何処から来たの・・・?     ≪   ムラサキケマン   ≫




庭のあちこちに小さな塊をつくっています。

マキノ木や柴木蓮の根元、クリスマスローズの間にも

挙句の果てには、庭を抜け出しミニ菜園や小さな花壇の中までも・・・


今我が家の庭は、 ムラサキケマン(紫華鬘) が真っ盛り~!


何処から来たのでしょう?

もちろん、種をまいたわけでもなく、株を植えた覚えもありません。


森や里山をウロウロしていた時に、私にくっついていた種が芽を出したのかしら?

それにしても凄い繁殖力です。


この子は、花も茎も葉でさえも有毒だと云います。

けれど、花が咲けばそれなりにかわいいです。


これ以上、増えますと困りますので、そのうち少しだけ残して処分しなければ・・・


眺めていますと、元気を出さなくてはと、思いますけれど・・・




花言葉は、 あなたの助けになる





(1)

a0140000_21433311.jpg



(2)
a0140000_21443593.jpg


(3)
a0140000_21451874.jpg


(4)
a0140000_21460782.jpg


(5)
a0140000_21464736.jpg


(6)
a0140000_21473355.jpg


(7)
a0140000_21481218.jpg


(8)
a0140000_21485501.jpg


(9)
a0140000_21495139.jpg


(10)
a0140000_21523916.jpg



by soyokaze-1020 | 2017-04-07 21:55 | 植物 | Comments(8)
Commented by h6928 at 2017-04-07 22:28
ムラサキケマンは懐かしい野草です。
子供の頃、ウサギの餌採りを任されていて、
早春のうちから柔らかでいかにも美味しそうな草を見つけて、
いっぱい採ってウサギに与えたところ、喜ぶどころか見向きもしませんでした。
後で知ったところ、有毒なのだと分かって、冷や汗ものでした。
ウサギって、毒草が本能的に分かるみたいですね。

今では写真のモデルさんとして活躍してくれて、ありがたい野草です(^^♪
Commented by shizenkaze at 2017-04-07 23:47
ムラサキケマンも繁殖力が強いですね~
植えた訳でもない花が彼方此方で見られますがこの花の種を広い範囲に蒔いているのは殆どがアリさんです・・・・・
有毒なので鳥が食べて糞による繁殖は無理ですが種子についているスミレ等と同じ『エライオソーム』っ言う成分をアリが好んで運び種だけを捨てていくので増えるようですよ~

ムラサキケマンやヤブエンゴサクなどは花姿が可愛いのでモデルにはいいですね~♪
Commented by otti468 at 2017-04-08 00:17
ムラサキケマンは川の土手などでよく見かけますね~
(最近暇が有ればカワセミを追っかけていますので(^_^)~)

一枚目の写真の後ろに写っている葉は”ツワブキ”でしょうか?
この花が好きで咲きだすとあちこち撮りに出かけるのですが・・・
我が家の狭い庭の隅にツワブキが生えていますが・・・
一度も花を見たことがありません???
もしかしてツワブキ・モドキなのでしょうか(^_^)
Commented by asitano_kaze at 2017-04-10 18:46
ムラサキケマン、撮りたい花です。
群生しているものをよく見かけますが、たいてい花の色が褪せてくたびれている場合が多いです。
トップのような鮮度の高い花にはなかなか出会えません。
庭に咲いているのですね。繁殖力旺盛なんですか。
3,4,8,10,いいですねぇ。
Commented by soyokaze-1020 at 2017-04-10 22:17
h6928さん
動物のアンテナは鋭いですよねぇ。
鹿の食害に悩まされる森や山も樹木の剝皮で荒れてしまっても、馬酔木だけは
元気だそうです。
鹿も有毒の馬酔木には目もくれないと云いますから・・・
ウサギさんも身を守る知恵があるのですね~^^
庭のムラサキケマン、半分は処分しましたがまだ作業を継続しています。

Commented by soyokaze-1020 at 2017-04-10 22:17
shizenkazeさん
さすが博学のshizenkazeさん、詳しい解説有難うございます。
庭中にアリの大群??
想像するだけで汗・・(;´・ω・)です。
早咲きのものは、鞘をつけています。 
占領される前に処分を急がないと・・・

Commented by soyokaze-1020 at 2017-04-10 22:18
otti468さん
カワセミを追っかけているのですか?
楽しいでしょうねぇ。 是非、アップしてください。
こちらでは数年に一度見られるだけで、出会えたら何か良いことが有りそうな幸せを感じます。
ツワブキは綿毛を飛ばして、庭のあちこちに芽を出し花をつけます。
好きな花ですが、ほどほどでないと・・・、やはり処分の対象になっています。

Commented by soyokaze-1020 at 2017-04-10 22:19
asitano_kazeさん
道端に咲くこの子は、可憐でそこはかとなく愛らしい雰囲気ですが、
庭のこの子たちは茎も太く群生している為か、けたたましく感じます。
鮮やかな色は数日間、今は色褪せて鞘をつけ始めました。
何だか人生の道のりを思い知らされるようです。
3、4、8、10、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 春風に戯れて     ≪   ... 君の名は・・・?     ≪ ... >>