2011年 10月 06日 ( 1 )

雲海のなかで    ≪   蕎麦畑とムシたち   ≫

里山に広がる雲海なような蕎麦畑
白くたなびく雲の中でムシたちが遊びに興じています。

蕎麦は種を蒔いてからおよそ3ヶ月で実を結びます。
縄文時代後期からの歴史を持つとの意見もあるそうで、焼き畑栽培の作物のひとつでもあると、
夜中のNHKスペシャルでやっていました。

今では水田の転換作物として、また、地域興しで栽培されることが多くなっています。
この小さな集落でも ソバ街道 と銘うって、蕎麦畑が多くなりました。

短期間で成長し、結実することから、飢餓時に大きな役割を果たす蕎麦も、
ムシさんたちの協力がないと実は結びません。

優しい光を放ちながら揺らめく雲のような蕎麦の花
その中で遊ぶ虫たちには、まさに楽園!

畦に咲く曼珠沙華が優しそうに見守っています。

(1)
a0140000_1940379.jpg


(2)
a0140000_1941081.jpg


(3)
a0140000_19413281.jpg


(4)
a0140000_1942560.jpg


(5)
a0140000_19422267.jpg


(6)
a0140000_19424131.jpg


(7)
a0140000_1943335.jpg


(8)
a0140000_19453212.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-10-06 19:45 | 植物 | Comments(10)