タグ:卯月 ( 106 ) タグの人気記事

野辺の春    ≪   ムスカリ   ≫


青紫のアクリルビーズを綴って束ねたような、
そんな姿の幼子たち

若草萌える春の野で、優しい光を浴びてさざめいています。

小さなベル型の花のひとつひとつが下向きに咲く、おちょぼ口の ムスカリ です。

花壇の縁取りや家庭のプランターなどで利用される園芸種ですが、
繁殖力旺盛で、散歩道の川の土手などにも群生しています。

春浅きこの季節に、青紫の花の塊は目をひきます。

活動開始の蜂が数匹、小さなお口をめがけて、花粉集めで忙しそう~!
潜り込めないお花の大きさですのに、器用ですねぇ。

優しい光がふりそそぐ野辺は、すっかり春です~♪



花言葉は、 明るい未来、通じ合う心


(1)
a0140000_21222262.jpg


(2)
a0140000_21233830.jpg


(3)
a0140000_21234949.jpg


(4)
a0140000_21242397.jpg


(5)
a0140000_21243183.jpg


(6)
a0140000_2125265.jpg


(7)
a0140000_21255167.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-04-12 18:00 | 植物 | Comments(10)

風のいろ    ≪   ムラサキハナナ   ≫

列島に低気圧が襲いかった、大荒れの日です。

強い風が吹いているかと思えば、よこなぐりの雨が、強くまた弱く、そして時には陽射しもあり
全く不安定なお天気・・!?

花壇のチューリップが蕾を出し始めたその後ろに、毎年、この子たちが紫の豊かな海を見せてくれます。

こぼれ種から芽を出し、妖艶に微笑む ムラサキハナナ(紫花菜)

今年は、管理不足だったのか育ちが今一で、背も低く痩せています。
けれど、どんなに小さくて細い茎にも、花をつけるほど逞しい子です。

紫の海にはほど遠い花壇の佇まい~!?

十字型の花びらが風にあおられ、前に後ろにはためいて・・・
気ままに吹く風を紫色に染めています。

紫の風の中で、みやびな乙女たちの乱舞が続いています。



いちめんのムラサキハナナに埋まりて おとぎばなしをほろほろときく     鳥海昭子
諸葛菜咲き伏したるにまた風雨                            水原秋桜子



花言葉は、 知恵の泉、仁愛、


(1)
a0140000_1185977.jpg


(2)
a0140000_1195017.jpg


(3)
a0140000_1201799.jpg


(4)
a0140000_121329.jpg


(5)
a0140000_1215498.jpg


(6)
a0140000_1221068.jpg


(7)
a0140000_1223413.jpg


(8)
a0140000_1231290.jpg


(9)
a0140000_1233425.jpg


(10)
a0140000_123543.jpg


(11)
a0140000_14443356.jpg


(12)
a0140000_14452941.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-04-10 18:00 | 植物 | Comments(12)

小さな空のかけら   ≪   キュウリグサ   ≫


雑草天国のあちこちの地面上に、チカチカ青い光を点す子たち・・・

空の欠片のような小さな子たちが、この春も変わらず顔を見せてくれました。

花径2mmのオチビちゃんたちで、屈まないと気がつかないほどです。
小さくてもしっかり花びらは5枚、黄色いリングの中にはシベもあります。

幼い子が最初にお花の絵を描きますと、こんな形でしょうか?

ワスレナグサのミニチュアのような キュウリグサ(胡瓜草)
スカイブルーでもない、コバルトブルーでもない、空色! と呼びたいこの色に魅かれます。

我が家の菜園は、白菜や小松菜、大根などは収穫できないまま菜の花になりました。
けれど、雑草と呼ばれる小さな草花たちは、みんな驚くほど元気に春を謳歌しています。


花言葉は、 愛しい人へ真実の愛

(1)
a0140000_114501.jpg


(2)
a0140000_1151327.jpg


(3)
a0140000_1153174.jpg


(4)
a0140000_1154995.jpg


(5)
a0140000_1183490.jpg


(6)
a0140000_1185420.jpg


(7)
a0140000_1191270.jpg


(8)
a0140000_1193298.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-04-08 18:00 | 植物 | Comments(12)

素朴で可愛らしい花    ≪   ナズナ   ≫



小さな我が家の菜園にも、小さな春が訪れました。

気力が萎え、放置していましたら、そこは雑草天国と化しています。

風に揺れながらシャラシャラ弦を鳴らす ナズナ(薺)

古くから食用にもされ、春の七草のひとつでもあり、幼い子供たちの遊び相手としても重宝がられたこの子たちも
今は、単なる雑草・・・!

ペンペングサとも呼ばれ、貧しさを代表する花となり
時代によって褒められたり、貶されたり、運命の波に踊らされて・・・!?

けれど、よく見ますと可憐な姿
緑が増した中に白い小さな花を下からせり上げるように咲かせ、順を追ってつけるハート型の実も楽しいものです。

素朴な愛おしい花のひとつです。


よくみれば なずな花さく 垣根かな      松尾芭蕉


花言葉は、 あなたに私のすべてを捧げます



(1)
a0140000_1285764.jpg


(2)
a0140000_1294511.jpg


(3)
a0140000_1301467.jpg


(4)
a0140000_1304927.jpg


(5)
a0140000_131881.jpg


(6)
a0140000_1312816.jpg


(7)
a0140000_1321899.jpg


(8)
a0140000_1331035.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-04-06 18:00 | 植物 | Comments(8)

雨に咲く花    ≪   ハナニラ   ≫



柔らかな春の雨が一日中降り続いていました。

この花を植えたのは 『spring star flower』 の名前に惹かれた3・4年前のことです。

年ごとに花数が増え、去年ブロック塀前に株分けをしました。
そこの居心地が良かったようで、花壇に先がけて花が咲きました。

春の星の乙女たちは、思い思いの姿で、春雨の中に佇んでいます。
もの思いにふける者、恥じらいの微笑を浮かべる者、哀しみを秘めて耐える者・・・

見る者の心を写しとった姿です。


花言葉は、 悲しい別れ、耐える愛、うらみ


(1)
a0140000_204212.jpg


(2)
a0140000_215383.jpg


(3)
a0140000_223825.jpg


(4)
a0140000_23076.jpg


(5)
a0140000_233068.jpg


(6)
a0140000_24435.jpg


(7)
a0140000_25971.jpg


(8)
a0140000_253357.jpg


(9)
a0140000_255593.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-04-04 18:00 | 植物 | Comments(10)

命を燃やして    ≪   カタクリ   ≫



山や野辺に一気に春がおしよせて来ました。

その波に背中を押されて、カタクリ(片栗)に、逢いに行ってみました。
かなり前から皆さんが既にアップされていましたので、もしかしたら遅いのでは・・?
案じながら・・・

陽射しのない午前中は気温も上がらず、花はまだ眠りの中です。
けれど、去年と変わらず、栗林の斜面に群落をつくっていました。

薄い雲の隙間から時々陽が射すお昼近く
しずかに笑みを浮かべながら眠り姫が目を覚まし始めました。
優しい可憐な姿です。

やがて・・・

6枚の花びらを後ろにそらせ、勢いよくシベを前に突き出して、俯いてはいますけれど
抑えきれない情念の炎を燃えあがらせ、揺らめきます。

小さな可憐な花の、命を燃やす姿です。



もののふの 八十娘子らが 汲みまがふ 寺井の上の かたかごのはな    大伴家持
(もののふのやそおとめらがくみまごう てらいのうえのかたかごのはな)

※ 清水を汲みに集まる乙女たちの笑い声とその乙女たちを象徴するように咲いているカタクリ
   そんな華やいだ情景




花言葉は、 初恋、嫉妬、寂しさに耐える


(1)
a0140000_011781.jpg


(2)
a0140000_0112790.jpg


(3)
a0140000_0114950.jpg


(4)
a0140000_0125087.jpg


(5)
a0140000_0131148.jpg


(6)
a0140000_0133726.jpg


(7)
a0140000_014986.jpg


(8)
a0140000_0145575.jpg


(9)
a0140000_0175342.jpg


(10)
a0140000_018511.jpg


(11)
a0140000_0192479.jpg


(12)
a0140000_0195287.jpg


(13)
a0140000_0201540.jpg


(14)
a0140000_0204948.jpg


(15)
a0140000_022773.jpg


(16)
a0140000_0223557.jpg


(17)
a0140000_0225535.jpg


(18)
a0140000_023156.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-04-02 18:00 | 山野草 | Comments(10)

春風の中の踊り子たち    ≪   オドリコソウ   ≫

木立の中の薄暗い広場で、踊り子たちが舞い踊っています。

眺めていると木の葉を揺らすそよ風は、三味や太鼓のお囃子に聴こえます。

オドリコソウ(踊子草)は、花笠をかぶった踊り子たちが茎の櫓を取り巻いて
あでやかに輪になって踊っているように見えることから付けられた名前だそうです。
絶妙な命名~!

この広場では、淡いピンクから白いものまで、それぞれの装いをして踊りは今が最高潮~!
クマバチさんも加わって羽音を唸らせながら盛り上げます。

人があまり入らない静かな広場は、花笠をかぶった娘たちの踊りの宴に恰好の場所になっていました。


花言葉は、 快活、陽気、隠れた恋


(1)
a0140000_0241699.jpg


(2)
a0140000_0235811.jpg


(3)
a0140000_0245035.jpg


(4)
a0140000_0244831.jpg


(5)
a0140000_0374049.jpg


(6)
a0140000_0253424.jpg


(7)
a0140000_0262376.jpg


(8)
a0140000_0391413.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-04-30 19:00 | 植物 | Comments(8)

痩せっぽちでも艶やかな~!    ≪   ムラサキハナナ   ≫

こぼれ種を拾い集め、ポットで育成して植え付けたミニ花壇に
今年も妖艶な姿で咲き揃いました。

ムラサキハナナ(紫花菜)です。

毎年同じ場所である為の連作被害なのでしょうか?
痩せっぽちで弱々しく見えます。

野生化するほど逞しいはずですのに、どうしたことでしょう?
この冬の寒さで私が水遣りもせず、引き篭もってお世話を怠ったことが原因かも・・?

細々とした茎でも、お花は艶やかな紫色を振りまいて 「ここに居るよ~!」 と、自己主張です。
「植えっぱなしにして、ごめんね!」  少々、胸が痛みます。

ハナアブさんもやって来ました。
すっかり、春ですねぇ。



花言葉は、 知恵の泉、優秀、仁愛

(1)
a0140000_011041.jpg


(2)
a0140000_0111821.jpg


(3)
a0140000_0113516.jpg


(4)
a0140000_0123515.jpg


(5)
a0140000_0125033.jpg


(6)
a0140000_013829.jpg


(7)
a0140000_0132285.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-04-29 19:00 | 植物 | Comments(10)

陰謀~? いいえ、誤算です・・!?    ≪   ワスレナグサ   ≫

この花は、チューリップなどとよく合い、花壇では貴重な脇役として活躍します。

庭に置いてあるプランターに沢山の芽が出ましたので、ポットで育成し、
チューリップの球根を植えたあと、少し大きく育ったワスレナグサ(勿忘草)の苗を植えつけました。

冬間近い小春日和の日のことです。
割り箸で、苗が傷まないように気遣いながらの作業です。

春になりチューリップの足元にはブルーの可愛い勿忘草が、チロチロと舞いを見せてくれるはずでした。

花が咲く時期になり、・・・???

その殆どが、キュウリグサ!  勿忘草は10株にも満たない数です。

今まで、庭でキュウリグサを見たことはありませんし、花壇は道路を隔てた場所ですのに・・!?
庭に置いてあったプランターには、どんな手段で種が忍び込んできたのやら~?

キュウリグサもよく見ると可愛い花には違いないのですが、
遠目に見ると、ただの雑草にしか見えません。(キュウリグサの陰謀~!)

いいえ! ガーデニング歴、自称〇十年の私の・・・明らかに私の誤算です^^;


勿忘草の花言葉は、 私を忘れないで、 真実の愛
キュウリグサの花言葉は、 愛しい人、真実の愛


(1)
a0140000_16543365.jpg


(2)
a0140000_23324821.jpg


(3)
a0140000_2333537.jpg


(4)
a0140000_23335857.jpg


(5)
a0140000_23343276.jpg


(6)
a0140000_23344513.jpg


(7)
a0140000_23352778.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-04-28 19:00 | 植物 | Comments(8)

記憶の中の1ページ    ≪   レンゲソウ   ≫

ニリンソウが咲くフィールドには色々な野草も棲んでいます。

レンゲソウ(蓮華草)も可愛らしく咲いていました。

この花には虫さんが好んでまとわりついています。
今季、初の虫狙いを試みました。久々の連写です。
シャター音は小気味良いのですが、上手く撮れません。
楽しい苦行が又始まります^^;

家の近くにあった放置された畑は、毎年レンゲ畑の装いを見せてくれました。

其処が、今年から畝が作られ、畑として復活してしまいました。

里山に行くと見られた長閑なレンゲ畑の春の風景も、見ることが出来ない時代になりましたねぇ。
遠い昔の民話の世界! 懐かしい風景は記憶の中のアルバムの1ページになってしまいました。


花言葉は、 心が和らぐ、私の苦しみを和らげる


(1)
a0140000_2261988.jpg


(2)
a0140000_2262747.jpg


(3)
a0140000_2265786.jpg


(4)
a0140000_2265869.jpg


(5)
a0140000_2273668.jpg


(6)
a0140000_2274923.jpg


ヤマエンゴサク(山延胡索)が一株だけありました。
4月の半ばに撮ったものです。
群生を見たくて撮り置きしていましたのに、既に姿はありません(残念!)
一枚だけの記録になりました。

(7)
a0140000_2362954.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-04-27 19:00 | 植物 | Comments(8)