<   2014年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

輝き競う    ≪   花椿   ≫



めぐりめぐって、季節は春~♪
冬と春のはざまに輝く椿の季節になりました。

厳しい寒さが続く真冬には凛とした姿を、春の初めは輝くような笑顔を・・・
それでいて、控えめな美しさが好まれます。

古の頃から愛されてきたこの花は、種類が多く、
私は、花椿(はなつばき) と、呼ぶことにしています。

ナイーブで傷つきやすい思春期の乙女のようなこの子たち

散歩道や山で出会って撮り溜めしていた 花椿

輝き競うその姿を追ってみました。


ゆらぎ見ゆ百の椿が三百に     高浜虚子
葉にそむく椿の花のよそ心      松尾芭蕉 
 
   

花言葉は、 謙遜の美徳、至上の愛らしさ


(1)
a0140000_2155365.jpg


(2)
a0140000_21555241.jpg


(3)
a0140000_21562641.jpg


(4)
a0140000_21564271.jpg


(5)
a0140000_2156596.jpg


(6)
a0140000_21571311.jpg


(7)
a0140000_21573367.jpg


(8)
a0140000_21575853.jpg


(9)
a0140000_21581132.jpg


(10)
a0140000_21582961.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-03-28 22:00 | 植物 | Comments(8)

初々しく    ≪   キクザキイチゲ   ≫


草のみどりがまだ少ない枯れ色のフィールドに、黄色い灯りを点しているのは
フクジュソウ(福寿草) です。

その灯りに誘われるように、そっと顔をあげた キクザキイチゲ(菊咲一華)
まだ、まどろみから覚めきれないあどけない天使のようです。

この子との出会いは初めて~☆
ネットで調べた絵では、華やかに群生する光景でした。

ここでは、どの子も寝起きの姿、
それもポツリ・ポツリと点在しているだけです。

咲き始めの初々しさは愛おしいのですが、
薄い青紫の華やかな笑顔の群生も、きっと魅力的な光景であろうと・・!?

心を残した出会いです。


花言葉は、 
キクザキイチゲ ・・・静かな瞳、追憶
フクジュソウ   ・・・悲しい思い出、回想


(1)フクジュソウ
a0140000_21453321.jpg


(2)
a0140000_21455365.jpg


(3)キクザキイチゲ
a0140000_21465341.jpg


(4)
a0140000_21474932.jpg


(5)
a0140000_21494974.jpg


(6)
a0140000_21502671.jpg


(7)
a0140000_21505866.jpg


(8)
a0140000_21524076.jpg


(9)
a0140000_21525811.jpg


(10)
a0140000_21532835.jpg


(11)フクジュソウ
a0140000_21535188.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-03-26 22:00 | 植物 | Comments(8)

雪の精    ≪   バイカオウレン   ≫



標高900m近いここは、窪地にまだ雪が残っています。

春まだ浅い木々の根元の斜面はうっすら淡雪で覆ったように白い花の群落が・・・
この子たちに出会いたくてやって来ました。

バイカオウレン(梅花黄蓮) も春を告げる可憐な花です。

2月になると、降り積もった雪をわって、小さな花が顔を出し
それは真っ白で、まるで雪の精のようだといいます。

私が出会ったのは、お彼岸も過ぎた時期、
既に種子をつけ始めたものもあります。

やわらかな陽射しを浴びながら、空に向かってシベをパッと開いて、
雪の精は幼子のように無邪気な笑顔ですねぇ。

この花びらに見えるのは萼、ほんとうの花びらは中心から出ているスプーン状の黄色い部分だとか~?
にわかに信じがたいです。

1cm足らずの花の集まりは、そこだけが温かい春の陽だまりとなっています。


花言葉は、 情熱、忍ぶ恋


(1)
a0140000_21311447.jpg


(2)
a0140000_21314762.jpg


(3)
a0140000_2132761.jpg


(4)
a0140000_21323469.jpg


(5)
a0140000_21331698.jpg


(6)
a0140000_21333383.jpg


(7)
a0140000_21335578.jpg


(8)
a0140000_21341742.jpg


(9)
a0140000_21351245.jpg


(10)
a0140000_21362539.jpg


(11)
a0140000_21371254.jpg


(12)
a0140000_21373382.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-03-24 21:38 | 植物 | Comments(8)

妖精たちの夢舞台    ≪  ヤマエンゴサク ・ キバナノアマナ ・ ユキワリイチゲ  ≫


ちいさな白い妖精 ≪アズマイチゲ≫ のすぐ傍で、静かに咲く花の妖精たち
Spring Ephemeralといわれるこの子たち
今この時が、この子たちの晴れ姿です。

過酷な暑い夏を乗り越え、厳しい冬を耐え、真っ暗な地中で粘り強く春を待って

やがて母のぬくもりの中で目覚め、ふかふかの木の葉をかき分け芽を出したそこは・・・
やさしい光の世界

透き通り青く輝く ヤマエンゴサク(山延胡索)
弾ける笑顔の キバナノアマナ(黄花の甘菜)
たおやかで静かに微笑む ユキワリイチゲ(雪割一華)

風とたわむれ、鳥の歌を聴き、ふりそそぐ柔らかな陽射しに舞い
周りの木々や草たちが芽吹くまでの僅かな時間

そこはまさに彼女たちの夢舞台です。


花言葉は、
ヤマエンゴサク・・・ 思慮深い
キバナノアマナ・・・ 運が向いてくる
ユキワリイチゲ・・・ 幸せになる


(1)ヤマエンゴサク
a0140000_16214728.jpg


(2)
a0140000_16225689.jpg


(3)キバナノアマナ
a0140000_16232541.jpg


(4)
a0140000_1623468.jpg


(5)
a0140000_16241474.jpg


(6)ユキワリイチゲ
a0140000_16245622.jpg


(7)
a0140000_16261795.jpg


(8)
a0140000_16263585.jpg


(9)
a0140000_16265617.jpg


(10)
a0140000_16271546.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-03-22 16:28 | 植物 | Comments(8)

空をみあげて~!    ≪   アズマイチゲ   ≫



「お昼を過ぎてからの方がいいですよ」
セツブンソウの間から出ている蕾を、目をこらして見つけ撮っていましたら
お世話をされているおじ様が声をかけてくれました。

およそ一ヶ月前のことです。

この花は曇りや雨の日、また晴れていても、お日さまが高く登る前の気温が低い時間では花は開きません。

アズマイチゲ(東一華) は、とても繊細な春の妖精です。

朝のうちは陽ざしがあり、期待しながら訪れたこの地、
上手くいかないものですねぇ~^^;
空は雲が広がり風さえ出て、条件は今一

この子たちも私も、空を見上げて深い溜め息・・・

雲の切れ間から射す光を待って、ちいさな白い妖精たちの囁きに耳を傾けたひと時です。


にんじんは明日蒔けばよし帰るらむよ東一華の花も閉ざしぬ    土屋文明


花言葉は、 忍ぶ恋


(1)
a0140000_1628161.jpg


(2)
a0140000_1628401.jpg


(3)
a0140000_1653332.jpg


(4)
a0140000_16535388.jpg


(5)
a0140000_1654579.jpg


(6)
a0140000_16564174.jpg


(7)
a0140000_16571391.jpg


(8)
a0140000_16572364.jpg


(9)
a0140000_16573678.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-03-20 16:57 | 植物 | Comments(8)

春びより~☆    ≪   梅まつり ・ メジロ   ≫



穏やかな春の海が一望できる梅公園です。

梅まつりが開催されて間もなく訪れました時は、花を探し回りました。

あれから2週間~!
良いお天気の中、どの梅の木も満開寸前、華やかに丘を彩り待ち望んだ春色に染まりました。

花は、人の心を浮き立たせ活力を与えてくれます。
公園内には多くの人々が良い香りの中を散策され、みんな明るく溢れるような笑顔です。

遠くでメジロが数羽飛び交うのが見えます。

賑わう広場からは捉えられません^^;

「ウメジロ」狙いで訪れた2度目の公園
残念な気持ちを、咲き誇る梅の花で癒して退散・・・

きらめく陽射しの春びよりでした。


見えかくれ居て花こぼす目白かな     富安風生



花言葉は、 あでやかさ、厳しい美しさ

(1)
a0140000_20281484.jpg


(2)
a0140000_20283953.jpg


(3)
a0140000_20285640.jpg


(4)
a0140000_20291162.jpg


(5)
a0140000_20292620.jpg


(6)
a0140000_2030711.jpg


(7)
a0140000_20303240.jpg


(8)
a0140000_20304759.jpg


(9)
a0140000_2031169.jpg


(10)
a0140000_20312250.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-03-18 20:32 | 植物園・公園 | Comments(6)

早春のきらめき    ≪   セリバオウレン   ≫



よほど気をつけないと見逃してしまいそうな・・・
そんな小さなお花です。

草丈10cm足らず、まだ出たばかりなのか7cmあるかなしかの茎の先に
透き通るような白い花を咲かせています。

セリバオウレン(芹葉黄連) は、薬草でもあるのだそうです。
奥深いことは知りませんが、私はこの花姿に魅せられます。

枯葉の中から立ち上がり、線香花火のようにパッと開いた笑顔は、カメラに収めないと判りづらいかも~!?

時おり射す陽の光にこきざみに揺れるちっちゃな・ちっちゃな少女たち・・・
早春のきらめきを見た思いです。

風は冷たいけれど、足元には確かに春が忍び寄っているようです。


これからという思いありオウレンの花咲く朝の力湧きくる     鳥海昭子


花言葉は、 揺れるこころ


(1)
a0140000_2083829.jpg


(2)
a0140000_209260.jpg


(3)
a0140000_2092981.jpg


(4)
a0140000_2095057.jpg


(5)
a0140000_20101551.jpg


(6)
a0140000_20104874.jpg


(7)
a0140000_20122423.jpg


(8)
a0140000_20124989.jpg


(9)
a0140000_2013816.jpg


(10)
a0140000_20133192.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-03-16 20:14 | 植物 | Comments(6)

待ちわびて    ≪   ユキワリイチゲ   ≫



2時間かけて訪れたのはお昼前~!?
まだ眠気がさめない蕾の群生です。

この子は、お日さまの暖かい光に包まれないと目覚めないナイーブな子たちです。

ユキワリイチゲ(雪割一華) 名前も繊細で魅力です。

そろそろかな? と思いやって来ましたのに、この日は風が冷たく、照ったり曇ったりの空模様・・・!?

淡い紫色をおびた清楚なお顔を覆うようにして、お日さまを待ちわびています。

待ちわびているのは、私も同じ~!
よく陽があたり気温が12℃以上に上がらないと花は開かないといいます。

お天気の良い日に、会いに来れたらいいのですけれど・・・


花言葉は、 幸せになる


(1)
a0140000_19432178.jpg


(2)
a0140000_19434413.jpg


(3)
a0140000_19441041.jpg


(4)
a0140000_19442796.jpg


(5)
a0140000_1945174.jpg


(6)
a0140000_19525396.jpg


(7)
a0140000_19475870.jpg


(8)
a0140000_19483563.jpg


(9)
a0140000_19495812.jpg


(10)
a0140000_19505366.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-03-14 19:53 | 植物 | Comments(8)

梅まつり    ≪   白梅   ≫



海を見下ろす梅公園を訪れました。
日ごろは無料のこの公園も「梅まつり」の期間中は、有料になります。

丘の入り口の受付のおじ様は「咲いているものもあるのだけれど・・?」 と、曖昧な言葉~!?

登り道の両側の梅の木は、蕾も膨らんでいません。

丘の上の広場
やっとチラホラ咲きかけの花が・・・

花が咲いていなくても、予定された行事は決行しなければならないのです!!
世話人の方の気苦労に頭が下がります。

清らかに咲く ハクバイ(白梅) を求めて、園内をまわります。

一羽のジョビ子ちゃんに遭遇~♪
彼女も梅の花を観賞のようです。

もう一度、出直したい「梅まつり」でした。


おしなべて緑にかすむ木の間よりほのかに見るは梅の花かも     良寛


花言葉は、 気品


(1)
a0140000_22145990.jpg


(2)
a0140000_22153324.jpg


(3)
a0140000_22162672.jpg


(4)
a0140000_22164791.jpg


(5)
a0140000_2217839.jpg


(6)
a0140000_22173594.jpg


(7)
a0140000_22175385.jpg


(8)
a0140000_2218487.jpg


(9)
a0140000_22215965.jpg


(10)
a0140000_22222152.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-03-12 22:23 | 植物 | Comments(10)

鎮魂・・・    ≪   アズマイチゲ   ≫



山野草の群生地
アズマイチゲ(東一華)が蕾をもたげています。
凍った土の中で目を覚まし、落ち葉の温もりの間から・・・

まもなくやさしい春の光が降りそそぎはじめますと、光に向かって花を開きます。

今日は「祈りの日」
世界中に希望の花が咲きますように・・・



枯れ草の乾く音する道の辺の アズマイチゲはいち早く咲く     鳥海昭子



花言葉は、 温和


a0140000_22544810.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-03-11 22:57 | 心の庭