<   2010年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

夏の日の ・・ 憂い !  ・・・  ≪ 庭のセミ ≫

我が家の愛犬(黒ラブ)は、基本的には室内犬にしています。
庭の金木犀の木の下にも、かなり大きめのハウスもあります。
その木に・・・!?

(1)
a0140000_20501353.jpg

毎年、庭に沢山の穴を開け、セミが巣立っていきますので珍しくもないのですが・・・。
夕方の庭の水撒きで、ふと、見上げましたら、3匹も・・!
いえ、本当は4匹だったのですが、一匹は驚いて飛び立ちました。

(2)
a0140000_20552932.jpg

指が痛いのですが、思わず、カメラ!

我が家の黒ラブ君は、いま4歳、そろそろ落ち着いても良い歳なのですが
甘えん坊のヤンチャです。
その子が昨日、ナイロン袋に入った菓子パンをくわえて・・!!
そのまま呑みこんでしまったら、命取りです!

(3)
a0140000_21101453.jpg

体重27kの若き黒ラブと、体重も年齢もはるかに上である私と、
リビングで数分の格闘です。
血だらけになりながら、ナイロン袋を引っ張り出しましたが、
右手親指2か所、掌、腕と、傷を負い、 5針の縫合。 ( ヤンチャ坊主がなんともなくて、やれやれでしたが・・)

それにしても、診察を受け入れてくれる病院に辿り着くまで
4か所に連絡、当番医であってもなかなか受け入れてもらえず、
ローカルな中都市であっても、この貧困さ を身をもって体験しました。
私の場合、たいした怪我ではありませんが、
時間が限られた病気や怪我のことを考えると、そら恐ろしくなります。

夏のこの日のハプニングで感じた  夏の日の 憂い です。

(4)
a0140000_21285174.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-07-26 21:31 | 昆虫 | Comments(16)

お知らせ・・・です。

ドジな私の不注意で、右手を負傷してしまいました。
カメラ遊びも暫らくの間、不可能になりました。
抜糸まで、一週間はかかるとのことです。
救急処置で、縫合してもらいましたが、明日にはきちんと診てもらい詳しいことが判ると思いますが
暫らく、お休みいたします。

完治いたしましたら、又、お伺いいたしますので、
その時は、宜しくお付き合い下さいませ。

暑さ厳しい折、体調管理にご注意され、お健やかにお励みください。
by soyokaze-1020 | 2010-07-25 17:15

ハス池の小さな天使・・? ≪ チョウトンボ ≫

ハス池で、小さな生き物に出会いました。
楽しそうに飛び立ってはまた戻って、花や葉っぱにおりたっています。

(1)
a0140000_1935563.jpg

背中に羽をつけて舞う姿は、天使のようです。

(2)
a0140000_19373318.jpg

初めてみる生き物に、ドキドキしました。
羽は美しい光を放っています。

(3)
a0140000_19392432.jpg

柵を乗り越えて引き寄せてみましたが・・・!?  これで精一杯!
逢ってみたかった チョウトンボ、
美しい姿を汗まみれになりながら追ってみましたのに・・・。

(4)
a0140000_19451829.jpg

やりきれない暑さの中でしたが、
充実した ハス池 の昼下がりでした。

(5)
a0140000_19473663.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-07-24 19:50 | 昆虫 | Comments(14)

猛暑日の昼下がり ・・・ ≪ はす池 ≫

「 ある日のことでございます。 お釈迦さまは極楽のはす池のふちを、ひとりでぶらぶらお歩きになって・・・ 」

ご存知 芥川龍之介の 「くもの糸」 の書き出しです。

はす池にやって来ました。

(1)
a0140000_1530674.jpg

花のお寺で出会った紳士が ここから30分ほどの処に 「蓮池がある」 と、案内して下さいました。
ご住職が 「この方はカメラマンです」と、紹介して下さった方です。

(2)
a0140000_1538545.jpg

訪れたことのない町の ある公園です。
ギラギラ太陽の照りつける昼下がり・・・!

(3)
a0140000_15432836.jpg

蓮の花は 午前中が良い とのことですが、なんとか開いているお花を見ることが出来ました。
初体験です。

(4)
a0140000_15465157.jpg

私のレンズを見て 「そのレンズはシャッター速度が遅いから、使わないまま家で寝ています」と、その紳士。
まだ、使いこなせていないのに、ちょっとショック!
「・・・聞かなかったことにします・・!」 お互いに笑いながらの雑談のひとこまです。

(5)
a0140000_15581118.jpg

カメラのこともレンズのことも理解しないまま、ただ 撮っているだけの今の私です。
はす池も初体験、 証拠写真だけのような画像ばかりになりました。

「 極楽のはす池のはすは・・・。その玉のような白い花は、 お釈迦さまのおみ足のまわりに、ゆらゆら萼(うてな)をうごかして、
そのまん中にある金色のずいからは、なんともいえないよいにおいが、たえまなくあたりへあふれております 」

遠い昔に読んだ 「くもの糸」 思い返しました。

(6)
a0140000_1645716.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-07-23 16:05 | | Comments(12)

夏空に 真昼のシャンデリア ・・・≪ ノウゼンカズラ ≫

新聞の地方版の 「見ごろを迎える」 の、記事を見て、訪ねてみました。

我が家のは切り詰められて、一輪も咲かない状態のお花です。

(1)
a0140000_14551336.jpg

「花のお寺」と呼ばれ、最近、有名になりつつあるという小さな寺院でした。
ここには、100本もこの花が境内にあるとのことです。

(2)
a0140000_1459351.jpg

【凌霄花 (のうぜんかずら)】 ・・・ 凌霄花(のうぜんかずら)科   中国原産の落葉つる性木本です。

(3)
a0140000_15205291.jpg

「新聞社の方が来た時は参院選の前で、ちょうど見頃だったのだが・・・」 と、ご住職。
選挙などのニュースで遅れて、昨日の掲載になったのだそうです。

白壁に垂れ下がる花は、見事さが偲ばれます。

(4)
a0140000_15255179.jpg


 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリア   中村草田男

横一面のものは、撮り方が判らず・・・!?
ぶら下がって咲くさまは、 さながら 真昼のシャンデリア ですね?

(5)
a0140000_15331426.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-07-22 15:41 | | Comments(10)

猛暑の夏空に ・・・ ≪ ヒマワリ畑 ≫

梅雨が明けて、連日 快晴!
そして ・・・ 猛暑!

ヒマワリ畑にやって来ました。

(1)
a0140000_1841757.jpg

夏の花の代表は、何と云ってもこの子達です。

(2)
a0140000_1865447.jpg

太陽に向かって、大きく背伸びする姿は、
暑さを感じさせないほど爽やかな笑顔!

(3)
a0140000_18133456.jpg

「ヒマワリレストラン」で、ハチさんも忙しそうです。

(4)
a0140000_18152122.jpg

この暑さですのに、「ヒマワリ祭り」には、大勢の家族連れが ・・・!
ヒマワリで作られた 迷路 などで、大はしゃぎです。

(5)
a0140000_18182583.jpg

地元の人たちが、毎年、心をこめて育て上げたヒマワリ
今年も150万本、場所をずらして咲き誇るのだそうです。

(6)
a0140000_18482259.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-07-21 18:52 | | Comments(14)

真夏日の花壇で ・・・ ≪ 小さな蝶たち ≫

真夏日です。

通りに面した小さな花壇で 小さなチョウさん に出会いました。
イチモンジセセリ、 今年、初めての出会いです。

(1)
a0140000_1622588.jpg

こちらは チャバネセセリ? ハッキリ判りませんが、羽の模様が少し違うような・・?
どちらも、この大きなお目々がとても可愛い~!

(2)
a0140000_16273527.jpg

マリーゴールドの黄色の海で・・・。
モンキチョウの波乗りです。

(3)
a0140000_16303955.jpg

だれか覗いていますが、小さすぎて判りません。

(4)
a0140000_1633548.jpg

時おり微かに吹く風はあっても、ジリジリの日照りでは私は汗はダラダラ、頭はクラクラ・・!?

小さなチョウさんたちは、そんなことはお構いなく、元気です。

(5)
a0140000_16381032.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-07-20 16:41 | 昆虫 | Comments(14)

冷蔵庫の中から ・・・ ≪ 百合根の花 ≫

庭の片隅の壁際に咲いたお花です。

蕾が大きくなっていましたから、2・3日後には咲くかしら?
思っていたのは、昨日のことです。

(1)
a0140000_20473771.jpg

今朝、出かける用事があり、早めに洗濯を済ませて、
ふと見ると、もう、咲っ切っていました。

(2)
a0140000_20511785.jpg

時間がなく、その時は会釈だけ・・?
夕方見ますと、今しかないっ! と
明日は花びらが落ちているかも・・・? (劇的に変化したものですから・・)

(3)
a0140000_2171334.jpg

この子達は、大鋸屑の布団にいれられ、ナイロン袋のシェルーターの中で
およそ半年、冷蔵庫で眠っていたのです。

オニユリ? コオニユリ? 
どちらでも良いのですけれど、無事咲いてくれました。
一歩の違いで、生ゴミになるところでしたもの ・・・!

(4)
a0140000_2115194.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-07-19 21:19 | | Comments(10)

初夏の庭園に咲く ・・・ ≪ フジウツギ ≫

紫がかった筒状の花が咲いています。

この間見た 「チョウを呼ぶ木」 に似ています。

(1)
a0140000_19284943.jpg

ブットレア は、華やかで高さもあり、目をひきましたが
この木は、2mに満たない細い枝に 楚々とした佇まいのお花です。

(2)
a0140000_196423.jpg

【 ふじうつぎ(藤空木)】 ・・・ フジウツギ科    落葉低木。本州、四国の向陽地に自生する。1878年に欧州に入る。 と云う記述がありました。

ここは、管理されている 日本庭園 です。

(3)
a0140000_19141187.jpg

花穂を見ると、藤の花 にも似ています。 それが名前の由来でしょうか?
今日は、風もあり、チョウは見られません。

管理されている公園や庭園などは、雑草や昆虫などが少なく、少し残念ですね?

(4)
a0140000_1922103.jpg

有毒だそうです。

枝葉を砕いて水に投げ入れると魚は中毒して浮き上がるので「酔魚草」という。これサポニンの一種を含むがためである。

などと、出ていました。

(5)
a0140000_19261855.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-07-18 19:43 | 山野草 | Comments(14)

梅雨明けの日 ・・・ ≪ サルスベリ ≫

朝から明るく晴れ渡りました。

梅雨明け宣言も出され、いよいよ 夏 の到来です。

(1)
a0140000_17521891.jpg

とは云え、蒸し暑く、外出する気になれず・・・。

折角の青空ですから、少しだけ 花散歩 です。

(2)
a0140000_17582617.jpg

よそ様のお庭の サルスベリの花 が、ピンク色の笑顔です。

(3)
a0140000_1812566.jpg

こちらは、もっと濃い色の背の低いお花です。

禊萩(みそはぎ)科 のこのお花は、100日間もの長い間、咲き続けていることから
【百日紅 (さるすべり)】 と名付けられたそうです。


(4)
a0140000_1854820.jpg

「散れば咲き 散れば咲きして 百日紅」    加賀千代女(かがのちよじょ)

実際には、一度咲いた枝先から再度芽が出てきて、花をつけるため、咲き続けているように見えるということです。
大木のこの花を撮りたかったのですが、ちょっとだけの花散歩で、梅雨明け宣言です。

(5)
a0140000_18172720.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-07-17 18:19 | 花木 | Comments(17)