<   2017年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

風に誘われて     ≪   ヤマユリ   ≫




高山にあるこの園は、さすがに涼しい~♪

下界から離れて心地よい散策です。


風に誘われるように、森の王様に会いに来ました。


そう云えば、ユリ(百合)の名は、風で花が揺れる「揺すり」が変化して「百合」になったという説があります。

また球根の鱗片が寄り重なる 「寄り」からと云う説も・・・


王様らしく花径20㎝もあり、重たげで傾いてしまっているもののあります。


夏草や樹木の下から風格のある笑みを浮かべる ヤマユリ(山百合)

去年より一週間遅れの来園でしたが、何とか間に合いラッキーでした。


園内のある一角では、職員の方々が草を一本・一本手作業で取り払っています。

其処は、あの独特のドクダミの匂いが広がっています。


けれど、あちこちに点在して咲いているヤマユリは、負けていませんね。


甘い香りが匂い立ち、散策する人々を至福の世界へといざなってくれます。



花言葉は、 高貴な品性、人生の楽しみ





(1)

a0140000_21063289.jpg


(2)
a0140000_21070973.jpg

(3)
a0140000_21074795.jpg

(4)
a0140000_21081400.jpg

(5)
a0140000_21084514.jpg

(6)
a0140000_21095354.jpg

(7)
a0140000_21110874.jpg

(8)
a0140000_21155608.jpg

(9)
a0140000_21121806.jpg

(10)
a0140000_21130141.jpg


by soyokaze-1020 | 2017-07-30 21:19 | お出かけ | Comments(8)

優しさをたたえて     ≪   カワラナデシコ   ≫




久々の日本庭園

花のない季節の私の駆け込み寺です。


諸々の事情が重なり、カメラ散歩を疎かにしていましたら、心は砂漠になりました。

潤いを求めて訪れた庭園


佇まいは変わりませんが、訪れている観光客の話し声は外国語・・・!?


その間をぬうように私はお花を探します。

かつては「流れの庭」に一ヶ所にしかなかった カワラナデシコ(河原撫子) 

「花の庭」の数ヶ所に姿があります。

花がないこの時期を見込んで植栽されたのでしょうか?

観光目的の日本庭園ですから貴重な空間です。


古来より愛でられていたこの花は、またの名を「ヤマトナデシコ(大和撫子)」

日本人女性の凛とした清らかな美しさに準えてこの花を形容したと云います。


このお庭にぴったり~! 

訪れている外国の方々は、感じ取ってくれますでしょうか?


緑の中のこの花たちは、ピンク色のお顔に楚々とした優しさをたたえて咲いています。

やりきれないほど蒸し暑い昼下がり


けれど・・・


ちょっとだけ 砂漠の中に小さなオアシスを発見できたかな?



花言葉は、 可憐、大胆



(1)

a0140000_09561502.jpg


(2)
a0140000_09570877.jpg


(3)
a0140000_09575217.jpg

(4)
a0140000_09585490.jpg
(5)
a0140000_09591339.jpg


(6)
a0140000_09594814.jpg


(7)
a0140000_10001284.jpg




by soyokaze-1020 | 2017-07-27 10:09 | | Comments(4)

夏が来た~♪     ≪   ひまわり畑   ≫




梅雨明け宣言が出ました!

まだ蒸し蒸しするけれど、湿気が少なくなったような?

気のせいかな(^ω^)・・・


幹線道路沿いのひまわり畑を見てきました。

大勢の人たちで賑わっています。


人を避けながらの撮影は苦労します。

チョウもハチも寄ってくれません。

車の音や人々の賑わいでは、無理もありませんよねぇ。


太陽の花 ヒマワリ(向日葵) は、満面の笑みで迎えてくれます。


鬱々した気分も、いっぺんに吹き飛んで元気になれるお花です。

顔をあげて咲き誇る姿には、不思議な力がありますね。


〝この夏を元気に乗り切りなさい!"

そんな言葉が聴こえたような気がしました。




花言葉は、 あなただけを見つめます。



(1)

a0140000_17173097.jpg


(2)

a0140000_17175926.jpg


(3)

a0140000_17182026.jpg


(4)

a0140000_17200811.jpg


(5)

a0140000_17210296.jpg


(6)
a0140000_17214158.jpg


(7)
a0140000_17235040.jpg


(8)
a0140000_17264500.jpg









by soyokaze-1020 | 2017-07-20 17:27 | お出かけ | Comments(8)

悲しみの秘密を抱えて     ≪   キンシバイ   ≫




夏椿の咲くお寺の境内


枝垂れた枝にキラキラ黄金に瞬く花がありました。

キンシバイ(金糸梅) のようです。


ヒペリカム・ヒドコートなどは、公園や垣根などで植えられているのを見かけますが

少し小さなこの子たちは、こちらではあまり見かけません。


カップ咲きの5弁の花びらは、顔を覆うように俯いて・・・

どの子も秘密を抱え込むように、吹く風に小刻みに震えています。


何を嘆いているのでしょう。

内に秘めた悲しみが、ほとばしるように煌めいて一層美しく輝いて見えます。




花言葉は、 秘密、哀しみを止める



(1)

a0140000_21373811.jpg


(2)


a0140000_21064719.jpg



(3)
a0140000_21073422.jpg

(4)
a0140000_21080076.jpg



(5)夏椿によく似た小さな花がありました。
   ヒメシャラ(姫沙羅) のようです。
   初めての出会いの花です。

a0140000_21113757.jpg



デジブックを作成しました。
季節の花、蓮を取り上げました。
ご笑覧くださいませ。





by soyokaze-1020 | 2017-07-16 21:55 | 植物 | Comments(8)

朝(あした)咲きゆふべに散る花     ≪   ナツツバキ   ≫



初夏から梅雨の頃、涼し気に咲く白い花・・・

そろそろ時期だと思い出かけました。


いつもは高山に行く道すがらに見る ナツツバキ(夏椿)


新聞記事を見て、初めて訪れたお寺です。

境内におよそ200本のこの木があり名所だとのこと!?


今年は咲き始めが例年より10日ほど遅れているそうで、たくさんの人々も訪れています。

新聞の力はすごい!?


ご住職は「365日かけて咲かせる一日の花。一瞬の輝きは私たちにどう生きるか問うよう」と話していた。(新聞記事による)


清らかな花は、苔むす庭にそのままの姿で、白く覆っています。


朝に咲き夕べに散る一日花、

はかない命の一瞬の輝き、けれど枝には蕾がびっしり~☆


次々と新しい命が輝きの時を待っています。



沙羅の花 夕べほろびの 色こぼし        冨塚 静



花言葉は、 愛らしい人、はかない美しさ



(1)

a0140000_02092351.jpg


(2)
a0140000_02095772.jpg

(3)
a0140000_02102395.jpg
(4)
a0140000_02104984.jpg
(5)
a0140000_02110943.jpg
(6)
a0140000_02113431.jpg
(7)
a0140000_02120995.jpg
(8)
a0140000_02124523.jpg
(9)
a0140000_02131039.jpg





by soyokaze-1020 | 2017-07-04 08:05 | 花木 | Comments(6)