2011年 10月 27日 ( 1 )

樹木の下の灯り    ≪   ツワブキ   ≫

まだ晩秋とは云えないこの時期、冷え込みが強くなると咲きはじめるお花です。

ツワブキ(石蕗)は、海岸の岩場や崖などが自生地なのですが・・・。
ここは薄日しか届かない樹木の下、こんな環境が心地良いらしいです。

あたりの彩りが乏しくなった12月ごろまで、鮮やかな黄金色の灯りを点したように咲く、貴重なお花ですね。

庭園などの石組みなどの間にも植えられているのをよく見かけます。
我が家の庭には紫木蓮の足元にいつの間にか根付いていました。
この子は綿毛でフワフワ飛んで新しい仲間を増やします。

初々しい姿はいいものですねぇ~! 人も お花も・・・。
咲きはじめのツワブキの花、日本情緒豊かな雰囲気です。

(1)
a0140000_2194213.jpg


(2)
a0140000_2110230.jpg


(3)
a0140000_21103771.jpg


(4)
a0140000_21105297.jpg


(5)
a0140000_21112011.jpg


(6)
a0140000_21114451.jpg


(7)
a0140000_2112430.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-10-27 21:13 | 植物 | Comments(8)