タグ:夏 ( 35 ) タグの人気記事

雑草 とはいえ ? ・・・  ≪  ヘクソカズラ  ≫

何処にでもありそうなこの雑草も、いざ、探してみると
この辺りでは、なかなか見つけられませんでした。

(1)
a0140000_1682934.jpg

今まで、見るともなく見ていたこの子の名前を知ったのは、
ブログを始めるようになってからのことです。

(2)
a0140000_1613182.jpg

あまりにも可哀想な名前の雑草 として知られているこの子達、
可愛い花を咲かせる大事な時期、ようやく草に絡まっているところを見つけました。

(3)
a0140000_1624936.jpg

【屁糞蔓 (へくそかずら)】 ・・・ 茜(あかね)科    枝や葉をもむと悪臭があるからついた名前だそうですが、すぐ傍で眺めているぶんには、さほど臭いは感じません。

(4)
a0140000_16303532.jpg

別名に  「灸花」(やいとばな)、「早乙女花」 (さおとめばな) などもありますが、
私は、最初にインプットされた 「ヘクソカズラ」 に愛着を覚えます。

草刈がなければ、秋には金色の輝く果実に逢えるのだけれど・・・?

(5)
a0140000_16374858.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-08-31 16:57 | 山野草 | Comments(12)

モーニングレストラン ~♪  ・・・  ≪  ミントとセセリチョウ  ≫

朝の散歩道沿いにミントが群生している処があります。
草刈が施されても次から次に芽を出し、年々広がっているようです。
人が通ると何とも爽やかな芳香を放って、楽しみな小道です。

(1)
a0140000_2123572.jpg

この夏、この辺りで見かけなかった セセリチョウさんが、
驚いたことに、この朝、団体でご来店されていました。

(2)
a0140000_21272848.jpg

心待ちにしていたこの子達に出会えたのは嬉しいのですが
あまりの多さに少々驚いてしまいました。

(3)
a0140000_21304427.jpg

人や自転車が通るたびに、全員でパッと飛び立ち、すぐさまミントのお花にしがみつきます。

(4)
a0140000_21341270.jpg

ずんぐりした身体で、ひらひら優雅に飛びはしないけれど、
大きなお目々のこの子は憎めない愛くるしさを感じます。

(5)
a0140000_21385619.jpg

爽やかなミント畑は、さながらモーニングレストレンの装いです。

私はしばし セセリチョウさんの乱舞と楽しげなお食事風景を、しゃがみこんで見ていました。

(6)
a0140000_21452497.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-08-30 21:47 | 山野草 | Comments(12)

秋の気配をさがして  ・・・  ≪  クズ  ≫

崖の上の木に絡みついて這い上がり、てっぺんを覆うようにして
そこから蔓がぶら下がっています。

私は空を見上げて花を探しました。

(1)
a0140000_164519.jpg

とてつもなく暑い今年の夏!
気温は季節の移ろいすら感じさせませんが、夕べ、秋の虫の声を聴きました。

(2)
a0140000_17125844.jpg

もう、咲いているはず ・・・!?
秋の七草のひとつ・・・。 足元の藪の中には見当たりません。

(3)
a0140000_16531433.jpg

【葛 (くず)】 ・・・ 豆(まめ)科    大和の国(奈良県)の国栖(くず)というところが葛粉の産地であったところからの命名され、漢字の「葛」は漢名からあてられたそうです。

(4)
a0140000_16574991.jpg

ひと夏で10mほど(!)生長するつる植物の葛(くず)は、生命力旺盛。
駆除するのはほとんど不可能に近く、世界の侵略的外来種ワースト100 (IUCN, 2000) 選定種の一つだと云います。

(5)
a0140000_17142641.jpg

根を用いて食品の葛粉や漢方薬などにも利用されますのに・・?
花が終わると枝豆に似た果実をつけます。
いかにも マメ科 らしい、美しいお花です。

(6)
a0140000_17203620.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-08-29 17:29 | 山野草 | Comments(12)

おじゃみ の なかみ ? ・・・ ≪  ジュズダマ  ≫

散歩道の川の中州に群生しているこの子たちを撮るのは諦めていました。
この日、
所用で出かけた先の小さな公園のフェンスにもたれるように
一握り、かたまって風に揺れているこの子たちと出会いました。

(1)
a0140000_20301245.jpg

【数珠玉 (じゅずだま)】 ・・・ 稲(いね)科     熱帯アジア原産。 稲の伝播とともに食用作物として渡来したと云われます。

(2)
a0140000_20464465.jpg

光沢のある実は、葉っぱが枯れる秋から冬になると綺麗な黒褐色になります。
今はまだ、黄色っぽいものや緑色や少し茶がかったものなど、様々な色の実があります。

(3)
a0140000_20552019.jpg

ジュズダマは不思議な花のつけ方をします。
緑色のかたい玉の部分(数珠玉)が包葉(苞鞘)で その先に雄花だけ外に出して2本の細いブラシを広げます。
これが花柱で 包葉(苞鞘)の中から黄色い花粉を付けた雄花がぶらさがります。

(4)
a0140000_2152346.jpg

雄花のアップです。
黄色く見えるのが雄しべです。

(5)
a0140000_2172059.jpg

包葉(苞鞘)が果期には硬くなって黒く色づきます。
それが、幼い頃 母がおじゃみのなかに入れていたジュズダマなのです!
(まだ、小学校に行く前のおもちゃがなかった時代のことです。 お手玉のことを母は おじゃみ と云っていました。)

(6)
a0140000_21251818.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-08-28 21:26 | | Comments(10)

酷暑でも涼しげに ・・・ ≪  ルリマツリ  ≫

もう、何日 雨が降っていないでしょうか?
今日も朝からカンカン照りのお天気 ・・!

(1)
a0140000_1638972.jpg

歩いていると、涼しげなお花を玄関先や庭先で見かけます。

(2)
a0140000_16412747.jpg

建物の傍では微妙に風があり、ちょっと撮り難いけれど
今日はこのお花をゲットです。

(3)
a0140000_16441410.jpg

【瑠璃茉莉 (るりまつり)】 ・・・ 磯松(いそまつ)科    南アフリカ原産。
                                   別名「プランバーゴ」

(4)
a0140000_1649981.jpg

澄んだ明るく青いみずいろは、このうだるような暑さの中で、一抹の清涼剤になってくれそう~かな?

(5)
a0140000_16573792.jpg

みずいろは涙色~?
恋は みずいろ~?

今のこの時期、 みずいろは 涼しげな色 で、充分ですね。

(6)
a0140000_1751383.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-08-27 17:05 | | Comments(16)

灼熱の空の下でも ・・・  ≪  サルスベリ  ≫

庭園のあずまやの池の傍に2本、この花木はあります。
来園者もまばらな庭園内を私は一本のレンズを持ってお花を探しました。

(1)
a0140000_16283888.jpg

熱気がまとわりつくような暑さで、写欲も起らず、
木陰から望遠で狙うだけ・・!

(2)
a0140000_16331712.jpg

【百日紅 (さるすべり)】 ・・・ 禊萩(みそはぎ)科

このお花は元気です。 まるで暑さを楽しんでいるかのように・・?

(3)
a0140000_163883.jpg

人工池を覗きこんで、笑顔です。

(4)
a0140000_16395849.jpg

最近、街路樹にも白や紫、緋色など色とりどりの サルスベリ が植えられています。
その中でも、この色が一番多いようですね?

(5)
a0140000_1645396.jpg

サルスベリは、沢山の別名を持つと云われています。
怠けの木・笑いの木・くすぐりの木・コチョコチョの木、(其々の謂れは省略します)

人はあえぎ花の種類も減った暑い夏を、たくましく咲き誇るこの花、
私に少しだけパワーを下さいな! お願いしたくなりますね?

(6)
a0140000_16585639.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-08-26 17:07 | 花木 | Comments(12)

アゲハさんの モーニングレストラン ・・・ ≪  クサギ  ≫

猛暑日続きです。
過酷な気象状況の中、野菜も果物も火傷をおって不作が心配されています。

もう、お花も終っているのでは? と、思いながらの朝散歩です。
よかった!
終りかけの 「クサギレストラン」 で、アゲハさんがモーニング中でした。


(1)
a0140000_15574056.jpg

探してみると、まだ、蕾をつけた元気な子もいます。

(2)
a0140000_1618541.jpg

シベが魅力なこの子は、去年知ったお花です。
調べて名前を知って・・!?

【クサギ(臭木)】 ・・・ クマツヅラ科     葉などを揉んだり傷つけるとかなり強烈な臭いがするのだそうです。
                          薬っぽさを強くしたような臭いは、決して悪臭とは思えないと云う人もいます。


(3)
a0140000_1627183.jpg

葉っぱを揉んで臭いを確認はしませんでしたが、傍に寄るとお花は妖艶な良い香りがしますのに・・?

(4)
a0140000_16291930.jpg

夢中でお食事をするアゲハさんを、私も夢中で撮りましたが・・・
又々、満足な絵になりません。

(5)
a0140000_16342266.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-08-25 16:43 | 山野草 | Comments(8)

白百合 とは云うけれど ・・・ ≪  タカサゴユリ  ≫

2週間前に訪れた時には気がつかなかった処に
沢山の花が見られました。
ヒオウギの近くです。


(1)
a0140000_2037220.jpg

鉄砲百合に似ていますけれど、足元のプレートには 高砂百合 とありました。
去年調べて記憶しているのは、「 花には紅い筋がある 」 と云うことですのに・・?

(2)
a0140000_2040478.jpg

葉っぱも確かに細いけれど・・・?
あの匂い立つような香りも感じられないけれど・・?

(3)
a0140000_2042365.jpg

僅かに紅い筋を確認出来る子を見つけて、少し納得!

台湾原産のこの百合は、球根と種で繁殖し、逞しい生命力で石垣にも崖地にも生えるといいます。

(4)
a0140000_20474474.jpg

《 ・・・あるく姿は・・・》 の例えのイメージからは ほど遠いものになりました。

(5)
a0140000_20512629.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-08-24 20:55 | Comments(14)

ごきげん斜め ですか? ・・・ ≪  ヒオウギ  ≫

この日は朝から生温い風がやむことなく吹いていました。
そんな中、出会ったお花です。
風の向きのかげんで、振り向いてくれなくて・・・!?

(1)
a0140000_16343537.jpg

特徴ある葉っぱも入れようとしましたが、お花はそっぽを向いてしまいます。

(2)
a0140000_16375016.jpg

無理やり廻り込みましたら、ご機嫌斜めの苦笑いです。

・・・仕方なくこの日は退散しました。

(3)
a0140000_1642814.jpg

もう一度、気を取り直して逢いに行きましたけれど、お花は既に終りかけて・・・。
茎の先にふっくらした実が沢山ついていました。

(4)
a0140000_16521745.jpg

残り少ないお花を探して・・・。

(5)
a0140000_1653449.jpg

立ち姿も乱れ気味で、機嫌の良い子にも出会えず・・・。

(6)
a0140000_16564167.jpg

どうしても逢いたかったお花ですのに・・・!

【檜扇 (ひおうぎ)】 ・・・ 文目(あやめ)科    葉の並び方が、「檜扇」という扇子に似ているところからの名前だそうです。

莢が弾けて ぬばたま が見れる頃にもう一度、逢いに来ることに致しましょう。

(7)
a0140000_1782885.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-08-23 17:12 | | Comments(12)

白鷺の舞い ・・・ ≪  サギソウ  ≫

展示会の花です。
愛好家が丹精込めて育てた小さなお花が、舞い踊っています。

(1)
a0140000_18424722.jpg

盆栽風に仕立てられ、どれをみても立派なものばかり・・・!?

(2)
a0140000_1846248.jpg

【鷺草 (さぎそう)】 ・・・ 蘭(らん)科    「名前の由来」・・花の形が白鷺の姿に似ることからつけられています。

(3)
a0140000_18524318.jpg

調べていましたら、次のようなお話が記されていましたよ。

東京都世田谷区の区の花。
戦国時代の世田谷城で、助けを求める姫君が手紙をサギに託すが、サギは途中で射落とされ、その落ちた跡にこの花が咲いたという


(4)
a0140000_18575111.jpg

世田谷では大正末期まで自生地があり世田谷区の花とされているそうですが、
今では、世田谷区九品仏、浄真寺に植えられているのが見られるだけになったそうです。

野生のものは乱獲で絶滅の危機に瀕し、絶滅危惧II類に指定されています。

(5)
a0140000_1943333.jpg

整えられた盆栽は美しいけれど、切り取り方も難しく・・・!?

庭園の小さな流れの縁のお花を探して来ました。

(6)
a0140000_1983515.jpg

流れの向こうには行くことが出来ません。
引き寄せてみても、これで精一杯!
でも、 ・・・?  何だか安らいだ気持ちです。

(7)
a0140000_19114386.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-08-22 19:14 | 山野草 | Comments(14)