タグ:植物園 ( 10 ) タグの人気記事

静かに灯る     ≪   レンゲショウマ   ≫




木立の下の薄暗い草むら

仄かな明かりが小さく揺れています。


森の妖精たちが、ひとつ・ひとつ丁寧に灯を点していきます。


灯りに揺らぐその花は、 レンゲショウマ(蓮華升麻)

まだ、蕾が多いけれど・・・


開いた透き通ったその佇まいは、薄幸の美人

返ってこない便りを、耐えて待つ切なさに身を震わせているような!?


時おり射す木漏れ日に輝くこのフィールドはまるで別天地


しゃがみ込んで、しばし哀愁漂うこの花を眺めていますと

こころの中を見透かされているような気がして、すこし慌てます。



寄せては返す胸の中のさざ波を鎮めなければ・・・と(#^.^#)




花言葉は、 伝統美



(1)

a0140000_13303018.jpg


(2)
a0140000_13310854.jpg

(3)
a0140000_13313605.jpg

(4)
a0140000_13320741.jpg

(5)
a0140000_13324899.jpg


(6)
a0140000_13332618.jpg


(7)
a0140000_13343197.jpg

(8)
a0140000_13353607.jpg






by soyokaze-1020 | 2017-08-03 13:39 | お出かけ | Comments(6)

風に誘われて     ≪   ヤマユリ   ≫




高山にあるこの園は、さすがに涼しい~♪

下界から離れて心地よい散策です。


風に誘われるように、森の王様に会いに来ました。


そう云えば、ユリ(百合)の名は、風で花が揺れる「揺すり」が変化して「百合」になったという説があります。

また球根の鱗片が寄り重なる 「寄り」からと云う説も・・・


王様らしく花径20㎝もあり、重たげで傾いてしまっているもののあります。


夏草や樹木の下から風格のある笑みを浮かべる ヤマユリ(山百合)

去年より一週間遅れの来園でしたが、何とか間に合いラッキーでした。


園内のある一角では、職員の方々が草を一本・一本手作業で取り払っています。

其処は、あの独特のドクダミの匂いが広がっています。


けれど、あちこちに点在して咲いているヤマユリは、負けていませんね。


甘い香りが匂い立ち、散策する人々を至福の世界へといざなってくれます。



花言葉は、 高貴な品性、人生の楽しみ





(1)

a0140000_21063289.jpg


(2)
a0140000_21070973.jpg

(3)
a0140000_21074795.jpg

(4)
a0140000_21081400.jpg

(5)
a0140000_21084514.jpg

(6)
a0140000_21095354.jpg

(7)
a0140000_21110874.jpg

(8)
a0140000_21155608.jpg

(9)
a0140000_21121806.jpg

(10)
a0140000_21130141.jpg


by soyokaze-1020 | 2017-07-30 21:19 | お出かけ | Comments(8)

はにかみながら・・・     ≪   オオバオオヤマレンゲ   ≫




みどりの風がわたる園内
街中の蒸し暑さを忘れて、心地よい空間です。

新緑が眩しく気分爽快~♪

葉の間から品よく微笑むのは オオバオオヤマレンゲ(大葉大山蓮華)
今年も出会いました。

真っ白なお顔が眩しく輝いています。
辺りの緑がいっそうこの子の存在を引き立てています。

恥じらうように俯いて、そ~っと開いた花弁は、深紅の雄蕊を守るように包み込んで
優しげです。

目立たないように葉の陰に隠れていますが、隠し切れない美しさ
はにかむ姿にも心奪われます。


花言葉は、 変わらぬ愛


(1)
a0140000_20281993.jpg


(2)
a0140000_20285292.jpg


(3)
a0140000_20292027.jpg


(4)
a0140000_20294765.jpg


(5)
a0140000_20311167.jpg


(6)
a0140000_20301984.jpg



デジブックを作りました。
お時間のある方はご覧ください。


Published by デジブック
by soyokaze-1020 | 2017-06-29 20:34 | お出かけ | Comments(8)

やさしさに満ちて     ≪   エゴノキ   ≫



コンクリートを染めるように白い小さな花が散らばっています。

園の入り口の駐車場

車を降りてちょっとビックリ!


街中ではとっくに終わってしまって、今年は見逃したと諦めていました。


そうだ! ここは海抜865m、年平均気温は北海道なみの気候を利用しての植物園

季節が逆戻りして花を見ることが出来るのです。


新緑の中で爽やかに咲くひときわ美しい花 エゴノキ(野茉莉)


枝いっぱいに、小さな釣り鐘形の白い花がぶら下がっています。

予期しなかった出会いに、感激・・・


やさしさに満ちた笑顔に迎えられた気がして、胸が熱くなりました。




花言葉は、 壮大



(1)

a0140000_08211804.jpg


(2)
a0140000_08220360.jpg


(3)
a0140000_08230547.jpg


(4)
a0140000_08233117.jpg


(5)
a0140000_08235774.jpg


(6)
a0140000_08242680.jpg


(7)
a0140000_08250402.jpg





by soyokaze-1020 | 2017-06-26 08:29 | Comments(8)

晴天の園にて     ≪   コアジサイ   ≫



久々に山の上の園を訪れました。


頬をなでる風が心地いい~(*^^*)

気温も低く、爽やかです。


今日のお目当ては、 コアジサイ(小紫陽花)


群生の中を歩きますと、甘い香りに包まれて気分爽快!

チカチカ青く瞬くお星さまの中に迷い込んでしまいます。


晴天の日曜日とあって、人出も多く皆「いい香りだね」と、声にしながら通り過ぎます。


若い頃は仕事や生活に懸命で、自然の中に身を置くことを知らなかった私

振り返ってみれば、夢中になるものの目線が変わってきたことに気づきます。


花に向き合い、散策する人たちを眺めながら、

何かしら温かくて切ない波がひたひたと心に満ちてくるような?



やっぱり、この花は霧雨が烟る靄の中で見たいと、毎年思います。


梅雨は名ばかり・行くばかり~♪   

雨が降らないですねぇ・・・((+_+))




花言葉は、 忍耐強い愛



(1)

a0140000_02243134.jpg


(2)
a0140000_02254041.jpg

(3)
a0140000_02260572.jpg
(4)
a0140000_02270475.jpg
(5)
a0140000_02272818.jpg
(6)
a0140000_02281813.jpg
(7)
a0140000_02290464.jpg
(8)
a0140000_02404267.jpg







by soyokaze-1020 | 2017-06-20 08:00 | お出かけ | Comments(10)

春を呼ぶ花たち    ≪   特別開園にて・・   ≫



高山植物園の特別開園へは、初めて訪れました。



年に季節ごとに訪れている園内は、まだ冬枯れの佇まい



時おり聴こえる鳥の声に癒されながら歩いていますと

足元に土を割って顔を出している春の妖精たちに出会えます。



どの子も健気な笑顔を見せてくれました。



本格的な春の訪れも間もなくですね。





1)マンサク(満作)


花言葉は、 ひらめき

a0140000_00564180.jpg




2)ユキワリイチゲ(雪割一華)

a0140000_00574644.jpg

(3)同上

a0140000_00592868.jpg



(4)花言葉は、 幸せになる

a0140000_01010560.jpg


5)バイカオウレン(梅花黄蓮)

a0140000_01030668.jpg



(6)花言葉は、 忍ぶ恋
a0140000_01035983.jpg


(7)フクジュソウ(福寿草)

a0140000_01054342.jpg


(8)花言葉は、 幸せを招く
a0140000_01065004.jpg





by soyokaze-1020 | 2017-03-09 01:13 | 山野草

目覚めの季節     ≪   セツブンソウ   ≫




凍える冬季は閉園中の植物園

春の妖精たちが目覚めるこの時期、一週間だけ特別開園します。



例年、お隣の県まで遠出をしていましたが、そんな気力がなく

今年は車で2時間かけてここを訪れてみました。



いよいよ山野草シーズンの到来・・・!

待ち望んでいた春の入り口を感じたくて~♪



冷たい土や枯れ葉を持ち上げて顔を出した セツブンソウ(節分草)

恥じらいながら微笑んでいました。



群生は見られませんでしたが、ポツリ・ポツリと咲いている姿に

春の鼓動が聴こえてきたようなひと時でした。





花言葉は、 ほほえみ




(1)

a0140000_00365153.jpg



(2)
a0140000_00373636.jpg


(3)
a0140000_00381557.jpg


(4)
a0140000_00384350.jpg


(5)
a0140000_00392886.jpg


(6)
a0140000_00402881.jpg


(7)
a0140000_00411234.jpg




by soyokaze-1020 | 2017-03-04 00:43 | 山野草

ぶらり歩き~!     ≪   初夏の植物園の花たち   ≫



久々に植物園をぶらり歩き~!

海抜900m弱のこの園のメインフィールドは、高山の植物を集めた場所が人気です。
年平均気温が北海道並みの約9度の気候を利用して、世界の高山植物や寒冷地の植物などを栽培しています。

何度か訪れていますが、私はいつも此処を眺めるだけでやり過ごしていました。
図鑑で見るようなお花は馴染みが薄く、語りかけ辛い気がしたものですから・・・

高山植物の女王 「コマクサ(駒草) は、この園が誇るお花のひとつらしく、ガイドブックの表紙を飾っています。
ヒマラヤの青いケシ は終盤まぎわの静かな微笑を見せていました。
今季、森で出会わなかった フタリシズカ(二人静) も眠りの前・・
葉の上に花をこぼして、季節の移ろいに身を任せています。
木立ちの中の シライトソウ(白糸草) も雪の筆のようなお顔で空を見上げています。
新緑の中に咲くピンクの花は タニウツギ(谷空木) 、 梅雨の時期に目立ち「田植え花」としても知られていますね。

気がつきますと既に田植えを終えた風景が広がり、時の流れを感じます。

高山とは云え、梅雨時らしい生温い風、
少々汗ばみながらのぶらり歩きです。



(1)
a0140000_21133256.jpg


(2)コマクサ(駒草)
a0140000_2184841.jpg


(3)ヒマラヤの青いケシ
a0140000_2195277.jpg


(4)フタリシズカ(二人静)
a0140000_21105843.jpg


(5)
a0140000_21111546.jpg


(6)シライトソウ(白糸草)
a0140000_2112264.jpg


(7)
a0140000_21121627.jpg


(8)タニウツギ(谷空木)
a0140000_21125211.jpg


(9)
a0140000_2113718.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-06-12 21:16 | 植物園・公園 | Comments(10)

ぶらり歩き    ≪   雨の植物園   ≫

峠を越えると其処は雨~!

2時間半かけて訪れた高原の植物園です。

家を出た時はギンギラリンの真夏の太陽が照りつけていましたのに・・・。
今更戻るわけにもいかず、園で透明の傘を借りてのぶらり歩き。

雨に濡れた アジサイ・アナベル や、1ヵ月遅れで出会った ハンゲショウ 
ヤブカンゾウ に 水面に咲く小さな花 バイカモ 
広場の芝生に一塊になってはしゃぐ トウギボウシ 

それぞれの花たちの佇まいを東屋から東屋を辿りながらのぶらり歩きです。

(1)
a0140000_1694795.jpg


(2)アジサイ(紫陽花)・アナベル

a0140000_1611019.jpg


(3)ハンゲショウ(半夏生 )

a0140000_1612633.jpg


(4)
a0140000_16122496.jpg


(5)
a0140000_16124020.jpg


(6)ヤブカンゾウ(薮萱草)

a0140000_161519100.jpg


(7)バイカモ(梅花藻)

a0140000_16173167.jpg


(8)
a0140000_1618345.jpg


(9)トウギボウシ(薹擬宝珠)

a0140000_1619046.jpg


(10)
a0140000_16193811.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-08-01 18:00 | 植物園・公園 | Comments(8)

レンズの中の青い蝶

植物園に行ってきました。
建物の外で初めて出会った花・・・
a0140000_16304661.jpg

小さいけれど目をひくブルーです。
a0140000_16404097.jpg

シベも個性的で面白く・・・
a0140000_164521100.jpg

とても魅力があります。
a0140000_16462064.jpg

夕方の陽の中、逆光で見ると・・・
a0140000_1649081.jpg

「クレロデンドルム〈ブルーエルフィン〉・・クマツヅラ科 らしい?
難しい名前だけれど、暑かったこの日
レンズの中は涼やかな小さな蝶が舞い踊り
しばしホッとしたひと時でした。
a0140000_1714560.jpg

by soyokaze-1020 | 2009-09-08 17:06 | Comments(6)