<   2012年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

love in a mist    ≪   ニゲラ   ≫

我が家の花壇の花です。

細かい糸状のレースのような葉に取り囲まれて、ユニークな姿を見せました。
花びらに見えるのは萼で、中央の地味なのが花です。
花を包む総苞と呼ばれる繊毛は 「美女のみだれ髪」、 または 「ヴィーナスのほつれ髪」 とも言われているそうです。

今年初めて挑戦しました。

花壇にしても植木鉢にしても、お世話に手こずるようになり徐々に減らしていこうと思いますのに、
目にした魅力に負けて益々増えてしまいます。
種を蒔き、芽が出て、育つ過程を眺め、花が咲けば大きな喜びをもらえます。

やっぱり、捨てがたい~^^

花の特徴やいわれ等を調べますと、ひとしお愛着が湧いてくるのですよねぇ~!

ニゲラは種子が黒いことから、和名を クロタネソウ(黒種草) といいます。
又、幻想的な花の様子から、英名を 「love in mist」、霧の中の恋・・・ 
「devil in a bush」、 繁みの中の悪魔 ・・・とも

どちらのイメージでご覧になりますか?


花言葉は、 夢路の愛情、深い愛、ひそかな喜び


(1)
a0140000_1512479.jpg


(2)
a0140000_1514016.jpg


(3)
a0140000_152194.jpg


(4)
a0140000_1522538.jpg


(5)
a0140000_1525981.jpg


(6)
a0140000_153718.jpg


(7)
a0140000_1533944.jpg


(8)
a0140000_1534036.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-05-31 19:00 | 植物 | Comments(8)

庭の小さな星~☆    ≪   シチダンカ   ≫

一般の紫陽花より少し早めに咲くヤマアジサイの一種です。

今年もその可憐な姿を見せてくれました。

紫木蓮の足元に置いていた植木鉢の底穴から根を出し、居着いてしまいました。
我が家に来てから15年余り~! 
挿木で育ったシチダンカ(七段花)です。

かつては幻の紫陽花と言われた花も、最近はすっかり馴染みの花になっているようです。

質素な佇まいの中にも凛とした気品が漂って・・・
見方によってはまるでお星様のような夢のある姿です。


花言葉は、 辛抱強い愛情、元気な女性


(1)
a0140000_1918911.jpg


(2)
a0140000_1918393.jpg


(3)
a0140000_19183637.jpg


(4)
a0140000_1919584.jpg


(5)
a0140000_1919592.jpg


(6)
a0140000_1919358.jpg


(7)
a0140000_19193331.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-05-30 19:20 | 植物 | Comments(8)

開園した秘密の花園~♪    ≪   クリンソウの群生   ≫

10日ほど前は、開園準備中で緑の絨毯が敷き詰められていただけでした。

再び訪れましたら、見事に花開いて山あいの窪地は華やかな光で満ち溢れています。
クリンソウ(九輪草)らしく花の輪が段になって重なっている子も見られます。

湿ったフカフカの腐葉土を、恐る恐る長靴で踏みしめながら近くまで下りてみました。

この日は、良く晴れ渡り強い日差しが木々の梢を通して、花の上に降り注いでいます。
光と影~! まだ私には手ごわい相手で撮り難い・・・!?

え~っ!! カメラマンが何組かいます。
誰も入らないであろう山深いこの地に・・・。
密かに『 秘密の花園 』 と名付けたこの場所に・・・?

勝手にドキドキして温めていた秘密を暴かれたような・・! そんな失望感が~^^;
そうですよねぇ。 こんな群生は知る人ぞ知るものですのに・・。


(1)
a0140000_19501768.jpg


(2)
a0140000_19503683.jpg


(3)
a0140000_19512957.jpg


(4)
a0140000_1951507.jpg


(5)
a0140000_19521861.jpg


(6)
a0140000_19533459.jpg


(7)
a0140000_1954682.jpg


(8)
a0140000_1955616.jpg


(9)
a0140000_19554589.jpg


花に虫さんが戯れています。
ホウジャク系の虫さんですが、色と翅の様子は初めて見るような~?
オオスカシバに似ていますが、少し小さいし、調べても判りませんでした。
これから、このような虫さんとの出会いが楽しみな季節です。


(10)
a0140000_1957052.jpg


(11)
a0140000_19573380.jpg


(12)
a0140000_19574864.jpg


私の 秘密の花園 は、今年で店じまい~!
来季からは、クリンソウの群生地 になりました。

(13)
a0140000_2021789.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-05-29 20:03 | 植物 | Comments(10)

道端で・・・    ≪   ハルジオン   ≫

探している訳ではないけれど
気がつくと、目にとまるこの時期の花

雑草とはいえ、愛らしい笑顔を振りまいて
時には、道の片隅で孤独を楽しむように遠くを見つめ・・・
色々な表情を見せてくれます。

ハルジオン(春紫苑)は、北アメリカ原産の帰化植物だそうですが、
今ではすっかり馴染んで、全国の道端や荒地などに自生しています。

花の咲く姿や表情は、眺める人の心を映して、
喜びや苦しみや哀しみまで、すべて包み込んでくれるものですね?


花言葉は、 追想の愛

(1)
a0140000_16222730.jpg


(2)
a0140000_16224454.jpg


(3)
a0140000_16231252.jpg


(4)
a0140000_16233941.jpg


(5)
a0140000_1624938.jpg


(6)
a0140000_16242610.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-05-28 19:00 | 植物 | Comments(12)

希望を託して~!?    ≪   ルピナス   ≫

公園の噴水の前は色とりどりの花で飾られています。

目立つのは花穂の長いルピナスです。

小さな蝶形の花がまるで藤が立ち昇るように咲くことから、和名を「ノボリフジ(昇藤)」といいます。
ひとつひとつの花は、マメ科らしい愛らしさです。

ここでも、蜂さんが熱心に蜜を集めているのが見られます。

花の下の葉っぱも魅力的ですね。
ヤツデや楓のような掌状に分裂して、花穂を支えているようです。

昇藤とは、縁起がよさそうな名前です。
かつて、追い詰められて心が揺らいでいた時期に、この花に出会い、希望を託しました。
叶うことはありませんでしたが、支えられた思い出の花になりました。


花言葉は、 母性愛、やすらぎ、いつも幸せ


(1)
a0140000_272376.jpg


(2)
a0140000_272129.jpg


(3)
a0140000_28723.jpg


(4)
a0140000_27534.jpg


(5)
a0140000_28417.jpg


(6)
a0140000_282614.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-05-27 19:00 | 植物 | Comments(10)

甘い香りに誘われて~!    ≪   カラタネオガタマ   ≫

うす曇りのなか、公園内を歩いていますと、何処からともなく馥郁とした甘い香りが漂って来ました。

花の香りにしてはトロピカルな~?
藤棚の傍の2,3本の樹木からの香りです。
3cmほどのクリーム色の花が咲いていました。

カラタネオガタマ(唐種招霊)、中国南部原産の常緑小高木です。

去年、お隣の県の植物園で初めて出会い、その香りと小さなタイサンボクに似た姿に魅了されました。

今年はチャンスがないものと諦めていましたのに、ここで逢えるなんて~!
年に数回訪れる公園ですのに、気がつきませんでした。

僅かの時期のズレで、出会えたり~! 出会えなかったり~!

人生の散歩道でも同じようなことが繰り返されているような気がします。


花言葉は、 甘い誘惑

(1)
a0140000_23523438.jpg


(2)
a0140000_23531641.jpg


(3)
a0140000_2353289.jpg


(4)
a0140000_23535020.jpg


(5)
a0140000_2354737.jpg


(6)
a0140000_23542175.jpg


(7)
a0140000_23543348.jpg


(8)
a0140000_23544929.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-05-26 19:00 | 植物 | Comments(10)

花よりだんご~^^    ≪   アイスランドポピー と ミツバチ   ≫

池の周りの花が吹く風に身を任せて、揺れながら微笑んでいます。

この時期の変わらぬ公園の光景です。

和紙のような花びらを持つアイスランドポピーは独特の愛らしい風情があり、
ついカメラを向けてしまいます。

ミツバチ君が花から花へと忙しく飛び回っています。
花粉だんごが重そうですね?

花撮りに来たはずですのに、だんごに注目~!?

黄砂なのか?
ここのところスッキリした光がありません。ちょっと、残念!


花言葉は、 慰め、七色の恋

(1)
a0140000_0485821.jpg


(2)
a0140000_0492831.jpg


(3)
a0140000_0494067.jpg


(4)
a0140000_0495438.jpg


(5)
a0140000_050661.jpg


(6)
a0140000_0502187.jpg


(7)
a0140000_050335.jpg


(8)
a0140000_0504733.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-05-25 19:00 | | Comments(8)

乙女の笑顔~!    ≪   タニウツギ   ≫

白い花が多いこの時期の森の中で、ひときわ鮮やかさが目を引く花があります。

高さは5m強、見上げないと撮れません。

蕾の紅色は一段と濃く、開いたロート状の花は淡紅色で思春期の乙女の集まりのようにフレッシュです。

タニウツギ(谷空木)、スイカズラ科の落葉低木だとのことです。
けれど、やっぱり見上げなければ・・・!?  苦手なのですよねぇ^^;

検索していましたら、こんな短歌に出会いました。


強引と思うばかりに蜂もぐる
       筒花ゆらぐタニウツギかな  鳥海 昭子

蜂が筒状に咲くタニウツギの花にもぐりこむと、紅色の花が大きく揺れます 美しい花ですが、
養蜂の家では、紛れ込むハチを恐れてタニウツギを嫌うのでした。



たしかに、蜂さんが花から花へともぐりこんでいました。
虫に出会うと連写してしまいます。 いつも納得できない絵を量産してしまいます。

頑張って修行を積まなければ・・・!


花言葉は、 豊麗、触れないで

(1)
a0140000_15144035.jpg


(2)
a0140000_15153139.jpg


(3)
a0140000_15153752.jpg


(4)
a0140000_15161097.jpg


(5)
a0140000_1516171.jpg


(6)
a0140000_15164539.jpg


(7)
a0140000_15164369.jpg


(8)
a0140000_15171839.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-05-24 19:00 | 植物 | Comments(6)

森の奥の日溜りで・・・!    ≪   ヤブデマリ   ≫

小鳥の囀りを聴きながら森の奥へと進みます。
杉木立が切れた所に小さな日溜りがありました。

まるで白いチョウが群れているような、一本の木があります。
ヤブデマリ(藪手鞠)、スイカズラ科の落葉低木の花です。

美しい装飾花が、風にそよいで白いチョウの舞のように見えました。

他のチョウさんも、一緒に戯れています。

檜の香りと鳥の声・・・
静かな森は清々しい空気がゆったりと流れています。


花言葉は、 覚悟、私を見捨てないで

(1)
a0140000_17265990.jpg


(2)
a0140000_17272494.jpg


(3)
a0140000_17274466.jpg


(4)
a0140000_1728111.jpg


(5)
a0140000_172816100.jpg


(6)
a0140000_17283128.jpg


(7)
a0140000_17284514.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-05-23 19:00 | 植物 | Comments(8)

幽玄の舞台で~!    ≪   フタリシズカ   ≫

森の奥の仄かな灯りの場所が彼女たちの舞台です。

渡る風が、杉や檜の梢を揺らしながら雅楽を奏でるこの季節になりますと
彼女たちは静かにしとやかに、思いを募らせて舞い始めます。

フタリシズカ(二人静)は、義経を思う静御前の舞に幽霊がつきまとって二人の舞になったため「二人静」の名前がつきました。

時おり射す木漏れ日が、篝火となって彼女の哀しげに舞う白い姿を浮き上がらせます。

思いが頂点に達した時、幽霊は二人になったり、三人になったり・・・!

『 しずやしず しずのおだまき 繰り返し むかしを今に なすよしもがな 』

耳をすますと幽かにそんな唄が聴こえてくるような~!?
この時期だけの幽玄の舞台です。


花言葉は、 いつまでも一緒に


(1)
a0140000_247570.jpg


(2)
a0140000_2473425.jpg


(3)
a0140000_2475479.jpg


(4)
a0140000_2481412.jpg


(5)
a0140000_2484393.jpg


(6)
a0140000_249241.jpg


(7)
a0140000_2492664.jpg


(8)
a0140000_2494190.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-05-22 19:00 | 植物 | Comments(8)