君の名は・・・?     ≪   イソヒヨドリ   ≫




すみきった美しい囀りが聴こえます。

対岸の住宅の屋根に鳥が・・・



いきなり飛んできて目の前の桜の枝に~!

見慣れない鳥さんです。

「君の名は? あなたは、だ~れ?」



構図や情景を考える間もなく、とりあえずシャターを連写

証拠写真になりました。



〝お腹が赤い鳥“ で検索、すぐに出てきました。



イソヒヨドリ(磯鵯) で間違いないようです。

この子は、磯や岩場に多く生息、ツグミ科だそうです。



ここは海から遠く、住宅街に流れる小さな川の桜並木道

海へ向かう途中休憩だったのかしら?



初めての出会いは、ドキドキしますね。





(1)♂

a0140000_02215918.jpg







(2)
a0140000_02234720.jpg





(3)
a0140000_02242252.jpg





(4)
a0140000_02244667.jpg






(5)
a0140000_02281575.jpg






(6)♀
a0140000_22475013.jpg



(7)

a0140000_22492513.jpg




(8)
a0140000_02284186.jpg








# by soyokaze-1020 | 2017-04-04 22:55 | | Comments(10)

待ちわびて・・・    ≪   カタクリ   ≫




なかなか暖かくならない今年の三月

とうとう四月に入ってしまいました。


いつもの処に「見頃だという記事が出ていたよ」 の電話


そんな時期なのだと急遽出かけることにしました。

車で2時間の山里は、お日さまが照ったり曇ったり


カタクリ(片栗) も光がないと咲かないデリケートな花です。


少し早かったのでしょうか?

まだ反り返った華やかなものは少なく、またいつもの年より疎らな状態です。

久々のプチ遠出、期待していただけにちょっとがっかり・・・(^_^;)


七年もの間、地面の下で眠り、春の光を待ちわびて顔を出したこの子たち

薄日で風もまだ冷たいけれど、

なかにはW字型の斑紋を見せて笑顔をみせてくれる子もいます。




花言葉は、 寂しさに耐える


(1)

a0140000_22480811.jpg



(2)

a0140000_22490161.jpg



(3)

a0140000_22494434.jpg



(4)

a0140000_22512627.jpg



(5)

a0140000_22532391.jpg



(6)

a0140000_22543466.jpg



(7)

a0140000_22564046.jpg



(8)

a0140000_22583452.jpg




(9)

a0140000_23000489.jpg





# by soyokaze-1020 | 2017-04-01 23:10 | 植物 | Comments(8)

畑のおじさんと赤い鳥     ≪   ジョウビタキ♂   ≫




「この赤い鳥は懐っこいねぇ~^^

独り畑作業をしているおじさんが、目を細めて声をかけてきました。


土を耕していると、後ろからついてくると云います。


張り巡らされた鉄線や杭、農機具の上にとまったり、畑の周りをうろうろ・・・

そのうち、ミミズを投げてやると大きなものでも喜んで食べ、

最近は足元近くまで寄ってくるようになったのだそうです。


ジョウビタキ(尉鶲) は、人懐こいと聴きましたが、目の当たりに見るのは初めて~!?


「お前さん、賢いなぁ」

手を休めて、おじさんは座り込みながら話しかけていました。


〝ジョビ男君、ほんとに賢いねぇ“

私も声にして褒めてあげます。


おじさんとジョビ男君の仄々とした光景、

もう暫くは散歩の楽しみが持てそうです。






(1)

a0140000_23553686.jpg



(2)

a0140000_23570541.jpg




(3)

a0140000_23583871.jpg





(4)
a0140000_23593723.jpg




(5)
a0140000_00010889.jpg




(6)
a0140000_00023107.jpg




(7)
a0140000_00032887.jpg




(8)
a0140000_00042706.jpg





# by soyokaze-1020 | 2017-03-27 00:22 | | Comments(14)

予期せぬ出会い     ≪   カワラヒワ   ≫




〝 キリリリ!“ どこかで聴いた鳴き声
見上げた桜の梢が目の前、そこにこの子が居ました。


カワラヒワ(河原鶸) です。


3年ほど前には、数羽で遊んでいるのを見かけていましたが
最近は畑も少なくなり、すっかり姿を消していました。


たった1羽、それも数秒間の出会いです。
桜の枝から電線に、そして空へ消えてしまいました。


予期せぬ出来事!
大げさなことかもしれませんが、嬉しくて胸が震えます。


喜びの感情は、些細なことでも湧き上がってきますね。
砂漠のように涸れていく私の心の中にも、まだ湧き出す泉の源があるのかなぁ~(^.^)/~~~




(1)
a0140000_22203672.jpg



(2)
a0140000_2220534.jpg



(3)
a0140000_22212865.jpg



(4)
a0140000_2222320.jpg



(5)
a0140000_22222652.jpg



(6)
a0140000_22225026.jpg





散歩も滞りがちだったこの冬も、川辺の道は春の気配が濃くなり始めました。
まもなく冬鳥たちも旅立ちの時を迎えますね。
癒しをくれた鳥たちをデジブックにまとめました。




Published by デジブック
# by soyokaze-1020 | 2017-03-24 22:27 | | Comments(4)

春のうた     ≪   アズマイチゲ   ≫




斜面を真っ白に染めつくすように群れて咲く花

アズマイチゲ(東一華) が、揺れながら咲いています。



まだ寒さが残るこの時期、

凍える地面や枯れ葉を押し上げながら、顔をもたげて光を求めています。



この子は、お日さまが大好き!

優しい光がないと咲きません。



自生地の小父様が「午前中に訪れた人たちは、俯いた花たちにがっかりして帰られました」

運よく私たちは、雲の切れ間から日が差し、笑顔の花たちに逢えました。



♪~ もうすぐ春ですねぇ ~♪

うらら うらら と、蕊を揺らしながら春のうたを唄っているようです。





花言葉は、 耐え忍ぶ恋




(1)

a0140000_15063937.jpg




(2)
a0140000_02245892.jpg




(3)
a0140000_08462867.jpg



(4)

a0140000_08473106.jpg




(5)
a0140000_08483988.jpg




(6)
a0140000_08491470.jpg




(7)
a0140000_08494785.jpg









# by soyokaze-1020 | 2017-03-21 15:18 | 植物 | Comments(6)