タグ:実 ( 49 ) タグの人気記事

すれちがい     ≪   ヒヨドリジョウゴの果実   ≫



草花が少なくなったこの時期、散歩道の楽しみは木の実や草の実をみつけることです。

去年、たった一株の ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸) を見つけ大喜びした場所・・・

花の季節に何度も足を運び、とうとう出会えずじまいの処に、赤い実を見つけました。
無事だったのですねぇ~!

お花と私はすれちがい・・!?
諦めていた場所での再会です。

山陰で光が乏しく、良い条件ではありませんが、愛おしい幼子の微笑みを見るような、
そんな気持ちで暫らく眺めていました。



花言葉は、 すれ違い、真実



(1)
a0140000_2042466.jpg


(2)
a0140000_2043914.jpg


(3)
a0140000_205020.jpg


(4)
a0140000_2053112.jpg


(5)
a0140000_2055944.jpg


(6)
a0140000_2071924.jpg


(7)
a0140000_2073674.jpg


(8)
a0140000_2075361.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-11-26 20:09 | 植物 | Comments(6)

野のモビール     ≪   ヘクソカズラの果実   ≫



梅の木に絡みついた蔓、丸い小さな実を沢山つけたまま枯れています。
よく見ませんと気がつかないほど、ごつごつした幹と色が同化しています。

夏季に可憐な花を咲かせていた ヘクソカズラ(屁糞蔓)
ぶら下がったものは風にゆれ、今は可愛らしいモビール~♪。

陽ざしを浴び、丸い玉は中から光を出しているように輝きます。

『屁糞蔓』・・漢字表記はいただけませんが、花も果実も愛らしく好ましい野草のひとつ
私の中では最初に覚えたカタカナの ヘクソカズラ に変わりはありません。


くだらぬものおもひをばやめにせむ なにか匂ふは屁臭蔓か   若山牧水



花言葉は、 誤解を解きたい、人嫌い



(1)
a0140000_2005339.jpg


(2)
a0140000_2011269.jpg


(3)
a0140000_201378.jpg


(4)
a0140000_2015794.jpg


(5)
a0140000_2021879.jpg


(6)
a0140000_2023791.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-11-24 20:03 | 植物 | Comments(10)

風の色     ≪   ノブドウ   ≫



土手から枝垂れる ノブドウ(野葡萄) 

日あたりが悪い場所がらの為か、あの特徴ある色づきは今一です。

里山の陽射しの中で出会う子は、歪な形で5色の宝石を思わせますが
ここでは、葉も実も端正なまま・・・
寄生する虫も少ないということなのでしょうか?

それとも・・・
形も色もこれからカラフルに変化するのかも~!?

水面と枝垂れるノブドウの間を、秋の風が通り過ぎます。

風に染められたノブドウの実は、仄かに蒼く輝きました。
風の色は“蒼だった”・・・そんな気がしました。



花言葉は、 慈悲、慈愛



(1)
a0140000_1022353.jpg


(2)
a0140000_1023228.jpg


(3)
a0140000_10233828.jpg


(4)
a0140000_10241089.jpg


(5)
a0140000_10244716.jpg


(6)
a0140000_10252046.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-11-12 10:27 | 植物 | Comments(8)

水辺も秋~☆     ≪   コムラサキ ・ シャリンバイ   ≫



朝夕の肌寒さは、忍び寄る冬の気配を感じます。

けれど日中の散歩道は、まだもの憂げな秋の陽射しに包まれています。
花が少なくなったこの季節、私の楽しみは木や草が結んだ果実を見つけることです。

水辺に枝垂れた細い枝に、コムラサキ(小紫) が実をつけています。

住宅の庭などで輝く実をびっしりつけているものをよく見ますが、ここのは小粒・・・!
環境やお世話により実のつきかたも違うのですね。
痩せっぽっちのこの子たちは、森で出会うムラサキシキブの趣を感じさせ、好感が持てます。

花の時期にもカメラを向けることがなかった シャリンバイ(車輪梅) 

ブルーベリーそっくりの実ですね。
美味しそうに見えますが、果肉が少なく食べられる部分はわずかだとか~?
鳥たちにもあまり人気がないようです。

桜の葉が色づきを増し、散歩道の水辺にも秋の風情が漂っています。



花言葉
コムラサキ・・・知性
シャリンバイ・・純真


(1)  コムラサキ
a0140000_921492.jpg


(2)
a0140000_924021.jpg


(3)
a0140000_9133271.jpg


(4)
a0140000_933237.jpg


(5)
a0140000_935311.jpg


(6)
a0140000_911342.jpg


(7)  シャリンバイ
a0140000_954015.jpg


(8)
a0140000_965811.jpg


(9)
a0140000_971721.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-11-10 09:14 | 植物 | Comments(8)

暑さを乗り越えて    ≪   ヌバタマ   ≫



猛暑のこの夏、ブロック塀の前であえぎながら妖艶な花を咲かせた ヒオウギ
萎れはしないかと案じましたが、沢山の実を結びました。

ヌバタマ(射干玉) と呼ばれる漆黒の美しい姿、
後ろが灰色の塀ですので、雰囲気は今一・・・!

けれど、待ち望んでいた子たちですもの、何とか絵にしたいとあれこれ工夫です。

戸惑う私を見ながら、美しく輝き色々なポーズでサービスしてくれます。

描くイメージを表現するのは難しいですね。



檜扇の花は実となりさびしけど要ただしき葉のすがたあはれ     若山喜志子



花言葉は、 誠実



(1)
a0140000_2131077.jpg


(2)
a0140000_2133287.jpg


(3)
a0140000_2135224.jpg


(4)
a0140000_2141819.jpg


(5)
a0140000_2143585.jpg


(6)
a0140000_2112874.jpg


(7)
a0140000_21122980.jpg


(8)
a0140000_21125437.jpg


(9)
a0140000_2113950.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-10-23 21:14 | 植物 | Comments(8)

黒真珠     ≪   ヤブミョウガ   ≫


庭の ヤブミョウガ(藪茗荷) です。

3年前、立ち寄ったお蕎麦屋さんから分けていただいた2株が増えました。

種が落ちたり、地下茎を伸ばして薄暗い庭の片隅を棲家にしています。
花が咲いた時、気になりながらも撮らなかった子たち、
沢山の実をつけて、輝きながら私を誘います。

美しい黒い真珠の輝き~☆

何処へも出かけられずに、今日はこの子たちに遊んでもらいました。


花言葉は、 報われない努力


(1)
a0140000_22432810.jpg


(2)
a0140000_22441690.jpg


(3)
a0140000_22443639.jpg


(4)
a0140000_22445879.jpg


(5)
a0140000_22451164.jpg


(6)
a0140000_22452920.jpg


(7)
a0140000_22454641.jpg


(8)
a0140000_22461676.jpg


(9)
a0140000_22464312.jpg


(10)
a0140000_22465775.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-10-19 22:48 | 植物 | Comments(8)

草むらの秋祭り     ≪   ミコシグサ   ≫



こちらの地域は祭りが盛んで、10月を中心に各神社で盛大に行われます。

それに備えて祭り前は太鼓の練習があり、迫り来る日暮れと共に8時ごろまで至るとこから祭り太鼓の音が街中に流れます。
この季節の、この地方の秋の風物詩です。

そして野の草むらも、まさに今が秋祭り・・・!

お神輿が出揃いました。

小さな流れの岸で、豆粒ほどで見逃してしまいそうですが、立派な飾り屋根のお神輿です。

元の花が赤・白どちらなのかこの姿になってしまうと判りかねますが、
ここで、1cm弱の可憐なゲンノショウコの花を見たのは、猛暑日の夏真っ只中・・・
白花だったような気がします(赤花もあったような~?)

見事に変身して野菊の咲く草むらで、命を紡ぐ祭りが静かに行われています。

辺りは、チロチロとつぶやく流れと秋風にささやく草花の声だけ・・・
切なくて厳かなお祭りです。



花言葉は、 心の強さ



(1)
a0140000_0541659.jpg


(2)
a0140000_0544247.jpg


(3)
a0140000_055351.jpg


(4)
a0140000_0552099.jpg


(5)
a0140000_0571610.jpg


(6)
a0140000_0573483.jpg


(7)
a0140000_058168.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-10-17 07:54 | 植物 | Comments(4)

風に吹かれて    ≪   イイギリ ・ ソヨゴ   ≫


花もなく、鳥にも出逢えない冬枯れの庭園をブラブラ歩き・・・

すっかり葉を落としてしまった イイギリ(飯桐) の赤い実が目立ちます。
たわわに実ったその姿は、零れるように垂れ下がり、赤い葡萄の房のようです。

ただ、この日の風はちょっと意地悪~^^;

上を向いてカメラを構える手が凍えそう~!
イイギリの実も小刻みに震え、ピンボケ画になりました。

その傍にはひっそりと ソヨゴ(冬青) の実が揺れています。
長い柄の先にポツンとひとつ赤い実を点す姿は、風情がありますねぇ。

この庭園は樹木が混み合い、すっきり感が得られないのが残念です。

イイギリもソヨゴも退き絵が撮れません。


イイギリの花言葉は、 恵まれた人
ソヨゴの花言葉は、  先見の明


(1)イイギリ
a0140000_1151575.jpg


(2)
a0140000_1153460.jpg


(3)
a0140000_1155442.jpg


(4)
a0140000_116976.jpg


(5)ソヨゴ
a0140000_1162971.jpg


(6)
a0140000_11646100.jpg


(7)
a0140000_117392.jpg


(8)
a0140000_1171655.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-01-10 18:00 | 植物 | Comments(8)

庭園の迎春準備    ≪   マンリョウ   ≫


冬枯れの庭園を歩きます。

園内のあちらこちらで、作業をする方々が目立ちます。
脚立に乗り松の葉を丹念に剪定する人、
ちいさな池では腰まで水の中に入り、沈んだ不要物を取り除いている人、
芝の上の落ち葉を掃いている人、

訪れて散策する人も疎らです。

みんな無口で、聴こえてくるのは鳥の声だけ・・・

樹木の下や置石の傍で、 マンリョウ(万両) の実が赤く色づいています。

冬の薄日の中の庭園は、静かで沈みきった空気が流れています。

濃い緑の葉の下から笑顔を見せる赤い実は、屈託なく輝きを増して・・・
さすがに縁起物の風格ですねぇ。

明るい春を呼び寄せる “ ち・か・ら ” を感じます・・・☆


実生なるマンリョウ赤く色づきて年の瀬の庭にぎやかになる     鳥海昭子


花言葉は、寿ぎ

(1)
a0140000_272626.jpg


(2)
a0140000_282919.jpg


(3)
a0140000_285322.jpg


(4)
a0140000_291635.jpg


(5)センリョウ(千両) も縁起物の赤い実です
a0140000_212061.jpg


新しい年が ≪明るく 平和で 穏やかな 年≫でありますように

まもなく 「今年」が暮れて行きます。
様々なことがあり、多くの想いを残した一年間
拙いつぶやきにお付き合いいただきまして、有難うございました。
励まされ背中を押され、ヨチヨチ続けることができました。
こころから感謝いたしております。
来年もよろしくお願い申し上げます。

by soyokaze-1020 | 2013-12-31 18:00 | 植物 | Comments(10)

であいのタイミング・・・    ≪   ヒヨドリジョウゴ   ≫



散歩道は冬枯れで、草花たちは眠りの中のようです。
シュロの大木に絡みついてたくさんの実をつけていた ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)、
今年も会えるかと何度も訪れたフィールドには、姿がありません。

草花も環境を選んで命をつなぐのでしょうね。

このフィールドの人が通る散策路にせり出した斜面の草薮
そこに僅かに実をつけた子たちを、見つけることができました。

腰の高さほどしかないちいさな木に細々と絡みついています。
蔓の先に灯りを点したようにぶら下がっている赤い実・・・
紛れもなく ヒヨドリジョウゴ です。

毎日歩く散歩道
実が色づくまで気がつかなかったとは~!?

夕方の光は乏しく、低い位置にいるこの子たち、あまり良い条件ではありません。
右に左に色々な角度でしゃがみながら狙います。

お天気の良い日に、もう一度見に行きましたが踏み荒らされて、姿は消えていました。
やっと出逢えましたのに・・・

何事も、タイミングの良いチャンスをゲットすることは、難しいものです。



赤い実がひよを上戸にしたりけり      小林一茶



夏に追羽根のような小さな白い花が咲きます

花言葉は、 すれちがい、期待


(1)
a0140000_20202913.jpg


(2)
a0140000_20205663.jpg


(3)
a0140000_20211517.jpg


(4)
a0140000_20214113.jpg


(5)
a0140000_20215560.jpg


(6)
a0140000_20222587.jpg


(7)
a0140000_20233168.jpg


(8)
a0140000_20234931.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-12-29 20:25 | 植物 | Comments(6)