<   2012年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

風鈴~!?    ≪   ウリノキ   ≫

植物園の奥まった所は湧水を利用して湿原ゾーンがあります。

流れに沿って登っていきますと、不思議な光景を発見!

大きな葉の陰に無数の細いものがぶら下がっています。

プレートに 『 ウリノキ(瓜の木)・・・ウリノキ科、ウリノキ属(落葉低木) 』 と、ありました。
低木といっても3mはあるでしょうか?

ぶら下がっているのは蕾でした。
所々に花が咲いています。

クルクル巻き上がった花弁と長いシベ・・・!
その姿は、まるで風鈴のようです。 
光も射しこまず、薄暗い場所ですが、ミツバチが盛んに飛びまわっていました。


花言葉は、 ・・・?


(1)
a0140000_0102286.jpg


(2)
a0140000_0112041.jpg


(3)
a0140000_0111392.jpg


(4)
a0140000_0122054.jpg


(5)
a0140000_012617.jpg


(6)
a0140000_0125045.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-06-30 19:00 | 植物 | Comments(8)

風の吹くまま~!?    ≪   トリアシショウマ   ≫

標高800mの植物園です。

本州中部以北に分布すると言う花が見られました。
トリアシショウマ(鳥足升麻)、ユキノシタ科 です。

60cm~1mの高さだそうですが、斜面にあった為か、もっと背が高い樹木の花だとばかり思っていました。
山裾の半日陰を好む多年草だそうです。

若芽の頃の茎が3つに分かれその形が鳥の足に似ている山菜で、ぬめりがある独特の食感らしいです。

粟粒のような真っ白の小花を円錐状につけ、風に揺れる姿は優雅に見えます。

けれど・・・

風の吹くまま~!? みんな同じ方向を向いてしまいます。

公園などで見かけるよく似た花、アスチルべ は、この種の園芸種のようです。

引き寄せた絵が撮れずに、花姿だけになりました (少し悔いています)


花言葉は、 来福


(1)
a0140000_1192143.jpg


(2)
a0140000_120731.jpg


(3)
a0140000_120728.jpg


(4)
a0140000_1204549.jpg


(5)
a0140000_1203865.jpg


(6)
a0140000_1211287.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-06-29 19:00 | 植物 | Comments(8)

意味深な花言葉・・・!?    ≪   ガマズミ   ≫

日ごとに緑が濃くなる森や山で、白い花をつける樹木は爽やかに映ります。

毬のようなひとつの花に見えますが、傍に寄りますと小さな花を沢山集めて咲いています。
上手く撮れませんでしたが、シベが元気ですねぇ。

一見、アジサイに似た美しい花、 ガマズミ(莢蒾) です。

秋になりますと、紅く熟した果実が美しく、花より観賞価値があるかも・・?

蜜が美味しいのでしょうか、小さな虫さんが、花の上にあちこちで見られました。


花言葉は、 結合、無視したら私は死にます

(1)
a0140000_17453039.jpg


(2)
a0140000_1745495.jpg


(3)
a0140000_1746438.jpg


(4)
a0140000_17463838.jpg


(5)
a0140000_1749257.jpg


(6)
a0140000_17505537.jpg


(7)
a0140000_17512566.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-06-28 19:00 | 植物 | Comments(8)

無口な美人    ≪   シライトソウ   ≫

林縁の仄暗いところに佇んでいる子たちがいました。

華やいだ声をあげ、喋るでもなく、コロコロと笑うでもなく・・・
ただ、黙って笑みを浮かべているだけです。

何を想っているのでしょうね~?

哀しげでも寂しげでもない美しい微笑を湛えて佇む子たち

シライトソウ(白糸草) は、ユリ科の山野草です。
学名はChionographis japonica 、
チノグラフィスはギリシャ語で 「雪の筆」 だそうです。
名前も学名も美しい~!

沈黙して突っ立っていても、心に残る美人さんです。


花言葉は、 ゆったりとした時間の流れ

(1)
a0140000_21361080.jpg


(2)
a0140000_21362040.jpg


(3)
a0140000_21365699.jpg


(4)
a0140000_21373643.jpg


(5)
a0140000_21375832.jpg


(6)
a0140000_21381985.jpg


(7)
a0140000_21383480.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-06-27 21:40 | 植物 | Comments(10)

爽やかな美しさ    ≪   チョウジソウ   ≫

薄青色の清楚なお花に出会いました。

白や黄色やピンクなどの花が多いこの季節に、新鮮な色です。
2cm足らずの小さなお花  チョウジソウ(丁字草) という名前の山野草です。

やや湿った草地に自生するそうですが、開発や造成、護岸工事などで生育地が失われ絶滅危惧種に指定されているそうです。

清楚で美しい姿とは裏腹に全草有毒だそうです。

今季初めてセセリチョウさんを見かけました。
見たことがない翅の色模様~? マダラセセリの仲間でしょうか?
動きが速く撮らせてもらえたのは、この一枚だけ・・・^^;

お花もチョウも初めての出会い~♪
美しい時間でした。


花言葉は、 威厳


(1)
a0140000_16283933.jpg


(2)
a0140000_16284021.jpg


(3)
a0140000_1629591.jpg


(4)
a0140000_1629123.jpg


(5)
a0140000_16294018.jpg


(6)
a0140000_16294364.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-06-26 19:00 | 植物 | Comments(10)

秘密を抱えて咲く~!?    ≪   キンシバイ   ≫

昨日は遠出をしました。

山の奥の藁葺き屋根の蕎麦屋さん、其処の石垣から小さな用水路に枝垂れる花があります。

直径3~4cmほどの濁りのない黄色い花、
花びらは全開しなくて慎ましやかな佇まいです。

出会いたかった キンシバイ(金糸梅)、初見です。

街なかで見かける園芸種とは一味違う優しさが見えます。

開ききらない花びらは秘密を抱えているような~!?
この子の花言葉のひとつに 「秘密」 があります。
そんな姿だと感じました。


花言葉は、 秘密、悲しみは続かない


(1)
a0140000_17283763.jpg


(2)
a0140000_1729647.jpg


(3)
a0140000_17292486.jpg


(4)
a0140000_17294457.jpg


(5)
a0140000_17355381.jpg


(6)
a0140000_1736667.jpg


(7)
a0140000_17305367.jpg


(8)
a0140000_1731543.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-06-25 19:00 | 植物 | Comments(8)

梅雨空に輝く黄色い花    ≪   ヒペリカム・ヒドコート   ≫

最近、見る機会が多くなったお花です。

キンシバイの園芸品種で花径:6センチほど、見栄えがするお花です。
日向でも半日陰でも成長が早く、お世話が殆ど必要ない植物として、
公園や街路樹の植え込みに利用されています。

同じオトギリソウ科の ビヨウヤナギ や ヒペリカム・カリシナム との出会いを楽しみにしていますが
今季は花の時期を逃してしまいそうです。

おもたい梅雨空の下で黄色に輝くお花は、ふっくらと優しげで温かい気持ちにしてくれます。


花言葉は、 悲しみを止める


(1)
a0140000_19183933.jpg


(2)
a0140000_19191337.jpg


(3)
a0140000_19193335.jpg


(4)
a0140000_19195712.jpg


(5)
a0140000_19202641.jpg


(6)
a0140000_19205024.jpg


(7)
a0140000_1921389.jpg


(8)
a0140000_19212210.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-06-23 19:23 | 植物 | Comments(10)

時々のお客さま~♪    ≪   ミニ花壇に ナミアゲハ と キアゲハ   ≫

お天気に左右されやすい私ですが、
朝から晴れ渡った良いお天気ですのに、カメラ散歩ができなくて・・・

家の前の菜園やミニ花壇を眺めながら過ごしました。

ナミアゲハがご訪問です!

今年、2度目でしょうか? まだ、チョウさんの訪れが少ない我が家の花壇
例によってピンボケ画をたくさん撮ってしまいましたが、削除処理も修行のひとつ!
反省しながら励んでいます。


ナミアゲハとキアゲハ、区別がわかり辛いです。
shizenkazeさんに教えていただきました(有難うございます)
翅の付け根が黒いのはキアゲハだそうです。



(1)~(4)は、ナミアゲハ

(1)
a0140000_2192550.jpg


(2)
a0140000_2193629.jpg


(3)
a0140000_2195753.jpg


(4)
a0140000_2110612.jpg


(5)~(8)は、同じ子です。
従って、キアゲハですね!

(5)
a0140000_21102671.jpg


(6)
a0140000_21103227.jpg


(7)
a0140000_21105584.jpg


(8)
a0140000_2111540.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-06-22 21:12 | 昆虫 | Comments(10)

雨の中で    ≪   ナンテンの花   ≫

激しくなったり弱くなったり、昨夜からの雨が途切れることなく降り続いています。

雨の日は気持ちが落ち着き、しっとりした外の光景も好ましいのですが、
カメラ散歩ができません。

小雨になった時を見計らって、庭に出てみました。

ナンテン(南天)の花 がたくさんの雫をつけています。

どちらかと言うと、果実の方がもてはやされますが、
梅雨時に米粒のような蕾から、6枚の花弁を開き中央の黄色いシベをもつ花も、
よく見ますと可憐で可愛らしいです。

まだ沢山の蕾がありますが、我が家のナンテンは実を結ぶものは疎ら~?
既にハラハラと散り始めているものもあります。
何が原因なのか? 蕾のまま散るものも多いのですよねぇ・・・!

雨の中のナンテンの花、瑞々しく元気ですが・・・
今年はどれだけ実を結ぶでしょう?


花言葉は、 私の愛は増すばかり、良い家庭

(1)
a0140000_1661983.jpg


(2)
a0140000_1662595.jpg


(3)
a0140000_167431.jpg


(4)
a0140000_167596.jpg


(5)
a0140000_1684488.jpg


(6)
a0140000_1694269.jpg


(7)
a0140000_16102480.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-06-21 19:00 | 植物 | Comments(12)

梅雨の晴れ間に    ≪   八重クチナシ   ≫

こちらでは何とか台風がそれて、
今日は蒸し暑いものの夕方には青空が見られました。

小さな公園に八重のクチナシが咲きはじめています。
クチナシも梅雨時の花です。

八重のものは果実を結ばず、香りも感じられないと認識していましたが
しゃがんでこの子に向き合っていますと、結構匂いたつような甘い香りがしました。

『 私はここに居るよ~ 』 とでも云っているようです。

どちらかと言うと、シンプルな一重のクチナシが好きな私のことを見透かしているような~!?

花が大きく華麗な雰囲気の君も素敵ですよ!
何よりも鬱陶しいこの日に、出会えたのですもの! 爽やかな姿をありがとう~!


花言葉は、 とても幸せ、私は幸せ者

(1)
a0140000_2018012.jpg


(2)
a0140000_20184783.jpg


(3)
a0140000_20185597.jpg


(4)
a0140000_20194699.jpg


(5)
a0140000_20194457.jpg


(6)
a0140000_2023957.jpg


(7)
a0140000_20202787.jpg


(8)
a0140000_20205680.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-06-20 20:24 | 植物 | Comments(8)