<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

雑草化したと云うけれど・・・≪ ムラサキハナナ ≫

里山を下りきった林の入り口に、一塊りになって咲いています。
目に鮮やかな紫色・・・
a0140000_16533587.jpg

私は ムラサキハナナ と呼んで花壇に植えています。

【花大根 (はなだいこん)】・・・油菜(あぶらな)科しょかつさい属   東アジアから渡来と云う説と、江戸時代、中国から持ち込まれたと云う説があります。
a0140000_174772.jpg

生命力が強いため野生化し日本中に帰化、もはや雑草化しているといいます。
知らなかったのですが・・?
そう云えば、散歩道の川の中州でも見かけることがあります。
a0140000_17102469.jpg

こちらは、秋に種まきをして定植した我が家の花壇のものです。
a0140000_17131559.jpg

美しい花姿は、とても雑草とは思えませんね。
呼んでいた ムラサキハナナ は、別名として処理されていました。他の別名はショカツサイ(諸葛采)、オオアラセイトウ、など・・。
a0140000_1718942.jpg

又、ハナダイコンは【あぶらな科ヘスペリス属】 原産地 地中海沿岸であり、 ムラサキハナナ とは別物である と云う人もいます。
a0140000_17244699.jpg

困惑しますので、
美しいから愛でるだけ! と云うことにします。
a0140000_1733838.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-03-31 17:35 | | Comments(10)

春のはかない命・・・≪ カタクリ ≫

春の陽気とはほど遠い、風が冷たいうす曇りの日です。
「大イトザクラ」を見たその足で、里山に立ち寄りました。
a0140000_15113525.jpg

40年前に山の斜面の栗林をを切り開き、自生している かたくり を保護している方が
この時期、そこを公開しているとききました。

影になっている場所のこの子はまだ目覚めが遅く・・・?
a0140000_15222022.jpg

薄日を浴びて、ようやく目覚めた子も・・・?
a0140000_15276100.jpg

【片栗 (かたくり)】・・・百合(ゆり)科   多年草

種子が地中に入ってから平均8年でようやく2枚の葉を出して開花すると云います。
絶滅危惧種だと聞きました。
a0140000_15392783.jpg

5月頃には葉も枯れて、あとはずっと翌年の3月まで、1年のうちの10ヶ月の間は地中で球根のまま休眠するのだそうです。
地上では2カ月の命!   儚いですね?
a0140000_15442563.jpg

それでも、僅かな日だまりの中、精一杯輝いています。
a0140000_1546239.jpg

シロバナカタクリも、仲良くお喋りです。
a0140000_15493520.jpg

いきなり、風が吹き大粒の雨が・・!!

この子たちも大騒ぎで、花びらを閉じようとしているかのよう・・?
私もずぶ濡れになりながら、車に駆け込みました。
a0140000_1553317.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-03-30 15:58 | 山野草 | Comments(14)

天から降りそそぐように・・・≪ 大イトザクラ ≫

山あいの小さなお寺の枝垂れ桜が咲いたと聞き、尋ねてみました。
a0140000_16504476.jpg

幾重にも枝をしならせて、小さなうすべに色のたくさんの花を付け、壮観です。
a0140000_1657062.jpg

2,3cmの柄の先に、2㎝くらいの花を一花房に5,6個、散形状につけています。
a0140000_1752141.jpg

この日は曇り空、小さな花の優しい色が上手く出ません。
a0140000_1792225.jpg

推定約樹齢・・・300年   根回り・・・8m   高さ・・・13m

大きな古木です。
a0140000_17163318.jpg

見上げるとまるで天から花が降りそそいで来るような・・・?
うす曇りで、下から見上げて撮ると綺麗な絵が撮れません。
仕方なく、横から・・・
a0140000_1720974.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-03-29 17:24 | 花木 | Comments(14)

春に積もる雪・・・≪ ユキヤナギ ≫

三月も末だというのに、ちっとも春らしくなりません。
いっそのこと、雪を・・・?
と、このお花を選びました。
a0140000_18183579.jpg

遠くから眺めると、まるで雪が積もっているようです。
a0140000_182335.jpg

【雪柳 (ゆきやなぎ)】・・・薔薇(ばら)科    耐寒性落葉低木    「原産地」・・日本、中国
                            雪がヤナギ(柳)に舞い降りたような草姿に見えることからつけられました。
a0140000_18274889.jpg

我が家の ユキヤナギ です。
狭い庭に、気ままに伸びて来るので思いっきり切り詰めましたら・・・!?
a0140000_1831257.jpg

コンパクトな花姿をイメージして剪定したのですが・・?

『別名』・・・コゴメバナ(小米花)     花言葉は「愛嬌(あいきょう)だそうです。
a0140000_18383199.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-03-28 18:41 | 花木 | Comments(12)

南国土佐の春告げ花・・・≪ トサミズキ ≫

昨日に続いて、この時期に目立つ淡い黄色のお花です。
a0140000_18223831.jpg

どちらの花も、今年初めて知ったお花です。
a0140000_1824769.jpg

【土佐水木 (とさみずき)】・・・満作(まんさく)科    落葉低木
                                土佐(高知県)の蛇紋岩地帯に自生していると云います。
a0140000_18292299.jpg

ヒュウガミズキより、高い枝に咲いていました。
ユニークな姿ですね。

同じような花になりますが、私の中の記録として・・・!
a0140000_18333535.jpg

夕方、帰宅途中で見つけた  「さくら」 
開花も間近ですね!
a0140000_1836430.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-03-27 18:38 | 花木 | Comments(14)

淡い黄色が可憐に揺れて・・・≪ ヒュウガミズキ ≫

古い白壁の花影がせわしなく揺れていました。
見やると淡い黄色の小さなお花です。
a0140000_18194892.jpg

細い枝にぶら下がりながら揺れ、ピントが合いません。
a0140000_18221847.jpg

風が吹き、飛ばされないようにしがみついています。
a0140000_18272929.jpg

【ヒュウガミズキ 日向水木】・・・マンサク科   落葉広葉樹 低木
                              「原産地」・・ 日本
a0140000_18314864.jpg

「日向~」の名前の由来は、 日向(宮崎県)に多く植栽されていた、という説と、
明智日向守光秀(みつひで)の所領だった丹波地方(京都北部)に多く植栽されていた、という説があると云います。
a0140000_1928759.jpg

名前は知っていましたが、初めて出会ったお花です。
思っていた以上に、小さくて可憐な子達でした。
a0140000_1934986.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-03-26 19:38 | 花木 | Comments(10)

春を呼ぶ ともしび・・・≪ 白アセビ ≫

紅色のお花よりやや遅く咲き始めました。
a0140000_16331833.jpg

大きな木の根元で静かに揺れています。
a0140000_16362367.jpg

ベルの形をした小さな花は、光があたるとまるでシャンデリア!
a0140000_16393359.jpg

探していたお花です。

【白あせび (白馬酔木)】・・・つつじ科    常緑低木
a0140000_16442893.jpg

有毒な物質が含まれると云うけれど、そんなことは感じさせない可憐な姿です。
a0140000_16482071.jpg

木漏れ日を浴びると、春を呼ぶ ともしび にも似て・・・

色々な草花たちが、春を告げていますのに、今年の春はまだ遠いような・・?
a0140000_1651145.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-03-25 16:59 | 植物 | Comments(14)

天に向かって・・・≪ ハクモクレン ≫

気になる一軒のお家があります。
20年来、門も窓も閉じられたまま、郵便受けはガムテープで塞いでいます。

表札がかかったままの、そのお家の花木です。
a0140000_16404163.jpg

今年も、何のためらいもなく、沢山の花が付きました。
まるで、白い小鳥の楽園のように・・・
a0140000_16582115.jpg

【白木蓮 (はくもくれん)】・・・木蓮(もくれん)科    落葉高木
                                花は上向きに閉じたような形で咲き、全開しない。
a0140000_1718351.jpg

ハクモクレンには青空が欲しくて、何度も通いました。
今年のこの時期はお天気が不安定過ぎ、困惑しましたね。
a0140000_17221544.jpg

日が経つにつれ、花は開いて・・・!?
a0140000_17275812.jpg

だんだん傷んできます(もう、限界ですね)
a0140000_17302951.jpg

この木の足元は雑草の藪になっています。
年に、2度ほど草刈りをしていますが、お家は徐々に傷んで・・・

それでも、年ごとに背が高くなり、見事な花を咲かせてくれます。
ハクモクレンの花言葉は、恩恵、自然愛、自然への愛、だとか・・・
a0140000_17454753.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-03-24 17:48 | 花木 | Comments(12)

神棚に祭る植物・・・≪ ヒサカキ ≫

白い小さな目立たない花が枝に沿って咲いています。
a0140000_170490.jpg

葉っぱに隠れるようにして、ヒソヒソ・・・?
a0140000_173154.jpg

よく見ると、小さな白い花はツバキ(椿)の花に似ている気がします。
a0140000_177763.jpg

【ヒサカキ(姫榊)】・・・ツバキ科    雌雄異株
                       榊(さかき)”のかわりとして神棚に飾られる

これは、雄花のようです。
a0140000_17123385.jpg

そして、探してみました。(ちょっとブレて見辛いですが)

こちらが、雌花、  ほらっ!シベが違いますね?
a0140000_17163367.jpg

ヒサカキは、「シャシャキ」「シャカキ」「下草」「ビシャコ」「仏さん柴(しば)」などと地方名で呼ばれているそうですが、
私は、詳細なことを知らずに、只、「サカキ」と云っていたような・・?

ちなみに、「サカキ」と、「ヒサカキ」は、別物でした。
a0140000_17264019.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-03-23 17:34 | 植物 | Comments(12)

風にあおられて・・・≪ ベニコブシ ≫

前日の春の嵐の余波で、時折強い風が吹く日でした。
華やかなピンクの花びらをそよがせて、はしゃいでいるお花があります。
a0140000_1842532.jpg

時おり見せる春の日差しが眩しくて・・・。
a0140000_1861567.jpg

それでも、厳しい寒さを耐え忍んだ甲斐があり、
ここに咲き誇れる喜びに満ち溢れているようです。
a0140000_18111987.jpg

【べにこぶし(紅辛夷)】・・・モクレン科   シデコブシ の変種
                          花びらの裏側に赤の筋が入り、紅白の模様が見られる。
a0140000_18155917.jpg

又、風が吹いて来て細い枝を揺らします。
(う~ん! 撮りにくいっ!?)
a0140000_1821573.jpg

そんな私の気持ちを気にも留めないで、
彼女たちは笑顔でお喋りに夢中です。

いよいよ、あちこちでピンクの笑顔が弾ける季節の到来ですね?
a0140000_182788.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-03-22 18:29 | 花木 | Comments(14)