<   2012年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

大変お世話になりました




a0140000_2192275.jpg


四季折々に数々の想い出を刻んでまいった一年間

辛いことも、哀しいことも、切ないことも、どれもこれも・・・

ひとつ ひとつが煌いて、私の宝石箱に納まりました

今となっては、すべてのことを   楽しい想い出に浄化する心の力   を得られた気が致します

人と人との繋がりは 素晴らしい力があることも 改めて認識いたしました

先が見えない人生の散歩道を 穏やかにゆっくりと歩いて行こうと思います

皆さま ほんとうにお世話になりました  有難うございました


どうぞ 良いお年をお迎えください

by soyokaze-1020 | 2012-12-31 18:00 | お知らせ

柿の木レストランは大繁盛    ≪   スズメ ・ ツグミ   ≫

ここの『柿の木レストラン』は、行列ができるほどの人気ぶりです。
入れ替わり、立ち代り、幾種類もの鳥さんたちが訪れます。

種類ごとに波が引いたり押し寄せたりの如く、訪れるさまが面白いですね。

可愛いメジロちゃんに見とれて、そればかりに気をとられていましたら、
スズメさんやツグミちゃんの絵がありませんでした。
ヒヨちゃんだって居たのに・・・!?

ゆとりを持った観察力と集中心が必要ですね。


撮った画像の整理をしながら、反省です。


(1)
a0140000_1431100.jpg


(2)
a0140000_144965.jpg


(3)
a0140000_15447.jpg


(4)
a0140000_151883.jpg


(5)
a0140000_153190.jpg


(6)
a0140000_154426.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-12-30 18:00 | | Comments(13)

柿の木レストラン ~☆    ≪   メジロ   ≫

厳しい冬将軍さま、昨日は束の間の中休みだったのでしょうか?
柔らかな陽射しが優しく、空は青空~!

小ぶりの実をつけた柿の木に、鳥たちのざわめきが見られます。

今季、初の メジロ(繍眼児・目白) との出会い!
頻繁に出入りし、見惚れてしまいました。

いつもですと、多くても10分ほどで諦めてしまう鳥撮りですが
桜の木の根元に座り込んで、こ1時間のカメラ遊びです。

同じような絵になったうえ、枚数が多くなってしまいました。

初めての「柿メジロ」、もっとクッキリ撮りたい!

来期は、少し進歩するでしょうか~?


(1)
a0140000_13464863.jpg


(2)
a0140000_1347258.jpg


(3)
a0140000_13471723.jpg


(4)
a0140000_13473022.jpg


(5)
a0140000_13474671.jpg


(6)
a0140000_1348184.jpg


(7)
a0140000_13481799.jpg


(8)
a0140000_13484577.jpg


(9)
a0140000_13485890.jpg


(10)
a0140000_13491813.jpg


(11)
a0140000_134941100.jpg


(12)
a0140000_135068.jpg


(13)
a0140000_13502963.jpg


(14)
a0140000_13512882.jpg


(15)
a0140000_13515162.jpg


(16)
a0140000_13521483.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-12-28 18:00 | | Comments(12)

寒い日    ≪   ジョウビタキ   ≫


すっかり葉を落としてしまった公孫樹の木、
散歩道の古い小さな神社にあります。

廃神社で人の気配はないというのに、樹木は花をつけ、実を結び、季節を唄っています。

訪れるのは、虫や鳥たち~☆
今日のお客様は、お洒落なイケメンちゃん ジョウビタキ(尉鶲) でした。

頭を銀色に整え、鮮やかなオレンジ色の着流し、黒の紋付でおめかししています。

けれど、いかにも寒そう~!
まん丸になって、まるでボールのようです。

仕方がありませんね。 今日は今季、一番の寒さだそうです。

撮っている私も、すっかり冷え込んでしまいました。

これといったパフォーマンスもしてくれず、飛び去りました。

(1)
a0140000_21444838.jpg


(2)
a0140000_21443825.jpg


(3)
a0140000_21451516.jpg


(4)
a0140000_2145581.jpg


(5)
a0140000_21454392.jpg


(6)
a0140000_21453792.jpg


(7)
a0140000_21462726.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-12-26 21:48 | | Comments(10)

心の庭に灯る    ≪   マルバノホロシ   ≫

冬枯れがすすむ草薮に小さな灯りが見えます。

ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸) に出会ったと思い、撮ってみました。

PC画を見ながら、調べましたら、何だか様子が違うような~?

虫食いですが葉は葉柄があり長楕円形で、先がとがっています。
おそらく、 マルバノホロシ(円葉白英) ではないかと・・!?

この森には年に2・3度訪れるだけで、花の時期に来たことがなく、戸惑ってしまいました。

実の佇まいは、見分けがつかないほどそっくりだといいます。

どちらにしても、藪の中で垂れ下がった赤い小さな実に出会いますと
寂寥感漂う私の心の庭に、ポッと小さな灯りが~?

そんな気がしてきます。


花言葉は、 だまされない


(1)
a0140000_2541775.jpg


(2)
a0140000_25432.jpg


(3)
a0140000_255196.jpg


(4)
a0140000_2552597.jpg


(5)
a0140000_2554948.jpg


(6)
a0140000_2561485.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-12-24 18:00 | 植物 | Comments(12)

可愛いらしい来訪者    ≪   ハクセキレイ   ≫

冷たい日が続いていますが、陽射しがあります。
放置していたプランターに春の花を植えることにしました。

と ・・・

すぐ傍に、この子が舞い降りて来ました。

トコトコ歩き始める ハクセキレイ (白鶺鴒) ~♪

私は息を殺し、身をかがめて忍び足でカメラをとりに・・!

間に合いました。

トコトコ・トコトコ・・・、花壇や菜園のある空き地へ向かっています。
逆光ですけれど、何とも愛らしい姿です。

チューリップがスタンバイしている畝の上で、キョロキョロ辺りを見まわして
お向かいの屋根の上に飛び立ちました。

又しても、飛翔を捉えることは出来ませんでしたが、ドキドキの数分間、

愛らしい姿に癒されました。

(1)
a0140000_15443665.jpg


(2)
a0140000_15445040.jpg


(3)
a0140000_1545612.jpg


(4)
a0140000_15452692.jpg


(5)
a0140000_15454462.jpg


(6)
a0140000_1546328.jpg


(7)
a0140000_15461982.jpg


(8)
a0140000_1546326.jpg


(9)
a0140000_1548516.jpg


(10)
a0140000_15482426.jpg


(11)
a0140000_15484586.jpg


(12)
a0140000_1549478.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-12-22 18:00 | | Comments(12)

風に惑わされて    ≪   ホシハジロ   ≫


風が出てきました。
溜め池の水面に波が立ち、鳥さんたちが揺らめきます。

バシャバシャと水飛沫をあげているのは ホシハジロ(星羽白) です。
対岸近くで羽ばたき始めました。
遠いけれど、せっかくのパフォーマンス、身を乗り出して狙ってみます。
やっぱり、遠いです^^;

茶色い頭と黒い胸、赤いお目々はオスです。
波に揺れますと、ピントが合いません。
どれもブレブレの証拠写真になりました。

どんな条件下でもしっかり撮れる腕が欲しい~! 
心を残して退散です。

(1)
a0140000_11513480.jpg


(2)
a0140000_11522764.jpg


(3)
a0140000_11524670.jpg


(4)
a0140000_1153191.jpg


(5)
a0140000_11531422.jpg


(6)
a0140000_11533236.jpg


(7)
a0140000_11535171.jpg


(8)
a0140000_1154475.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-12-20 18:00 | | Comments(10)

強烈なファッション~?    ≪   ヒドリガモ   ≫

対岸近くには、数種の水鳥がたむろしています。

モヒカンへアーにアイシャドウ、お洒落な鳥さんは ヒドリガモ(緋鳥鴨) のオスです。
この特徴のある姿は、私でも判ります。

強烈なファッションとは裏腹に、優しい眼差し・・・!?

近づいてもあまり警戒の様子がありません。
渡り鳥なのに、人馴れしているようです。

メスもいます(おそらくメス?)
嘴のステンレスの輝きで、メスと判断しました(違っているでしょうか?)

この子たちの奥目には難儀します。
角度により、目に光が届きません。
何枚も失敗しました。

苛つく私に関係なく、溜め池の昼下がりは冬の薄日が射し、穏やかな時が過ぎていきます。


(1)
a0140000_18302646.jpg


(2)
a0140000_18304225.jpg


(3)
a0140000_18305424.jpg


(4)
a0140000_18311026.jpg


(5)
a0140000_1831252.jpg


(6)
a0140000_18314166.jpg


(7)
a0140000_18315582.jpg


(8)
a0140000_1832951.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-12-18 18:34 | | Comments(10)

チャームポイントは、金色の目、小さな黒い瞳~☆    ≪   キンクロハジロ   ≫


溜め池で他の水鳥から離れた所に、3羽この子たちが遊んでいます。

金色の目、黒い羽、潜水鳥、これだけの知識でキンクロハジロ(金黒羽白)ではないかと・・?

特徴とされる冠羽は目立ちません。
お腹は茶色だし、メスでしょうか?

私の浅い知識では判別は難しく、少しずつ勉強です。

ピントが甘いのですが、羽ばたきが撮れました。

鳥撮り修行は三歩進んで二歩下がるです。


(1)
a0140000_194368.jpg


(2)
a0140000_19431353.jpg


(3)
a0140000_19443862.jpg


(4)
a0140000_19445344.jpg


(5)
a0140000_19452719.jpg


(6)
a0140000_19454122.jpg


(7)
a0140000_19455535.jpg


(8)
a0140000_19461085.jpg


(9)
a0140000_19462415.jpg


(10)
a0140000_19465942.jpg


(11)
a0140000_1947314.jpg


(12)
a0140000_19475989.jpg


(13)
a0140000_19483764.jpg


(14)
a0140000_19491549.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-12-16 19:52 | | Comments(10)

野に鏤めた赤いビーズ細工    ≪   フユイチゴ   ≫

大きなハート型の葉の陰にそっと顔を出している赤い実、
フユイチゴ(冬苺)です。

森の中の散策路ぎわに、スワロフスキーのビーズ細工を散らばしたように点在しています。

寒さが身に沁みるこの時期に、野でこの子に出会うと、仄々と嬉しくなります。
透き通るように瑞々しい赤です。

寒い季節に赤い実をつけることから 『寒苺(かんいちご)』 の別名があるようですが
私は “フユイチゴ” の語感のほうが何となく好きです。



冬苺山みちの照りやすきかな      加藤三七子



花言葉は、 真心の愛、尊敬と愛情


(1)
a0140000_0201533.jpg


(2)
a0140000_0205868.jpg


(3)
a0140000_0205337.jpg


(4)
a0140000_0212648.jpg


(5)
a0140000_0212169.jpg


(6)
a0140000_0215460.jpg


(7)
a0140000_0214968.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-12-14 18:00 | Comments(8)