<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ネーミングに魅せられて    ≪   ガラスの花   ≫

どんなお花なのか、楽しみに秋に植え込んだものです。
とても地味な蕾が出てきて、2・3日前に開きました。

正式名はオーニソガラム・ヌタンス、
オーニソガラムも幾種類かあり、このような姿はヌタンスだけのようです。
ブルガリア、ギリシャからトルコ原産 、ユリ科だそうです。

園芸種のような華やかさがなく、
すっかりお気に入りになりました。
ガラスで出来たお花に見えるでしょうか?

(1)
a0140000_21535229.jpg


(2)
a0140000_21541610.jpg


(3)
a0140000_21543873.jpg


(4)
a0140000_2155067.jpg


(5)
a0140000_21552067.jpg


(6)
a0140000_21554942.jpg


(7)
a0140000_21561982.jpg


(8)
a0140000_21563450.jpg


(9)
a0140000_21565594.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-04-30 21:57 | | Comments(12)

別名はヤブケマン(藪華鬘)    ≪   ムラサキケマン   ≫

散歩道沿いの草を丁寧に刈り取るご老人がいます。
雨の日も風や雪の日も、お天気に関係なく一日中・・。
お掃除道具を自転車に積んで掃除をして回ります。

私が出会った野草たちはいつの間にか丸坊主にされて
この子たちとの出会いも半ば諦めていました。
藪の中を少し入ったところの崖の斜面で、見下ろしているのを見つけました。

陽があたらないやや湿ったところです。
ムラサキケマンにとっては絶好の場所のようですね。
昨日のナガミヒナゲシと同じように ケシ科の花です。
別名を「華鬘(けまん)」としたサイトもありましたが、
華鬘草は別の花です。あのユニークな姿の(鯛釣草)のことです。


ここなら草刈りにあわないで済むかもしれません。
期待していたところのお花が消えてしまっていると、
意気消沈、とてもガッカリするものです。

(1)
a0140000_21425021.jpg


(2)
a0140000_21433283.jpg


(3)
a0140000_21435512.jpg


(4)
a0140000_21441414.jpg


(5)
a0140000_21443526.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-04-29 21:56 | 山野草 | Comments(10)

場所を選ばず    ≪   ナガミヒナゲシ   ≫

この花が咲く時期はお天気が不安定なのでしょうか?
去年も雨の日に撮った記憶があります。
ここ2・3日、雨が降ったり、風が強かったり、そして、日が照ったり・・・!?
今日もそんなめまぐるしい日でした。

園芸種のような華やかな色合いのこの花、
私が気がついたのは数年前のように思います。
今は、この時期、何処でも見かけますよねぇ。
街なかの街路樹の根元にも、川の中州や草原、アスファルトの割れ目からも頭をもたげ花をつけています。

ナガミヒナゲシ、1961年に東京都世田谷区で確認されたそうです。
それでも50年は経っているのですね?
果実(芥子坊主)が細長いことからついた名前で、
ひとつの芥子坊主から1000~2000の種子(ケシ粒)をばら撒いてしまうために爆発的に繁殖しているようです。

我が家のミニ菜園横の空き地にも・・・
今年も機嫌よくこの子たちがお出ましになりました。
一日花のはずですのに、今は、毎日柔らかな花びらをフワフワとしながらご挨拶してくれます。

(1)
a0140000_2129224.jpg


(2)
a0140000_21292186.jpg


(3)
a0140000_21295778.jpg


(4)
a0140000_21301894.jpg


(5)
a0140000_2130339.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-04-28 21:36 | 植物 | Comments(10)

おしくらまんじゅう~!    ≪   ハナニラ   ≫

花壇のハナニラです。
縁取りにと思い、3年前に植えつけました。
球根はごく小さく、掘りあげても土からより分けるのは手間がかかり放置しています。
植えっぱなしでも、3・4年は大丈夫だそうですが、増えましたねぇ。

春を待ちわびていた頃は、覗いても蕾すら見つけられなかったのに、
気がつけばびっしりと花が咲き乱れ、まるでおしくらまんじゅうをしているようです。
これでは窮屈そうですし、来年あたりは間引いてすっきりさせてあげなければ・・!

(土いじり・・! ちょっと負担になってきているのですけれど・・・!?)
この子たちには内緒のつぶやきです。

(1)
a0140000_21413216.jpg


(2)
a0140000_21415598.jpg


(3)
a0140000_21422427.jpg


(4)
a0140000_21424838.jpg


(5)
a0140000_2143190.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-04-27 21:44 | | Comments(10)

庭の花木    ≪    ヤエザクラ   ≫

散歩道の桜並木はすっかり葉桜になりました。
今、庭には八重桜が満開です。
桜好きの家人が、行商の人から買った桜です。
もう20年になるでしょうか?
5本も6本も桜の苗を手に入れて・・!
狭い庭には植えるところがなく、ソメイヨシノと八重の二本を残して、里子に出しました。
どちらも、やせっぽっちですが屋根ほどの高さになり、
年毎に花を多くつけるようになりました。

あまり家の中のことは言いたくないのですけれど・・・!?
この花を見上げながら思うのです。
桜は大きくなるのが早いのですよねぇ~? 
この先、どうなることやら・・・!?

(1)
a0140000_221572.jpg


(2)
a0140000_2222310.jpg


(3)
a0140000_2224725.jpg


(4)
a0140000_22363.jpg


(5)
a0140000_2231959.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-04-26 22:05 | 花木 | Comments(18)

我が家のお花畑から    ≪   ムラサキハナナ   ≫

昨日の続きになります。
お天気が不安定で花散歩を怠っています。
このお花も、こぼれ種を拾い集めて花壇に植え付けました。
私の花壇はこぼれ種で、経費節約・・・!?
それでも沢山お花が咲き、春のひと時を楽しんでいます。

ムラサキハナナは寒さにあわないと花がつきにくいと言いますが、
今年の冬のあの極寒!  充分だったでしょうね。

アブラナ科オオアラセイトウ属で、中国原産です。

オオアラセイトウ(大紫羅欄花)、ショカツサイ(諸葛菜)、シキンソウ(紫金草)、ヘイワノハナ(平和の花)、Peace flower(ピースフラワー)  
随分沢山の別名がありますが、私は最初に覚えたムラサキハナナと呼んでいます。

雨上がりの先日、紫の海に酔いしれました。

(1)
a0140000_21524923.jpg


(2)
a0140000_21532331.jpg


(3)
a0140000_21543861.jpg


(4)
a0140000_2155274.jpg


(5)
a0140000_21553617.jpg


(6)
a0140000_21555342.jpg


(7)
a0140000_21562127.jpg


(8)
a0140000_21564088.jpg


(9)
a0140000_21565827.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-04-25 21:58 | 植物 | Comments(12)

雨上がり    ≪   リナリア   ≫

今日のお天気はめまぐるしく、
朝は陽が射し、昼頃は雷雨、夕方は陽が射すものの強風!
花散歩もままならず、我が家のお花畑で少しだけ遊びました。

ミニ菜園前に一畝だけのお花畑をつくっています。
リナリアは去年こぼれ種で植えつけましたが、思うように育たず、貧弱なものでした。
それでも種は飛ばしていたらしく、今年も出てきた芽を拾い集め、花壇に植えつけました。
丈は不揃いで思い思いに伸びていますが、小さな花を沢山つけました。

別名を姫金魚草、ひとつの花を見ると金魚の尻尾のような花を穂状につけます。
ゴマノハグサ科リナリア属
原産地はスペイン、北アフリカです。

強風の中、マクロで撮ってみましたが、金魚に見えるでしょうか?
イメージを描きながら花を植えつけますが
思い通りにはならず・・・!?
それでも、咲けば 「これもありか!」 で、楽しんでいます。

(1)
a0140000_2140599.jpg


(2)
a0140000_21413630.jpg


(3)
a0140000_21415743.jpg


(4)
a0140000_21422370.jpg


(5)
a0140000_21424561.jpg


(6)
a0140000_2143115.jpg


(7)
a0140000_2144574.jpg


(8)
a0140000_21445836.jpg


今日のお友達

ミニ菜園の白菜、
巻くこともなく白菜になりきれなかったものに花が咲き、チョウが遊びに来てくれました。
今季、初めてのチョウ画です。

(9)
a0140000_214857.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-04-24 21:48 | | Comments(16)

ランプシェードのような    ≪   バイモ   ≫

とりどりの花が咲き乱れる華やかな春の中で
葉っぱと同じような薄黄緑の佇まいのこの花は、地味な姿であるだけに惹かれます。

バイモ(貝母)はユリ科のバイモ属
葉は細いユリのような葉で、春になり、まだ少し寒いうちに枯れ葉の中から真っ先に柔らかい葉芽をすっくっと出して花をつけます。
その花は、内側が凝ったデザインなのですよねぇ~!
それが奥ゆかしくて茶花としてもよく親しまれているようです。
葉を良く見ると、花の付いた上部だけの葉が細く巻き髭の役割をしているようですね?
クルクルと可愛らしいです。
この花も、夏にはすっかり地上部が枯れてしまって姿はなくなり、春だけ見れる植物です。

逆光で見ると、まるでお洒落なランプシェードです。
花は、わずか3cmほどしかありませんが・・・。

(1)
a0140000_22103532.jpg


(2)
a0140000_22105688.jpg


(3)
a0140000_22111670.jpg


(4)
a0140000_22113085.jpg


(5)
a0140000_22115057.jpg


今日の小鳥さん

久々にメジロちゃんに会えました。
よそのお宅の木の上に・・?
塀越しの絵ですが、まだ、街なかに居たのですねぇ?

(6)
a0140000_22145759.jpg


(7)
a0140000_2215928.jpg


(8)
a0140000_22152434.jpg


(9)
a0140000_22154320.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-04-23 22:17 | 植物 | Comments(12)

日陰の微笑み    ≪   シャガ   ≫

この花は朝開いて夕方には萎むといいます。
一日花と知って気が焦っていました。

まだ、間に合うだろうか?

住人のいない空き家の庭先、
かって親しんでいたであろう門前の花壇で
この子たちは静かな笑みを浮かべていました。
誰が世話をするでもない錆び付いた鉄柵の中で草にまみれながら・・・。

種子をつくらないシャガは地下茎で繁殖、半日陰の湿り気のあるところが心地良いのだそうです。
ここは前には小さな川、桜並木が続き、お日様も優しい場所。
最適な環境なのでしょう。

木漏れ日が揺らめく昼下がり
今年もともすれば悩ましげにすら見えるこの子たちの微笑みに出会うことが出来ました。

(1)
a0140000_2142432.jpg


(2)
a0140000_214506.jpg


(3)
a0140000_2155180.jpg


(4)
a0140000_216338.jpg


(5)
a0140000_21134477.jpg


(6)
a0140000_21154441.jpg


(7)
a0140000_21155381.jpg


(8)
a0140000_21212159.jpg


(9)
a0140000_21162245.jpg


(10)
a0140000_21165385.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-04-22 21:17 | | Comments(14)

春の舞踏会    ≪   オドリコソウ   ≫

住宅街にある小さな家庭菜園の傍らの空き地です。
隙間がないくらいに群生していて驚きました。
去年は散歩道のわずかなこの花を愛おしく眺めていました。
それなのに、ここでは・・・!
花がついていない時は気がつかないものですねぇ。
所用の時にはわりに通る道なのに・・・?

ここには淡いピンクのもの、白花も共存、
春の舞台でダンスパーティをしていました。

オドリコソウは、花の形を笠をかぶった踊り子の姿にたとえてついた名前だと言います。
私には、バレーリーナのスカートに見えますけれど・・・?

4月から6月までの時期に 生まれたところの舞台のうえで
思いっきり春の踊りを乱舞します。


(1)
a0140000_21461329.jpg


(2)
a0140000_21463865.jpg


(3)
a0140000_21471297.jpg


(4)
a0140000_21472747.jpg


(5)
a0140000_2147472.jpg


(6)
a0140000_214884.jpg


(7)
a0140000_21482613.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-04-21 21:54 | 山野草 | Comments(10)