2011年 09月 30日 ( 1 )

初秋の草原をイメージして    ≪   マツムシソウ   ≫

高原に咲く花だといいます。

植物園ですから、おそらく植栽されているのでしょう?
一塊になって優しい薄紫の顔をほころばせていました。

野の花にしては大きさがあり華やかに見え、初めは通り過ぎました。
ここにもハチさんが忙しそうで、思わず追いかけ始める破目に・・・。

プランターなどで見る スカビオサ(西洋松虫草) は、花びらが短く中心部の舌状花が沢山あり、もっと豪華です。

この子は高さが90cmほどもあり花びらも長く、まぎれもなく山地草原に自生するという マツムシソウ です。

調べていましたら、初秋の草原一面に群生しているところがあるとのこと!
そういう光景に出会ってみたいお花です。

名前の由来は
松虫の鳴く頃に咲くからマツムシソウ・・・?
花が終わった頭花が巡礼の鳴らす松虫鉦の形に似ているから・・?

どちらなのでしょうねぇ~。

(1)
a0140000_2220455.jpg


(2)
a0140000_2221165.jpg


(3)
a0140000_22212493.jpg


(4)
a0140000_22214123.jpg


(5)
a0140000_22215967.jpg


(6)
a0140000_22222146.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-09-30 22:23 | 植物 | Comments(10)