2012年 11月 26日 ( 1 )

人恋いの色    ≪   ムラサキシキブ   ≫

秋から冬へのこの時期、森の中は赤い木の実が彩りを添えています。

そんな中、静かな佇まいで微笑んでいるのは、葉の陰で密やかな色を放つ小さな実・・・

ムラサキシキブ(紫式部)です。

陽が射さない斜面に2mの高さに無造作に伸びた枝の先で、触れればこぼれ落ちそうな玉を結んでいます。

庭園で見る コムラサキ(小紫)の健康的な行儀良さに比べますと、何とも儚さ漂う姿・・・!
薄暗い光の中ではいっそう沈みがちの麗人に見えますね。



実むらさき 人恋いの色 濃くしたる    加藤三七子



花言葉は、 愛され上手、聡明


(1)
a0140000_1115352.jpg


(2)
a0140000_1121430.jpg


(3)
a0140000_112262.jpg


(4)
a0140000_112458.jpg


(5)
a0140000_1125883.jpg


(6)
a0140000_1131765.jpg


(7)
a0140000_1133046.jpg


(8)
a0140000_11346100.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-11-26 18:00 | 植物 | Comments(12)