<   2010年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

光の戯れ ・・・ ≪ 枝咲きチューリップ ≫

プランターの 枝咲きチューリップ が、盛りを過ぎようとしています。
a0140000_15173141.jpg

今年はわりに長いあいだ楽しめました。
冷たかった春のただ一つの恩恵?
a0140000_15205789.jpg

何気なく窓ガラス越しに、庭に目をうつすと・・・?
a0140000_15253915.jpg

モクレンの足元のこの子たちに、一筋の光が・・!
a0140000_15305987.jpg

ランプを灯し、辺りを照らしているようです。
a0140000_15372554.jpg

お茶目な光の戯れは、クンシラン をも,くすぐっています。
a0140000_1542585.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-04-30 15:48 | | Comments(10)

仄めいて ・・・ ≪ 白いフジ ≫

庭園のお休み処は藤棚になっていました。
気がつくのが遅く、夕方の陽は傾きかけています。
a0140000_2143832.jpg

白い藤の花 が咲き始めています。
a0140000_2111314.jpg

棚の屋根部分だけに、混みあうように集まり、光を求めているようです。
a0140000_21135311.jpg

棚からぶら下がっている独特の姿は、まだこの子だけ・・?
a0140000_21174359.jpg

いかにも マメ科 らしい花と蕾です。
これから華やいだ姿を見せてくれるでしょうが、まだ寂しさ漂う 白フジ です。
a0140000_21284936.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-04-29 21:36 | | Comments(12)

・・・ 座れば~の、あでやかさ ・・・ ≪ ボタン ≫

不安定なお天気のまま、春は過ぎ去ろうとしています。

いつもこの時期に咲き誇る 牡丹園 にやってきました。

(1)
a0140000_15565698.jpg

大輪の花が見事に咲き揃っています。

(2)
a0140000_16193962.jpg


去年は大雨で、花は崩れていたし、その前は既に散り終えていたし・・?
散ってしまい花のない庭園で「牡丹祭り」をしていて、なんとも興ざめな思いをしたこともありました。

(3)
a0140000_1613359.jpg

翌日は 雨の予報、うす曇りではあるけれど、
久々に美しいお花が見られ、ルンルン気分です。

(4)
a0140000_16251967.jpg

沢山の色のお花が勢ぞろいして、どう撮って良いのやら・・!?

(5)
a0140000_1631412.jpg

これぞまさしく 牡丹色 でしょうか?

(6)
a0140000_16325973.jpg

【牡丹 (ぼたん)】 ・・・ 牡丹(ぼたん)科      「原産国」・・・中国原  日本へは奈良時代に渡来してきたらしく、弘法大師が持ち帰ったとの説もあるのだそうです。

(7)
a0140000_1634480.jpg

花が大きいため、どの木にも支え棒がしてあります。(仕方がないですね?)

(8)
a0140000_16462814.jpg

白の大輪の横顔

(9)
a0140000_16481765.jpg

仕方がないことが、もうひとつ・・?
花の傍には、短冊がぶら下げてあります。

(10)
a0140000_16525968.jpg

短冊をよけて・・・!

(11)
a0140000_1656264.jpg

「俳句愛好会」の方々の句なのでしょう?

シャッターに 夢をあずけて 散る〇〇〇   と詠ってありました。

(12)
a0140000_172204.jpg

まさに豪華絢爛、百花の王にふさわしい 牡丹 
別名は 「名取草」(なとりぐさ)、「二十日草」(はつかぐさ)、「深見草」(ふかみさ)。とありましたが、馴染みがないですね?

ちなみに、よく似た「芍薬」は草、牡丹は木、だと云うことです。

(13)
a0140000_17125411.jpg


たくさん見て頂き有難うございました。
by soyokaze-1020 | 2010-04-28 17:18 | | Comments(14)

緑の風の中で ・・・ ≪ ドウダンツツジ ≫

若葉に包まれた緑ゆたかな庭園です。
a0140000_15411611.jpg

木々の根元にある低木に、可憐な壺型の花が沢山咲いています。
a0140000_1544541.jpg

それぞれにシベを少しだけ覗かせて、ぶら下がって咲くさまは何とも愛らしい姿です。
a0140000_15495774.jpg

木漏れ日をあびると、一瞬ランプに灯を点したような・・?
a0140000_16202516.jpg


夢の世界が広がります。
a0140000_15563448.jpg

夕方の陽射しはアッと云う間に逃げてしまい・・?
a0140000_15581946.jpg

この子たちは静かな風の中に身をゆだねます。

【灯台躑躅 (どうだんつつじ)】 ・・・ 躑躅(つつじ)科     枝分かれする形が「燈台」(燈明台、または結び燈台、燭台(しょくだい)とも)に似ていることからついた名前だち云います。
                                     白い花が咲きほころぶさまを満天の星に見立てたところから、「満天星躑躅」とも書くこともあるそうです。
a0140000_1611276.jpg

種子または種子殻でしょうか? 見つけました。
お花は下を向いていますのに、上向きについています。
遠くへ飛ばす為の知恵なのでしょうか?
a0140000_16164934.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-04-27 16:24 | 花木 | Comments(14)

葉っぱの影で微笑んで ・・・≪ カリン ≫

近所のお宅のブロック塀から覗いているお花です。
a0140000_1942232.jpg

この木には秋に果実が生っていることに気がついていました。
どんな花が咲くのか気になっていました。
a0140000_19742.jpg

緑の葉っぱの影に、ポツン、ポツンと花が見えます。
花盛り・・・? と、云うほどのお花をつけません。
a0140000_1910338.jpg

久々に見上げましたら、お花は既に終わりかけ・・・!?
果実が膨らみかけていました。
a0140000_191414100.jpg

【花梨 (かりん)】・・・薔薇(ばら)科      1000年以上前に日本に渡来したと云われます。
                           実は香りよく、のどの薬として有名。
                           「カリンポリフェノール」という成分を含んでおり、のどの炎症をしずめて風邪やぜんそくのせきを止め、たんを取る効用があります。
a0140000_19203327.jpg

そういえば、「のど飴」にも カリン というのがありますね?

あまり目立たない小さなお花ですが、高い木の上でひっそりと微笑んでいるようです。

a0140000_19322655.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-04-26 19:37 | | Comments(14)

季節の移ろいを感じて ・・・ ≪ ツツジ ≫

春らしい陽気になりました。
久しぶりに所用で街に出かけましたら、気がつかない間に ツツジ が咲き始めていました。
a0140000_19495781.jpg

車道と歩道の境に植えられているこの花は、
街路樹の根元を華やかに彩ります。
a0140000_19531381.jpg

用事を済ませての帰り道ですので、日は傾きかけています。
a0140000_2023395.jpg

艶やかな色とりどりの ツツジ の中に、この子が目にとまりました。
a0140000_2051768.jpg

街の中は、花盛りになると花のベルトが敷かれたように華やぎます。

天候不順であっても、季節は確実にすすんでいます。
a0140000_2091752.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-04-25 20:12 | 花木 | Comments(12)

雨上がり 風にそよそよ~ ・・・≪ ヤエザクラ ≫

4月11日、 庭の 八重桜 の蕾がほころび始めました。
a0140000_22223333.jpg

それから、10日以上もかかって、やっと満開を迎えて・・?
今年の春は、3歩下がって2歩進む・・状態!?
a0140000_22265333.jpg

冬に逆戻りのような気温、そして冷たい雨続き・・・!
のどかな春日和を、だれもが望んでいますのに、めまぐるしいお天気の変化。

時間がかかっても、お花は季節を感じて、花開きますね?
a0140000_22342950.jpg

私は このお花のフワフワ感に、安らぎを覚え見上げています。
a0140000_22424818.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-04-24 22:45 | 花木 | Comments(8)

風に揺らぐムラサキの ・・・≪ ツルニチニチソウ ≫

色も、大きさも、園芸種のような華やかな姿です。

(1)
a0140000_17363039.jpg

真冬でも、ポツン、ポツンと咲いていましたから、耐寒性はある花だと思っていました。

(2)
a0140000_17401067.jpg

この春は、殊に花を沢山つけ、散歩道沿いの崖まで這い上っています。

(3)
a0140000_17422571.jpg

【蔓日日草 (つるにちにちそう)】・・・夾竹桃(きょうちくとう)科   「原産国」・・・地中海沿岸
                                        ヨーロッパでは、常緑で冬の間も枯れないので、不死の力や魔力を持っていると 信じられていたと云います。

(4)
a0140000_17502243.jpg

散歩時に、蔓の先を10㎝ほど摘み取り、マキの木の根元に挿してみました。
去年は一輪だけ咲いた花が、今年はかなり沢山咲きそうです。

(5)
a0140000_17562959.jpg

調べてみますと、『 萼片に毛があるのがツルニチニチソウ,毛がないほうがヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草) 』だと出ています。

(6)
a0140000_1804098.jpg

この子たちは、どっちなのか・・?
画像で見る限りでは、判りません。
繁殖力が強く、野生化した園芸植物、元々は花壇などのグランドカバーに使われていたようですね?

『別名』・・・ビンカ

(7)
a0140000_18115788.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-04-23 18:29 | | Comments(14)

菜園の春 ・・・ ≪ 野菜の花 ≫

昨日のあの春日和は何処へやら・・?
今日は冬に逆戻りの気温です。
そのうえ、ゆうべ夜半から、雨が降り続き、菜園の住民たちはしっぽり雨にうなだれ絵になりません。

昨日撮った野菜の花です。
大根の花・・・!
a0140000_16455683.jpg

ブロッコリー・・・!
a0140000_16471718.jpg

白菜・・・!
a0140000_16485020.jpg

ツタンカーメンのエンドウ・・・!
a0140000_16501539.jpg

これは五月になれば収穫できそう・・?
a0140000_16524446.jpg

ウスイエンドウ・・・!
a0140000_16575328.jpg

どれも収穫を期待して種まきをしますのに・・?
食するのはごく僅か!   家族から笑われています。
それでも、俄か農婆の私は、花畑と化した マイファームで心は平和・・・? かな?
ホウレンソウも春菊も蕾をつけてスタンバイしています。

キヌサヤ・・・!
a0140000_17105182.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-04-22 17:13 | | Comments(12)

どんな処にも!? ・・・ ≪ ナガミヒナゲシ ≫

散歩時に、もうすぐあのフワフワした花がいっせいに咲くのでは? と、心待ちにしていた処があります。
ある日、そこを訪れますと、草刈がなされていて丸坊主に・・?

あまり動けない今、貧弱ですが菜園の雑草を撮ることに・・・。
a0140000_16475875.jpg

道路際の僅かな土の処やコンクリートの隙間などから芽を出し、この時期に咲く花、
成長が遅く、どんなに背丈が小さくても、必ず花をつけ、実を結び、種をばら撒く強健ものです。
a0140000_1649458.jpg

花は一日花で朝開いて、ともすれば正午には花びらを落とすことも・・・!

【長実雛芥子(ながみひなげし)】・・・けし科  1年草   「原産国」・・・中欧~地中海沿岸
                                   果実(芥子坊主)は細長く、このことからこの名が付けられたと云います。
a0140000_1651032.jpg

道路際の僅かな土の処やコンクリートの隙間などからも芽を出し、花を咲かして繁殖力旺盛!!
a0140000_170252.jpg

私はまだ花を見ないうちに抜いていましたが・・・

お隣の幼稚園児が 「この花、好き!」
と云う言葉で、今年はまだ抜かずにいます。
a0140000_1734310.jpg

気温が上がって来るこれからの季節、
このままでは大変なことになるのでは・・・!?
a0140000_1781097.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-04-21 17:12 | 山野草 | Comments(14)