-02-10 10:00 | | Comments(8)

お昼どき     ≪   メジロ   ≫




風は冷たいけれど、冬の薄日がさしているし・・・
今日はどんな子に出会えるかな?

期待半分で、独り散歩に出かけます。
なかなか遠出ができないこともあり、川沿いの散歩道を歩くのが日課になりました。

ガードレールにもたれながら、ノイバラのフィールドを覗き込みましたら
今季、初お目見えの メジロ(目白)ちゃん

しかも2羽~☆

どっちを選ぶか迷います。
迷っていましたらクマザサの奥に入ってしまいました・・・^^;

すぐに出てきた子がノイバラの実を啄ばみ始めました。
つついて上を向いて呑みこみます。

上空ではヒヨちゃんの声が絶え間なく、メジロちゃんは左右を警戒しながらのお食事、
のんびりとランチを楽しめないようですね。

今日の午後の散策は、メジロちゃんのお昼どきにお付き合いさせていただき
収穫あり!

楽しいひと時でした。



(1)
a0140000_9204087.jpg


(2)
a0140000_921068.jpg


(3)
a0140000_9211793.jpg


(4)
a0140000_922072.jpg


(5)
a0140000_9222320.jpg


(6)
a0140000_9235393.jpg


(7)
a0140000_924931.jpg


(8)
a0140000_9242713.jpg


(9)
a0140000_9252336.jpg


(10)
a0140000_925401.jpg


(11)
a0140000_926371.jpg


(12)
a0140000_9261853.jpg


(13)
a0140000_9263518.jpg

by soyokaze-1020 | 2016-02-07 09:27 | | Comments(8)

お邪魔虫でごめんなさい~!     ≪   ヒドリガモ   ≫



冬鳥が憩う川にやって来ました。

去年、草を啄ばむこの子たちを見て、もう一度そのシーンに出会いたいと・・・
岸の傍に居る子たち、そ~と近づきますとみんな背を向けて向こう岸に行ってしまいます。

今回は諦めかな?

帰り際に・・・
丘にあがっています!
ヒドリガモ(緋鳥鴨) が、一塊になってランチタイムです。

何の前触れもなく一羽が飛び立ちました。
人が通った気配もありませんのに~?

すると、いっせいに皆さそわれるように川をめざします。
もしかして、私がお邪魔虫だったのかしら・・・?

長閑なランチタイムは瞬時に騒がしくなり、私は慌てて連写・・・
けれど、お日さまの向きが今一です。

せっかくのシーンでしたのに、不完全燃焼です。



(1)
a0140000_1992279.jpg


(2)
a0140000_199388.jpg


(3)
a0140000_1995344.jpg


(4)
a0140000_19111461.jpg


(5)
a0140000_19124381.jpg


(6)
a0140000_19125851.jpg


(7)
a0140000_19131220.jpg


(8)
a0140000_19133375.jpg


(9)
a0140000_1914784.jpg


(10)
a0140000_19142921.jpg


(11)
a0140000_19145830.jpg


(12)
a0140000_19151320.jpg


(13)
a0140000_1915288.jpg

by soyokaze-1020 | 2016-02-04 19:18 | | Comments(4)

巡回中~☆     ≪   ジョウビタキ   ≫



タイミングが良ければ散歩道でこの子に会えます。

銀色のベレー帽に白い紋をあしらった羽、黒いお顔の中に大きな丸い目
なかなかお洒落な ジョウビタキ(鶲尉) の男の子

ちいさな橋を渡った山裾あたりを縄張りにしているようです。

枯れ枝や藪の中、橋の欄干、ときにはアスファルトの上におりたって
丹念に巡回しています。

私もこの子について巡回のお供をしました。

可愛らしいしぐさを眺めながらの巡回は、楽しいひと時です~♪




(1)
a0140000_22332344.jpg


(2)
a0140000_22334765.jpg


(3)
a0140000_22344634.jpg


(4)
a0140000_22351736.jpg


(5)
a0140000_22354070.jpg


(6)
a0140000_22355938.jpg


(7)
a0140000_22363178.jpg


(8)
a0140000_22364871.jpg


(9)
a0140000_22371677.jpg


(10)
a0140000_22373917.jpg


(11)
a0140000_22375815.jpg


(12)
a0140000_22383037.jpg

by soyokaze-1020 | 2016-02-01 22:40 | | Comments(6)

嬉しい出会い     ≪   イカル ・ シロハラ   ≫



このフィールドは山の窪みになっており、陽があたらず背の高い樹木が生い茂り
いつも薄暗い場所です。

それでも春になれば木の下に、ヒメウズやオドリコソウが可愛らしい花を咲かせ
私はマイフィールドと呼び、度々そこを訪れます。

鳥たちは高い梢を渡っていくだけで、休んでいる姿を見たことがありません。

この日、思わぬ出会いがありました。
一瞬ですが、ブログ画で見たことがある鳥さんが・・

10数羽、高い木の上を渡っていきます。
1羽が枝に・・・

太くて黄色い嘴が目をひきます。初めて見る姿~☆
イカル(鵤)ですよね!

そのすぐ後に シロハラ(白腹) が姿を現しました。
この子も今季、初めてです。

寂しかったマイフィールドで、嬉しい出会いでした。



(1)イカル
a0140000_21554473.jpg


(2)
a0140000_21555860.jpg


(3)
a0140000_21561254.jpg


(4)シロハラ
a0140000_2157751.jpg


(5)
a0140000_2157284.jpg




雨の日の今日、暇に任せてデジブックを作成
お時間のある方は、拙いものですがご覧くださると嬉しいです。


Published by デジブック
by soyokaze-1020 | 2016-01-29 22:01 | | Comments(8)

まどろみの中     ≪   ホシゴイ   ≫



シャリンバイの木に何かひっかかっています。
前日の強い風がゴミ袋でも運んできたのでしょうか?

近寄ってみますと、この散歩道で見たことがない鳥さんです。

うとうとまどろんでいる大きいな鳥・・・
なんと ホシゴイ(星五位) です。

こんなに近くで見るのは初めて~☆

退いて撮りたいのですが、後ろは川
思い切ってもっと近寄ってみました。

散歩道は人も自転車も、それにちょっとした広場になっていますので
子供たちが大きな声ではしゃぎながら遊んでいます。

けれど、この子はよほど眠いとみえ、うつらうつら・・・

あまり近づきすぎ、ギロリ~! と目を開けました。
幼鳥とは云え、精悍な眼力・・・

暫らく眺めていましたが、動く気配はなく、退散しました。



(1)
a0140000_2211386.jpg


(2)
a0140000_2212251.jpg


(3)
a0140000_22135591.jpg


(4)
a0140000_22142391.jpg


(5)
a0140000_2214535.jpg


(6)
a0140000_22153688.jpg


(7)
a0140000_2215593.jpg


(8)
a0140000_22215331.jpg

by soyokaze-1020 | 2016-01-27 22:23 | | Comments(12)

明るい世界へようこそ~☆     ≪   アオジ   ≫



「チッ!」鋭い鳴き声はかなり前から聴いています。
けれど、なかなか姿を現しません。

用心深い性質のこの子は、草むらの中に引き篭もりがち・・・

散歩道では3箇所ぐらいの草むらで確認しているのですが?


夕方の散歩で、植え込みの隙間に鳥の影
覗きますと アオジ(青鵐) です。

やっと出て来てくれました~♪


明るい世界はいかがですか・・・?

冬枯れの散歩道であっても、やわらかな光は貴方を包みこみ
木の芽や花の芽は日ごとに膨らみ始め、
さやさやと吹く風に道端の草さえ命の息吹きを感じませんか?

足元から不意に飛び立った女の子は、ガードレール下のコンクリートで
冷たい空気をいっぱい吸い込んで、空を見上げています。


臆病な貴女も、一歩を踏み出せば新たな世界が広がっていますよねぇ~!?
そこはきっと満ち足りた日々が待っているはず・・・




(1)
a0140000_201336.jpg


(2)
a0140000_2012430.jpg


(3)
a0140000_201409.jpg


(4)
a0140000_2015864.jpg


(5)
a0140000_2024167.jpg


(6)
a0140000_2025858.jpg


(7)
a0140000_2031717.jpg


(8)
a0140000_2054088.jpg


(9)
a0140000_206035.jpg


(10)
a0140000_206235.jpg

by soyokaze-1020 | 2016-01-23 20:08 | | Comments(6)

羽づくろい     ≪   セグロセキレイ   ≫



散歩道の狭い川ではお馴染みの鳥たちに出会えます。

時間帯にも寄りますが、出会えますと「あ~ぁ、今日も元気だな~♪」と
ホッとして穏やかな気持ちが取り戻せます。
(喩え、やるせないことで心がいっぱいいっぱいになったとしても・・・)

あまりにも目にする鳥たちですので、カメラを向けることなく通り過ぎるのですが
出かけることが少なくなった今、この子たちと遊んでみました。

飛び立ちの練習にと、歩いていますとコンクリート護岸壁に セグロセキレイ(背黒鶺鴒)が

濃い黒色と白色の衣が美しい~☆
配色もスマートな姿も恰好良くていいですねぇ。

ことに目の表情に惹かれます。
吸い込まれそうな澄んだお目々・・・
その描写が上手くできませんが、画像をクリックしてご覧頂ければ拡大画でわかるでしょうか?

羽づくろいを入念に始めて、飛び立ちません。

諦めて歩きかけたとたんに、飛んでいってしまいました。
あ~ぁ、私はいつも、何ごともタイミングがずれてしまいます。

人生の散歩道でさえも・・・



(1)
a0140000_1594952.jpg


(2)
a0140000_1510722.jpg


(3)
a0140000_15105737.jpg


(4)
a0140000_15112926.jpg


(5)
a0140000_15115287.jpg


(6)
a0140000_1512840.jpg


(7)
a0140000_15122648.jpg


(8)
a0140000_151326.jpg


(9)
a0140000_15134156.jpg


(10)
a0140000_15135728.jpg

by soyokaze-1020 | 2016-01-20 15:15 | | Comments(6)

きみの名は~?     ≪   ミソサザイ・・?   ≫



風は冷たい日ですが陽ざしがあり、久々に川沿いをそぞろ歩き・・・

対岸の笹が生い茂る藪の中に何やら黒いちいさな影
立ち止まりしばし眼を凝らしていますと
やっぱり小鳥です。

下の水辺に下りて来ました。

出会ったことがないスズメよりちいさな子
石積みの暗い穴の中を出たり入ったり・・・!

“あなたはだ~れ? きみの名は~?”
声をださずに問いかけても、もちろん無言です。

調べました。
ヤブサメ(藪雨/藪鮫)と云う小鳥がいるそうです。
似ていますけれど里に出てくる季節も羽の色も少し違うような~?

ミソサザイ(鷦鷯) に、いきつきました。

ブログ画でしか見たことがない子は、森の奥でお口を精一杯開けて囀っている絵です。
森のソプラノ歌手のイメージだったのですけれど・・?

果たしてこの子は・・・
何にしても、初めての出会いは胸がときめきます。



(1)
a0140000_1255288.jpg


(2)
a0140000_1263586.jpg


(3)
a0140000_1216494.jpg


(4)
a0140000_1217675.jpg


(5)
a0140000_12174155.jpg


(6)
a0140000_12215912.jpg


(7)
a0140000_12223866.jpg


(8)
a0140000_1223102.jpg


(9)
a0140000_12234859.jpg


(10)
a0140000_12264683.jpg


(11)
a0140000_12272629.jpg

by soyokaze-1020 | 2016-01-17 12:28 | | Comments(14)

枯れ枝にはばまれて・・・!     ≪   エナガ   ≫




対岸の原生林は枯れ木も目立ちます。

そこにちいさな鳥の集団が・・・
ジュリ・ジュリと可愛い声のコーラス隊
エナガ(柄長) です。

大慌ての私
逢いたかった子たちですもの
設定も考えずにただ連写・・・

わずか2・3分、大騒ぎして行ってしまいました。
撮れただろうか?

PCで確認してちょっとガッカリ~!!

ピントが枯れ枝に?
枯れ木にはばまれて、エナガちゃんがぼやけてクッキリしていません・・・^^;

それに対岸ですので、遠い~!

またの出逢いにリベンジです。




(1)
a0140000_17541514.jpg


(2)
a0140000_1754587.jpg


(3)
a0140000_1756931.jpg


(4)
a0140000_17562466.jpg


(5)
a0140000_17573254.jpg


(6)
a0140000_1757508.jpg


(7)
a0140000_17583029.jpg


(8)
a0140000_17584820.jpg


(9)
a0140000_17597100.jpg


(10)
a0140000_17592767.jpg


(11)
a0140000_1804412.jpg

by soyokaze-1020 | 2016-01-14 18:02 | | Comments(10)