2012年 11月 02日 ( 1 )

風の花    ≪   シュウメイギク   ≫


去年までは、大きな鉢に植えられていたこの子たちは、
白壁を背に、入り口近くに地植えされていました。

長く細い茎をしなやかに泳がせて、その先につけた花は風の吹くままに身を任せています。

射しこむ光を受けた笑顔は胸をつかれる美しさ・・・

シュウメイギク(秋明菊)は、キンポウゲ科の多年草。
Japanese Anemone とも言い、「風の花」という意味だそうです。

久々の庭園では、お花も少なく、初冬の風を呼び込むように
清楚な少女を思わせるこの子たちが、白く輝きながらそよぐ風に揺れていました。

短すぎた秋・・・

秋の音色に耳を傾け、それに浸る間もないまま、風の花は凛と冷たい冬の季節を連れて来たようです。



花言葉は、 忍耐、薄れゆく愛


(1)
a0140000_2184751.jpg


(2)
a0140000_2192456.jpg


(3)
a0140000_2195245.jpg


(4)
a0140000_2211668.jpg


(5)
a0140000_2224410.jpg


(6)
a0140000_2242749.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-11-02 18:00 | 心の庭 | Comments(12)