2011年 08月 16日 ( 1 )

異邦人の明るさ    ≪   アメリカデイゴ   ≫

ブログ画でしか見たことがない花を、一本だけ公園の一角で見つけました。

濃い緑の葉を付けた枝の間から風に揺れて見え隠れしています。
まさかここで逢えるとは思っていませんでしたので、感動です。


(1)
a0140000_21213486.jpg

花は2・3箇所有るだけで、木の下に茶色化した散り花が散乱しています。

調べますと開花時期は6月半ばから8月10日ごろまでだとか?
サイトによっては「10月頃まで盛りである」と記されているものもありましたが、
まだ蕾も見えるこの子は、ポツリ・ポツリと、葉っぱのお宿を出たり入ったりして遊ぶのでしょうね?

(2)
a0140000_21215724.jpg


お花の様子はまさに異邦人のように明るく鮮やかです。
来季は真っ盛りの時にこの子の笑顔に逢いたいと思いました。

アメリカデイゴ(アメリカ梯梧) ・・・ マメ科  デイゴ属

江戸時代末期に渡来したそうです。
原産国は南アメリカとか東南アジアとかいろいろな説があるようですね。

(3)
a0140000_21223379.jpg


花から目をはずして振り返った空にナミアゲハの乱舞が見えました。
こちらではこの夏、あまりチョウさんに出会えなく、嬉しかったですね。

(4)
a0140000_21225256.jpg


(5)
a0140000_21231167.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-08-16 21:25 | 樹木 | Comments(14)