<   2017年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

森の道化師たち     ≪   ジロボウエンゴサクと仲間たち・ヤブレガサ   ≫




森は一気に春めいて、草花たちの歓びの声が聴こえてきます。


冷たい地面の下で、小さな子たちは寒さにジッと耐えこの季節を待っていたのでしょう。

やわらかな春の陽ざし、やさしい春の風~♪


♪~ オ~ オ~ さぁWAになって踊ろ ララララララ~ ~♪


ジロボウたちは、陽気におどけています。

キケマンさんは、目覚めて間もない様子で、辺りを見回して

少し遅かったのでは? と気になっていたヤブレガサ小父さん、ビーチパラソルになって幼い子を見守っていました。


そして・・・

ヤマエンゴサクの(きみ)は、終盤姿

けれど、さすがに気品を失っていません。


それぞれの草花たちは、それぞれの姿で春を楽しんでいるようです。

みんなみんな 森の陽気な道化師たちです。



♪~ 悲しいことがあればもうすぐ 楽しいことがあるから

   オ~ オ~ さぁ輪になって踊ろ ララララララ~ ~♪




(1)ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索) 

a0140000_23152218.jpg



(2)花言葉は、 私を思って

a0140000_23174170.jpg



(3)キケマン(黄華鬘) 

a0140000_23185134.jpg



(4)花言葉は、 祈りのある生活

a0140000_23193570.jpg



(5)ヤブレガサ(破れ傘)  

a0140000_23294335.jpg



(6)花言葉は、 透きとおる心 

a0140000_23303621.jpg



(7)ヤマエンゴサク(山延胡索) 

a0140000_23311181.jpg



(8)花言葉は、 思慮深い

a0140000_23315090.jpg


by soyokaze-1020 | 2017-04-30 23:46 | 植物 | Comments(6)

青い瞬き     ≪   ヤマルリソウ   ≫



暖かな風が吹き草の緑が濃くなってきました。


その草の間から、チカチカと青い光を放ちながら瞬く子たち

ヤマルリソウ(山瑠璃草) です。


ちいさな青い妖精たちは、草の間から覗いたり隠れたり・・・

その度に、青い光が星のように瞬きます。


好きなのですよねぇ~☆

この色! 

 

しばし酔いしれたひと時です。




花言葉は、 私は考える




(1)

a0140000_23392770.jpg



(2)
a0140000_23400548.jpg


(3)
a0140000_23404174.jpg

(4)
a0140000_23413087.jpg

(5)
a0140000_23420386.jpg

(6)
a0140000_23424731.jpg


(7)
a0140000_23473455.jpg


(8)
a0140000_23432659.jpg



by soyokaze-1020 | 2017-04-26 23:49 | 植物 | Comments(6)

晴れたらいいな~♪     ≪   ミヤマカタバミ   ≫




春に3日の晴れなし とは云え

今年の春はお天気に恵まれませんでしたね。


けれど、花は待ってくれないし~!

思い立って訪れた山裾に辿り着いたのは、日が傾き始めた午後3時過ぎ・・・


ミヤマカタバミ(深山片喰) は、お日さまが大好き

光がないと開きません。


急斜面のこの場所は、急激に光が逃げてしまいます。


あ~ぁ、やっぱりもう、眠りにつこうとしています。

今日の空は、薄い雲に覆われているし、無理もないかなぁ・・・(;’’)


〝晴れてくれたらいいのにな・・・“ 私は呟きながら笑顔の子を探します。


「晴れたらいいな~♪」 満面の笑みをたたえた子はそう云ってくれた気がします。

来季はせめて、午前中逢いに来なければ・・・




花言葉は、 喜び



(1)

a0140000_22244163.jpg



(2)
a0140000_22254548.jpg


(3)
a0140000_22262312.jpg


(4)
a0140000_22272723.jpg

(5)
a0140000_22290700.jpg

(6)
a0140000_22300129.jpg

(7)
a0140000_22311407.jpg

(8)
a0140000_22320591.jpg

(9)
a0140000_22324627.jpg



by soyokaze-1020 | 2017-04-20 22:35 | 植物 | Comments(4)

夢をかさねて     ≪   ニリンソウ   ≫



里山に春の風が吹き、妖精たちの目覚めの時が来ました。

ひとつの茎に二輪の花を咲かせる ニリンソウ(二輪草)

愛らしい姿です。


少し遅れて咲く妹花

それをやさしく微笑みながら待つお姉さん花


雨風を凌ぎ、つらいときにも励ましあいながら生きていく・・・


ちいさな白い花は、とても清らか

お互いの夢をかさねるように、春の陽だまりで小刻みに揺れています。




花言葉は、 ずっと離れない



(1)

a0140000_23132203.jpg



(2)
a0140000_23144241.jpg


(3)
a0140000_23151897.jpg


(4)
a0140000_23155187.jpg


(5)
a0140000_23161653.jpg


(6)
a0140000_23185957.jpg

(7)
a0140000_23193761.jpg

(8)
a0140000_23200558.jpg



by soyokaze-1020 | 2017-04-17 23:21 | 植物 | Comments(12)

春風に戯れて     ≪   エナガ   ≫




小さな囀りが聴こえます。

けれどコーラスではありません。


エナガ(柄長) は、いつも十数羽で合唱しながら、せわしなく移動していく・・・

私の認識ではそんな鳥さんです。


見上げましたら、二羽だけです。


三日ほど通いましたが、いつも同じ処に二羽?

近くに巣でもあるのでしょうか?


数分間、風に戯れては姿を消します。


一週間前までは桜の蕾は やっと膨らみ始めたばかり・・・

今は一気に満開になっていることでしょう(散歩を怠っています)


ちいさな愛らしいエナガちゃん、

春風にのって戯れる姿は、喜びの舞いのようです。


(1)

a0140000_00041828.jpg

(2)
a0140000_00045154.jpg
(3)

a0140000_00051847.jpg


(4)
a0140000_00085961.jpg

(5)

a0140000_00093686.jpg


(6
a0140000_00100971.jpg

(7)
a0140000_00104629.jpg

(8)
a0140000_00151724.jpg




by soyokaze-1020 | 2017-04-10 09:00 | | Comments(10)

何処から来たの・・・?     ≪   ムラサキケマン   ≫




庭のあちこちに小さな塊をつくっています。

マキノ木や柴木蓮の根元、クリスマスローズの間にも

挙句の果てには、庭を抜け出しミニ菜園や小さな花壇の中までも・・・


今我が家の庭は、 ムラサキケマン(紫華鬘) が真っ盛り~!


何処から来たのでしょう?

もちろん、種をまいたわけでもなく、株を植えた覚えもありません。


森や里山をウロウロしていた時に、私にくっついていた種が芽を出したのかしら?

それにしても凄い繁殖力です。


この子は、花も茎も葉でさえも有毒だと云います。

けれど、花が咲けばそれなりにかわいいです。


これ以上、増えますと困りますので、そのうち少しだけ残して処分しなければ・・・


眺めていますと、元気を出さなくてはと、思いますけれど・・・




花言葉は、 あなたの助けになる





(1)

a0140000_21433311.jpg



(2)
a0140000_21443593.jpg


(3)
a0140000_21451874.jpg


(4)
a0140000_21460782.jpg


(5)
a0140000_21464736.jpg


(6)
a0140000_21473355.jpg


(7)
a0140000_21481218.jpg


(8)
a0140000_21485501.jpg


(9)
a0140000_21495139.jpg


(10)
a0140000_21523916.jpg



by soyokaze-1020 | 2017-04-07 21:55 | 植物 | Comments(8)

君の名は・・・?     ≪   イソヒヨドリ   ≫




すみきった美しい囀りが聴こえます。

対岸の住宅の屋根に鳥が・・・



いきなり飛んできて目の前の桜の枝に~!

見慣れない鳥さんです。

「君の名は? あなたは、だ~れ?」



構図や情景を考える間もなく、とりあえずシャターを連写

証拠写真になりました。



〝お腹が赤い鳥“ で検索、すぐに出てきました。



イソヒヨドリ(磯鵯) で間違いないようです。

この子は、磯や岩場に多く生息、ツグミ科だそうです。



ここは海から遠く、住宅街に流れる小さな川の桜並木道

海へ向かう途中休憩だったのかしら?



初めての出会いは、ドキドキしますね。





(1)♂

a0140000_02215918.jpg







(2)
a0140000_02234720.jpg





(3)
a0140000_02242252.jpg





(4)
a0140000_02244667.jpg






(5)
a0140000_02281575.jpg






(6)♀
a0140000_22475013.jpg



(7)

a0140000_22492513.jpg




(8)
a0140000_02284186.jpg








by soyokaze-1020 | 2017-04-04 22:55 | | Comments(10)

待ちわびて・・・    ≪   カタクリ   ≫




なかなか暖かくならない今年の三月

とうとう四月に入ってしまいました。


いつもの処に「見頃だという記事が出ていたよ」 の電話


そんな時期なのだと急遽出かけることにしました。

車で2時間の山里は、お日さまが照ったり曇ったり


カタクリ(片栗) も光がないと咲かないデリケートな花です。


少し早かったのでしょうか?

まだ反り返った華やかなものは少なく、またいつもの年より疎らな状態です。

久々のプチ遠出、期待していただけにちょっとがっかり・・・(^_^;)


七年もの間、地面の下で眠り、春の光を待ちわびて顔を出したこの子たち

薄日で風もまだ冷たいけれど、

なかにはW字型の斑紋を見せて笑顔をみせてくれる子もいます。




花言葉は、 寂しさに耐える


(1)

a0140000_22480811.jpg



(2)

a0140000_22490161.jpg



(3)

a0140000_22494434.jpg



(4)

a0140000_22512627.jpg



(5)

a0140000_22532391.jpg



(6)

a0140000_22543466.jpg



(7)

a0140000_22564046.jpg



(8)

a0140000_22583452.jpg




(9)

a0140000_23000489.jpg





by soyokaze-1020 | 2017-04-01 23:10 | 植物 | Comments(8)