<   2013年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

晩夏をしらせる    ≪   ヘクソカズラ   ≫



まだまだ残暑が厳しい散歩道で、賑やかにはしゃいでいる子たち
むせかえ草いきれに、虫の姿さえ影をひそめ、歩く人も疲れきった足どりです。

万葉の頃から命をつないで今を盛りに咲く ヘクソカズラ(屁糞葛)

元気ですねぇ~!


白い花びらの内側を紅色に染めて、思いもよらない名前など苦にもせず
可憐な姿で周りの草やフェンスに絡み、屈託のない笑顔をふりまいています。

過ぎ去る夏から秋にかけて野を彩り、晩秋の果実は黄金色に輝き、風情ある姿を楽しめますね。

その実がもう、葉っぱの陰で翡翠色の光を放っていました。

八月も終わりの日ですが、秋の入り口は実感がないほど遠くに感じますのに
この子たちは、確実に季節の移ろいを報せる健気な営みをみせています。


名をへくそかずらとぞいふ花盛り        高濱虚子



花言葉は、 人ぎらい、誤解を解きたい


(1)
a0140000_12445843.jpg


(2)
a0140000_12451624.jpg


(3)
a0140000_12454234.jpg


(4)
a0140000_1245581.jpg


(5)
a0140000_12461232.jpg


(6)
a0140000_12462716.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-08-31 18:00 | 植物 | Comments(10)

味わい深いニューフェイス    ≪   ガガイモ   ≫


いつもの散歩道に見慣れない花が咲いています。
何十年もここを歩いていますのに、初めて見る蔓性の花・・・!?

ブログ画で見たあの子~?
肉厚の花びらはフェルト生地のようにフカフカ・・・
細かい白い毛で覆われて、モコモコした感じが可愛らしい花姿

ガガイモ(蘿摩)ですよね?

秋に熟した袋状の長い実が縦に割れて、絹糸状の長い毛をつけたタネが風に飛んでいくのだそうです。

やさしい風の贈りもの~☆

調べてみましたら
神話に登場する数少ない植物で、神代(かみよ)の時代から日本に存在し、
果実が舟形をしているのでその鞘にのって小さな神が来たと伝えられています。


草刈で消えてしまわなければ、舟形の果実に乗った 小さな神さま に出あえるかも・・・



花言葉は、 清らかな祈り、味わい深い


(1)
a0140000_12315310.jpg


(2)
a0140000_12322269.jpg


(3)
a0140000_12324267.jpg


(4)
a0140000_1233454.jpg


(5)
a0140000_12332653.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-08-29 18:00 | 植物 | Comments(4)

散歩道のキャスケードブーケ    ≪   センニンソウ   ≫



残暑がきびしい散歩道に、忍び足でやって来た季節の移ろい
かすかに秋のにおいを運んでやさしい風が吹いています。

センニンソウ(仙人草) の清らかな花が咲き始めました。

樹木に這い登り、生い茂った草に絡み、木の枝から垂れ下がり、自由気ままな姿・・・
蔓性植物の特権ですね。

白い花は涼やかで、緑を覆う佇まいは流れる滝を思わせます。
まるでダイナミックで華麗なウエディングブーケ~!?


ウエディングブーケを検索して見ました~♪

ウエディングブーケの由来
その昔、ヨーロッパでは男性がプロポーズをする際、自らの手で野の花を摘み、それを束ねて愛する女性に手渡したそうです。
女性は、「Yes」であれば、その花束から一輪抜き取り、男性の胸ポケットにそっと差し込みました。


知っていたようで、知らなかったかな?


今季はこの花の名前の由来の 仙人のお髭 に遭えるでしょうか?



天に雲地に白妙の仙人草       青柳志解樹



花言葉は、 安全、あふれるばかりの善意


(1)
a0140000_1424825.jpg


(2)
a0140000_1431030.jpg


(3)
a0140000_1435219.jpg


(4)
a0140000_144933.jpg


(5)
a0140000_1444155.jpg


(6)
a0140000_145974.jpg


(7)
a0140000_1462273.jpg


(8)
a0140000_1463698.jpg


(9)
a0140000_1465183.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-08-27 18:00 | 植物 | Comments(6)

つかの間の笑顔    ≪   ハゼラン   ≫



蕾が丸く膨らんで来ましたので、そろそろ咲いているかしら?
そんな期待で見に行きました。

午後2時半のことです。

花はなく、かぼそい花茎に点々と丸い粒が風に揺れているだけ~!?

3時を過ぎた頃、我が家の庭のあちこちでピンクの可愛い笑顔が爆ぜています。
植木鉢の中、庭の片隅、少し離れた菜園の花壇の中、駐車場の前のコンクリートの隙間にまでも・・・

不思議ですよねぇ~?

まるで、時刻を計ったように3時になると開くことから、「三時草」とも「三時花」とも呼ばれる ハゼラン(爆蘭) です。

折角の笑顔も、夕方6時ごろには萎んでしまう束の間の笑顔
ちいさくても、思いっきり弾けるその姿を、時には羨ましいと思ってしまいます。

憂いが滞ったこころは、弾けることが少なくなりました。


花言葉は、 永遠にあなたのもの、真心


(1)
a0140000_2041274.jpg


(2)
a0140000_20415299.jpg


(3)
a0140000_20431887.jpg


(4)
a0140000_20433980.jpg


(5)
a0140000_20435779.jpg


(6)
a0140000_2044122.jpg


(7)
a0140000_20442633.jpg


(8)
a0140000_20445099.jpg


(9)
a0140000_20456100.jpg


(10)
a0140000_20452432.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-08-25 18:00 | 植物 | Comments(8)

ゆめひと夜    ≪   オシロイバナ   ≫



こぼれた種は大地に抱かれ、慈雨に潤され春に芽吹きます。
やがて大きな株になり、夏の夕方、蕾から花へ・・・

オシロイバナ(白粉花) は、夕べに花開き、朝には萎む一夜花

この一夜のために、ながい時を経てかがやき咲き誇る花

蕊のダンスは喜びでしょうか?

それとも・・・

ひと夜かぎりで醒めてく夢への せつなさの舞い?



白粉花やをんなはときに二ごゝろ        鈴木真砂女


花言葉は、 恋を疑う、臆病


(1)
a0140000_2312099.jpg


(2)
a0140000_2314518.jpg


(3)
a0140000_232377.jpg


(4)
a0140000_2322185.jpg


(5)
a0140000_2323741.jpg


(6)
a0140000_2325261.jpg


(7)
a0140000_233754.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-08-23 18:00 | 植物 | Comments(4)

はんなりと・・・    ≪   ナツズイセン   ≫


木陰に佇むたおやかな美人さん
ナツズイセン(夏水仙) の花です。

この季節には稀なやさしい色合いに惹かれます。

この花には葉がありません。
春に芽吹いた葉は夏には枯れて、そのあとにいきなり花茎を伸ばし、淡いピンクの花をつけます。

においたつ湯上り美人~!?

そんなイメージを持ちながらカメラを向けますが、いつも時期がずれているような・・・?
はんなりとした美人画にならない悔しさを噛みしめることになります。


花かざし夏水仙の独り立ち      沢木欣一


花言葉は、 悲しき思い出、 深い思いやり


(1)
a0140000_104363.jpg


(2)
a0140000_111412.jpg


(3)
a0140000_115064.jpg


(4)
a0140000_121142.jpg


(5)
a0140000_123256.jpg


(6)
a0140000_124789.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-08-21 18:00 | 植物 | Comments(6)

林の中に灯る    ≪   フシグロセンノウ   ≫



うす暗い林の中にチラチラと赤い灯がゆれます。

こんな自然の草むらに、鮮やかな朱色の花~!? 

フシグロセンノウ(節黒仙翁) です。

野草とは思えないような色、整った花姿・・・
初めて出会ったのは3年前、あまりに華やか過ぎる色に、植栽された園芸種だと思っていました。
山野草を追いかけていた時期でしたので、横目でチラリと見ただけで通り過ぎて~!?

れっきとした日本固有種の山野草だそうです。

光が届きにくい樹木の下や蔓延った夏草の間から繊細な茎を伸ばし、
先端に咲く花はまるで林の中の灯りそのもの~!

ハッとするほど目立ちます。


うすぐらい林道は登り道にしてフシグロセンノウきっぱり赤し    鳥海昭子



花言葉は、 恋のときめき、転機



(1)
a0140000_0155185.jpg


(2)
a0140000_0163877.jpg


(3)
a0140000_0171472.jpg


(4)
a0140000_0173191.jpg


(5)
a0140000_018585.jpg


(6)
a0140000_018256.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-08-19 18:00 | 植物 | Comments(4)

夏草にまみれて    ≪   ゲンノショウコ   ≫



息が詰まるほど熱気が漂う地の上も、樹木の下は陰を集めて涼しいのでしょうか?

夏草が蔓延る隙間から、愛らしく微笑むちいさな子たち
赤白そろって、仲良くこちらを見ています。

可憐なお花ですが名前が何とも堅苦しい ゲンノショウコ(現之証拠)・・・

根も茎も葉も花も、すべて薬効効果がある優れものとは云え、花姿に似つかわしくなくて、驚きます。

やりきれないほど熱くなった地面に膝をつき、肘までついて汗まみれになりながら「こんにちは~♪」

陽射しの中の赤花は、はにかみながら花びらをひとつはらりと落として応えてくれました。


うちかゞみげんのしょうこの花を見る     高浜虚子


花言葉は、 心の強さ


(1)
a0140000_1125188.jpg


(2)
a0140000_11255981.jpg


(3)
a0140000_11261973.jpg


(4)
a0140000_1126345.jpg


(5)
a0140000_1127091.jpg


(6)
a0140000_11272154.jpg


(7)
a0140000_11273612.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-08-17 18:00 | 植物 | Comments(8)

雅な一日花    ≪   ヒオウギ   ≫



根際から扇状に広がる大きな葉、そこから伸びた細い茎の上部に咲く花

ヒオウギ(檜扇) の花は、葉の大きさに似合わず、3・4cmほどです。
けれど、その笑顔は艶めかしく、いにしえの貴婦人の雰囲気ですね。

名前から受けるイメージなのかも~?

花の後にできる黒く艶のある丸い種子は 「ぬばたま」「うばたま」 と呼ばれ、
和歌で枕詞(夜、夕、髪などに掛かる)とされています。

去年、処分されていたその ぬばたま を少し戴き、庭に蒔きましたら、
大成功~!

この夏に花が咲きました。

熱気でやるせない日々ですが、朝に咲き夕に萎む一日花の雅な世界を観ることができます。

夕方近くになりますと、身を捩りながら萎んでいく貴婦人
切なく愛おしい姿です。


ヒオウギよ花のつぼみの下陰を無音の蟻の列が続けり       鳥海昭子



花言葉は、 誠実、個性美


(1)
a0140000_1532896.jpg


(2)
a0140000_1535416.jpg


(3)
a0140000_154395.jpg


(4)
a0140000_155017.jpg


(5)
a0140000_1551981.jpg


(6)
a0140000_1553327.jpg


(7)
a0140000_1554834.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-08-15 18:00 | 植物 | Comments(7)

草間に翔ぶ   ≪   サギソウ   ≫



生い茂った草の間に滑り降りるように、滑空してきた小さな鳥
そんな姿の サギソウ(鷺草)

白い姿が涼やかです。

この時期、鉢植えは多く見られますが、自生する場所が少なくなってきています。

これは、庭園の流れの縁に植栽された子たちです。
柵が張りめぐらされ、近くに行くことができません。

あれこれ位置を変えながら何とか姿を捉えようと試みましたが、
汗だくになるばかり~^^;

きびしい暑さなど気にもせず、美しい白い翼をひろげて翔ぶ姿
不思議ですねぇ~? 花ですのにどうしても小さな鳥に見えてしまいます。


白鷺のつばさひろげるかたちして こころばえよし今朝のサギソウ      鳥海昭子


花言葉は、 夢でもあなたを想う



(1)
a0140000_1414998.jpg


(2)
a0140000_1423235.jpg


(3)
a0140000_1424828.jpg


(4)
a0140000_1431195.jpg


(5)
a0140000_1433953.jpg


(6)
a0140000_14403.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-08-13 18:00 | Comments(8)