<   2010年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

冬の室内を彩る花・・・≪ シャコバサボテン ≫

温室内の一角のこのコーナーで、笑顔いっぱいで出迎えてくれた花たちです。
a0140000_21353143.jpg

【蝦蛄葉サボテン (しゃこばサボテン)】・・・サボテン科 茎が「蝦蛄(しゃこ)」似ているところから命名
                          原産国・・・ブラジル 明治時代に渡来したそうです。
a0140000_2143533.jpg

『別名 』・・・クリスマスカクタス・・・クリスマスの頃に咲くサボテンだからだと云います。
反り返った花びらとシベが独特ですね?
a0140000_21494799.jpg

茎部分にはトゲトゲがあります。
ちなみに良く似たカニバサボテンはトゲがありません。
a0140000_2153429.jpg

園芸店に行きますと、品種改良されたいろんな色がありますね。
でも、この色は初めてでした。
a0140000_21565284.jpg

艶々の黄金色!
a0140000_21581679.jpg

我が家のシャコバサボテンは今年は花が見られませんでした。
ここで羨ましく眺めて来ました。
それにしても、赤も黄金色も撮るには難しい色です。
a0140000_2234234.jpg

 
by soyokaze-1020 | 2010-01-25 22:08 | | Comments(8)

花の名前に魅せられて・・・≪ はなかんざし ≫

門前に出している植木鉢の花が憐れになって来ましたので、
園芸店に立ち寄りました。
可愛いお花に一目惚れ・・!
a0140000_2158642.jpg

素朴だけれど可憐なお花です。
「花かんざし」、名前も素敵です。
a0140000_2252258.jpg

【花かんざし<ヘリクリサム> 】・・・キク科  ・オーストラリア原産
                      『別名』・・・アクロクリニウム」
a0140000_22283261.jpg

花弁に見える部分は苞片で、中心部は黄色い「筒状花」になっています。
雨には弱く、花が丸く閉じてしまい、やわらかくなってしうそうです。又、夜も花を閉じるとか?
a0140000_22493077.jpg

アズキ色でまるっこい蕾も愛らしい~!
a0140000_22462851.jpg

花に触れるとカシャカシャと音がします。
ドライフラワーにもなると言います。
一年草だとのことですが、初夏まで楽しみたいですね。
a0140000_225488.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-01-24 23:02 | | Comments(6)

虫さんではありません・・・≪ ロウバイの実 ≫

梅の花の便りをきくようになり、公園へ行ってみました。
まだ早かったようで、ロウバイが2・3本寂しい公園に花を付けています。
a0140000_21315394.jpg

小さな蕾も沢山ついていますが、華やかさはありません。
a0140000_21345251.jpg

がっかりして、とりあえず、今度は逆光で・・・?
a0140000_21392196.jpg

・・ん??
これは虫・・??
a0140000_21403733.jpg

小さな花なのに、結構大きな枯れた実のようです。
a0140000_2143495.jpg

以前、調べた時、「花から想像できないユニークな実が生る」と、ありましたが
実際に見るのは、初めてです。覗いている黒いのが種でしょうね?
a0140000_21481923.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-01-23 21:51 | 植物 | Comments(12)

冬枯れの庭の優等生・・・≪ ジャノメエリカ ≫

鉢花でしか見たことがないお花、
石垣の下から伸びて、フェンスから顔を出していました。
花は米粒のように小さく、鈴生りです。
a0140000_204897.jpg

夕日の逆光で、私には悪条件だけれど、とりあえず挑戦!
a0140000_206179.jpg

【蛇の目エリカ (じゃのめエリカ)】・・・ツツジ科 耐寒性常緑低木 
                       黒い雄しべの葯が蛇の目のように見えることが名前の由来らしいです。
a0140000_2017765.jpg

『別名』・・・クロシベエリカ(黒しべエリカ  原産地・・・南アフリカ
花の中を覗いてみましたが、小さくて判りにくいです。何しろ、花径0.3cm ほどしかありません。
a0140000_2023446.jpg

下に廻り込めないので全体は撮れないけれど、2・3mあるでしょうか?
庭木としても植えられるらしいですね。
初冬から春にかけて咲く、長い間楽しめる優等生ですね。
a0140000_2038243.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-01-22 20:41 | | Comments(10)

マヌカハニーの密源の花・・・≪ ギョリュウバイ ≫

昨年末に撮った花です。
名前が判らず、気になっていました。
a0140000_15575093.jpg

とても小さな花ですが、良く観ると梅にも似ているような・・?
お花屋さんに鉢植えが売っていました。
a0140000_162126.jpg

【ギョリュウバイ】・・・フトモモ科  常緑低木  原産 オーストラリア・ニュージーランド
『別名』・・レプトスペルマム・ネズモドキ    ※四季咲き性・(2~6月)が主に見頃だとのこと。
原生地では蜂蜜の蜜源としても好まれ、蜂蜜はマヌカハニーと呼ばれている (高価な蜂蜜ですよね!)
a0140000_169121.jpg

花は一重と八重があるそうですが、一重は見られませんでした。
色も白やピンク、赤紫などあるそうですが、ここでは2色だけ・・。
a0140000_1618865.jpg

薄紙をクシャクシャした紙細工のようにもみえます。
お花が少ない時期に、嬉しい出会いです。
それにしても、小さなお花はやっぱり撮り難い・・・(汗)
a0140000_16342114.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-01-21 16:36 | | Comments(6)

大寒に春の足音が・・・≪ オドリコソウ ≫

ここは年末に草刈が行われ、今は草の新芽がポツポツ出始めている処です。
刈り残されたのでしょうか?
フェンスにもたれるように、ほの白い花が咲いています。
a0140000_2002089.jpg

花の形が笠をかぶった踊子に似ている ?
「オドリコソウだ!」とっさにそう思いました。
a0140000_2033699.jpg

【踊子草 (おどりこそう)】・・・紫蘇(しそ)科。  多年草
『別名 』 ・・・踊花(おどりばな)、 虚無僧花(こむそうばな)
a0140000_2095172.jpg

花の色は、白またはピンクがあるといいます。
この子たちはどちらかと云うと白っぽいでしょうか?ピンクかな?
a0140000_20153223.jpg

精一杯身をかがめて、と云うより腹ばいに近い恰好で・・・!
a0140000_20203338.jpg

バレーリーナのスカートにも見えます。
春の足音が聴こえて来そうな出会いでした。
a0140000_20275755.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-01-20 20:31 | 山野草 | Comments(10)

生け垣の花・・・≪ サザンカ ≫

歩いていると家の周りを小綺麗にしたお宅がありました。
生け垣のフェンスから顔を覗かせて・・・
a0140000_21223538.jpg

活き活きしています。
この時期、傷んだお花ばかりで、嬉しいですね。
a0140000_2123515.jpg

花首から落ちるのは「ツバキ」
花びらが一片づつ落ちるのは「サザンカ」と、覚えていました。
a0140000_21262686.jpg

調べてみると、八重の寒椿などはサザンカと同じように一片づつ落ちるらしいです。
ますます見分けがつかなくなります。
a0140000_21285554.jpg

まぁ、植物図鑑でもないし、詳細なことより美しいものを楽しんで・・・
そんなことを優先することにします。
a0140000_21334643.jpg

いろんな色の花が咲いている生け垣です。
やっぱり、『サザンカ』 かなぁ~?
a0140000_21361461.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-01-19 21:37 | | Comments(6)

冬のさなかに咲く・・・≪ ラベンダー ≫

うす曇りの夕方、大株の花に出会いました。
よそ様の庭の端で冷たい風に揺れています。
a0140000_21112956.jpg

今の時期に・・?
【ラベンダー】・・・シソ科  常緑小低木
a0140000_21293385.jpg

香りはあまり感じませんでしたが、
調べてみると、四季咲きのもののようです。
たぶん、デンタータ系のラベンダーかも・・・?
a0140000_21323526.jpg

花穂の先端にウサギの耳のような苞があります。
『ラベンダー デンタータ』・・フリンジラベンダーとも呼ばれ、陽だまりであれば真冬も咲き続けるらしいです。
a0140000_21391071.jpg

ラベンダーには鎮痛や精神安定、防虫、殺菌などに効果があるといいます。
ここ2・3日、「1・17」特集ばかりで、
感情の大波小波の中で過ごした私には、丁度良い目の保養かも知れません。
a0140000_21464313.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-01-18 21:51 | | Comments(10)

15年前・・・≪ 真冬の野の花 ≫

寒さが厳しい真冬の明けがたのことでした。
父亡き後、心の旅を続けている母の介護のため、私は母と寝室を共にしていました。
その母が大声をあげ、大騒動を始めました。
地鳴りの後の大きな揺れ!
母の上にかぶさり、布団を叩いて鎮めました。
長い時間だったように思えました。
a0140000_17504784.jpg

TVから災害の情報が流れ始めたのは、数時間経ってからでした。
「神戸が・・・!」
私の街はデパートのショーウィンドーが落下、学校のガラス窓がわれたくらいの被害で済みました。
a0140000_17572279.jpg

家を離れて大学に行っている息子とは連絡がとれません。
何度も公衆電話に走りました。(公衆電話でしか電話が繋がらなかったのです)
数日後、通帳から1万円引き出されていること判り、無事であることを確認、ホッとしました。
a0140000_1822848.jpg

次第に明らかになる神戸の惨状・・・。
TVと新聞にくぎづけの日々でした。
ニュースを伝えるキャスターは声を詰まらせ涙ながらに惨状を伝えていました。
a0140000_187849.jpg

夜間、寝ている時に突然天井が落ちて来る気配を感じ、思わず身を守ろうと天井を支えるように両手を挙げ、目を覚ます・・・。
そんな日が何日も続きました。
a0140000_18184527.jpg

あの日から、15年・・・・
今日も凍てつくような寒さです。
野の花たちは、葉っぱの蔭で震えるように、それでも笑顔を見せています。
何ごともなかったかのように・・・・。
a0140000_18225615.jpg

私は、いまだに身体に感じた揺れと、情報で得た惨状を記憶の中に閉じ込められないでいます。
「震災」と云う言葉を耳にするたびに、生々しい感情が襲って来て、心が震え、涙があふれます。
    6434名・・・瓦礫の下や炎に包まれて尊い命を落とされた方々。    ご冥福を祈ります。
    43793名・・被災し負傷された方々。  復興しつつある神戸の街を見て、人間の逞しさ、底力を信じて生きぬいて欲しい。 そう願ってやみません。
a0140000_18522550.jpg
     
by soyokaze-1020 | 2010-01-17 18:54 | | Comments(11)

初春のイベント・・・≪ とんど・宝恵駕籠 ≫

穏やかに年が明け、日は過ぎて早くも月半ば・・・
近くの神社へ「お正月飾り」を持って行きました。
a0140000_1954513.jpg

「とんど」、私はそう呼んでいましたが、辞書で調べると
「どんど」・・・小正月に行う火祭り。と出ていました。最期の方に「とんど」もありましたけれど「どんど」が優勢らしい??
a0140000_19144739.jpg

不況の中、無事お正月を迎えられた感謝の気持ちで、有難い煙にあたって来ました。
a0140000_19174929.jpg

街を歩いていると「宝恵駕籠行列」に出くわしました。
a0140000_19211643.jpg

美しい「福娘」さんです。
大勢の人に揉まれて撮った一枚。ブレブレです。
a0140000_19242649.jpg

太鼓の音と「ほえかご、ホイッ!商売繁盛でほえかご、ホイッ!」の掛け声、
担いでいる駕籠を、男性たちは思いっきり揺らします。
福娘さんもご苦労なことです。
a0140000_19291942.jpg

by soyokaze-1020 | 2010-01-16 19:31 | 風景 | Comments(8)