<   2010年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

区切りの花    ≪   ネムのハナ   ≫

門扉の横の 我が家のおもてなしの木、ネムノキです。
寒さがやってくる初冬まで、ポツリ・ポツリと、咲いてくれます。
ブログを立ち上げて、初めて掲載したのも この花 でした。
区切りの時に、登場してもらっています。

今日は、相棒のPC君の 入院 のお知らせです。
ご機嫌が悪く、なだめながら働いてもらっていたこの子も、とうとうそっぽを向いてしまいました。
思い切って、入院させることにしました。
2・3日だと云う診断ですが、それで済むかどうか?
とりあえず、元気になって戻ってくれることを願って、
私も、暫らく休息に入ります。

復帰しましたら、又、優しい皆さまとお会いしたく思います。
忘れないで下さいねぇ~^^

哀愁に満ちた晩秋の感傷に浸ることもないまま
冬がやって来たような寒さですが、皆さま、お身体ご自愛くださいませ。

a0140000_13413280.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-10-27 13:44 | | Comments(10)

木枯らし1号の吹く日に  ・・・  ≪   シュウメイギク   ≫

今日、こちらの地方では 木枯らし1号 が吹いたと、報じられました。
いきなりの寒さで、震え上がりました。

風が吹く中を久々に近所へ花散歩です。

(1)
a0140000_20295645.jpg

目にするのは、この子たち!

(2)
a0140000_20312591.jpg

年代が不明なほど古い時代に中国より渡来したと言われます。

すっかり日本の風土に馴染み、和の雰囲気 です。

(3)
a0140000_20341013.jpg

しゅうめいぎく(秋明菊) と云う名前ですが、キンポウゲ科のイチリンソウ(アネモネ)属だそうです。

(4)
a0140000_20381011.jpg

ピンクのお花も咲いていました。
美しいけれど、何故か白いお花に惹かれます。

(5)
a0140000_2040537.jpg

長い細い茎を横にのばし、その先でふんわりと咲くこの子たちの微笑みは、
心にしみいる美しさですが・・・!?

風邪に揺れて、撮り難いです! (ふぅ~!)

(6)
a0140000_20544318.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-10-26 21:01 | | Comments(12)

咲きはじめは、ためらう乙女   ≪   フジバカマ   ≫

庭園で季節の花を見つけました。
秋の七草のひとつです。

(1)
a0140000_20454836.jpg

プレートには 『 フジバカマ 』 と、あります。

(2)
a0140000_20472812.jpg

キク科の多年草で、 奈良・平安時代に薬草として中国から渡来してきたといわれています。
花の色は藤色で、花弁の形が袴のような筒状になっていることが名前の由来だそうです。

一生懸命見てみましたが、私の画像では判らないです。

(3)
a0140000_20502041.jpg

昭和30年代までは全国に自生していたといいます。
開発や、河川の護岸工事などで減少し、現在では絶滅危惧種となっているそうです。

(4)
a0140000_20573233.jpg

茎に赤みが差すようなものは全て、改良された園芸品種なのだそうです。
私はこの品種しか見たことがなく・・!?

先日、咲き始めの ためらうような姿 に惹かれて、一鉢買って来ました。

えっ~!  花言葉は・・!?  
『 ためらい 』 だったのです??

(5)
a0140000_21161233.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-10-25 21:24 | | Comments(11)

花言葉は 「秘めた意志」  ・・・  ≪   ホトトギス   ≫

我が家のホトトギスが咲き始めました。

(1)
a0140000_19574774.jpg

お隣から戴いて、今年で2度目の秋を迎えます。

(2)
a0140000_2003749.jpg

この夏の猛暑で葉っぱが傷み、お花をつけてくれるか不安でしたが ・・・!
耐え抜いて、見事に花開き、感動します!

(3)
a0140000_20412352.jpg

若葉や花にある斑点模様が、鳥のホトトギスの胸にある模様と似ていると云いますが
私はその鳥を知りません。

(4)
a0140000_20454229.jpg

大きな鉢のものを門前に置いて・・・。
通る方は 「ホトトギスが咲きましたねぇ~」 と、声をかけて下さいます。

(5)
a0140000_20532876.jpg

濃い紫色は華やかな印象が強いものですが、
このお花の佇まいは、 しっとりと淋しげで、深く心をゆすります。

(6)
a0140000_2058123.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-10-24 21:06 | | Comments(14)

我も恋う  ・・・  ≪   ワレモコウ   ≫

9月末の暑い日に、庭園を訪れ、訊ねてみました。
ブログ画で既にアップされているのを見ましたから、きっと、逢えると思っていました。

(1)
a0140000_20143924.jpg

「この暑さで、水遣りしても追いつかなくて、今年は駄目かなぁ~」
係りの方は、苦笑しながら仰いました。

(2)
a0140000_20172954.jpg

何とも残念で、諦めるしかありません。

(3)
a0140000_20193468.jpg

一ヶ月後の今日、所用のついでに立ち寄ってみました。
ホトトギスが咲いているかと思ってのことでした。

(4)
a0140000_20215820.jpg

吾亦紅は、終りかけてはいましたが、沢山の花をつけて迎えてくれました。

(5)
a0140000_20252915.jpg

われもまた 紅なりと ひそやかに  虚子         有名な句です。

神様が赤い花を呼び集める時、この花を加えるのを忘れたので、花が自ら、「吾もまた紅なり」と申し出た言葉が短縮されたらしい、など、、
諸説あって、真偽はつまびらかでないそうです。

恋しくて、やっと出会えたこの子たちは、足元を紐で括られて、一塊りになって庭の隅でざわめいていました。

(6)
a0140000_2041287.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-10-23 20:43 | 山野草 | Comments(16)

休耕田の華やぎ ・・・  ≪   コスモス   ≫

17日の日曜日には3千人の人々が訪れたとの報道がありました。
そんなに大規模なものではありませんが、
地域の方々が毎年開催している『 ふれあいコスモスまつり 』 です。

(1)
a0140000_19312722.jpg

混雑を避けて、翌日、行ってみました。
お花の状態が、少々心配でしたが、華やいだ笑顔に無事逢えました。

(2)
a0140000_19343086.jpg

休耕田約5ヘクタールに、およそ500万本のコスモスを、栽培しています。
昔ながらの背の高いコスモスに逢えはしましたが・・・?

(3)
a0140000_1945455.jpg

こんなに群生していると、どう撮って良いか判らず、
私は、カメラをぶら下げて、戸惑うばかり ・・・!?

(4)
a0140000_19473316.jpg

実は、1週間前にも訪れて上手く撮れなく、再チャレンジしに来たのです。
それでも尚、まだ、迷い続ける私に、
この子は、可笑しそうに笑っています。

(5)
a0140000_19523939.jpg

目の前を、幼い女の子が無邪気な声をあげて、駆け抜けて行きます。
親子連れやご老人で、この日も賑わうコスモス畑!

爽やかな風と、あかるい空間の中で、私は、気を取り直します。 来年までには ・・!

(6)
a0140000_206588.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-10-22 20:10 | | Comments(12)

フラワーセンターにて  ≪   アメジストセージ   ≫

宝石箱を開けると、目に飛び込んでくるパープルの宝石!
まるでそんなドキドキする佇まいを見せるお花です。

(1)
a0140000_1612254.jpg

美しいパープルの宝石を沢山つけた花穂が秋の風に揺れています。

(2)
a0140000_16161475.jpg

ご近所の庭先で見るこの子たちは、もっと茎も花も太く逞しいのですが、
ここに集う子たちは華奢な可憐な少女のようです。
花もまばらで・・? 咲きはじめだからでしょうか ?

(3)
a0140000_1623527.jpg

近くで見ると、ふわふわしたビロードのような衣を着ています。

【アメジストセージ】 ・・・ 紫蘇(しそ)科    ハーブの仲間、「サルビア・レウカンサ」、「メキシカンブッシュセージ」の名でも 呼ばれています。

(4)
a0140000_16292442.jpg

ビロードのような衣は萼片で、その先に白や淡桃、赤紫の小さな花をつけます。
まだ、お花は顔を出していませんでした。

観賞用のほかポプリやドライフラワーとして楽しむ方も多いとか?
宝石のアメジストの神秘的な色も大好きですが、この子たちの光の中を舞う笑顔も魅力ありますね?

(5)
a0140000_1638192.jpg


 
by soyokaze-1020 | 2010-10-21 16:40 | | Comments(12)

フラワーセンターにて    ≪   秋のバラ   ≫

広い園内には、椿や楓の森、牡丹や梅園、石楠花・紫陽花園、などなど数多いフィールドがあります。
1日1組限定で、フラワーウエディングも受け付けているそうです。

いい香りに誘われて バラ園 にやって来ました。

(1)
a0140000_13353473.jpg

空は高く、どこまでも青く・・・!
彩り豊かにバラ達は空に向かって気持ち良さそうに背伸びをしています。

(2)
a0140000_13412341.jpg

写真に撮るには苦手なお花ですが・・。
薔薇の花は、何故か昔から好きなお花です。淡い色も、強烈な色も、渋い色も・・。

(3)
a0140000_13483418.jpg

一人で生きて行こう~! と、お勤めに励んでいた若かった頃・・・。

(4)
a0140000_13564758.jpg

「 拾ってやる・・!」(未だに そう云い張っています)
と、云う人と共に歩いて来た数十年、
この月は、その記念の月です。

(5)
a0140000_1411163.jpg

明るい未来を夢見た日も、遠くになりました。

(6)
a0140000_1433326.jpg

今は、子供たちの未来が、穏やかで平和であって欲しいと・・・。
みつめる先が明るいものでありますように・・・!
ただ、それだけを願うようになりました。

(7)
a0140000_14164515.jpg

先ほど気がつきました。
今日が記念の日、でした(今まで、忘れたことがなかったのに~!?)
急遽、バラの花のアップに切り替え、今から、ご馳走作りをしなければ・・・^^

(8)
a0140000_1425576.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-10-20 14:27 | | Comments(10)

フラワーセンターにて ・・・ ≪   オオバギボウシ ?   ≫

池の周りの遊歩道を歩いていますと、道のわきに可憐なお花を見つけました。

(1)
a0140000_0385055.jpg

盛りを過ぎた、残り花のようです。

(2)
a0140000_043193.jpg

シベを思いっきり伸ばして、紫色の花びらを精一杯広げた姿を美しいと思いました。

(3)
a0140000_0472779.jpg

この子の足元にネームプレートがあります。

a0140000_0494470.jpg
ラッキーです!
調べるのに好都合・・?
なんの気なしにそれを撮りました。

(本当は、もっときちんと撮っていたら良かったのですが・・・)














調べては見たのですが・・・?

【大葉擬宝珠(おおばぎぼうし)】 ・・・ 百合(ゆり)科    主に山野に生え、葉っぱがでかい、花色は薄い青でほとんど白色に近いと云います。

又、

【小葉擬宝珠(こばぎぼうし)】 ・・・ 百合(ゆり)科     水湿地に生え葉は細く小さく、花色が濃い、と記されていました。

(4)
a0140000_057137.jpg

では、この子たちは ・・・!?
いつもの 迷い道 の中を彷徨わなければなりません。

(5)
a0140000_124193.jpg

そして・・・。
行きつくところは、 拘らずに行こう ・・・ です。

(6)
a0140000_126257.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-10-19 01:34 | 山野草 | Comments(12)

フラワーセンターにて  ・・・  ≪   コスモス   ≫

青空です。
爽やかなお天気のこの日、フラワーセンターを訪れてみました。

(1)
a0140000_19282347.jpg

広大な敷地の園内は、きれいに整備され
数々のお花が年間を通して華やかに彩るそうです。

(2)
a0140000_19323466.jpg

広い溜め池の周りは、コスモスです。

(3)
a0140000_19354273.jpg

さすがに管理が行き届き、どのお花もいきいきしています。

(4)
a0140000_19385781.jpg

最近、少なくなってきた セセリちゃんにも逢えました。

(5)
a0140000_19471655.jpg

管理されている公園などでは、病害虫駆除のため消毒が施されていますから、昆虫類は比較的少ないですよね?

その分、お花は輝くような華やかさです。

(6)
a0140000_19511197.jpg

休日で駐車場はかなりの車でしたが、広いことも有り園内の混雑は感じられません。

(7)
a0140000_19545225.jpg

池の周りの遊歩道を、お花を愛でながら気持良く歩けたのですが・・・。
ここでも コスモス は、やっぱり矮性です?
私のイメージするお花に、なかなか出合えません。

(8)
a0140000_2004266.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-10-18 20:05 | 風景 | Comments(14)