半夏生の日に     ≪   庭園の初夏の花々   ≫




デパートの地下の魚売り場
「今日は半夏生の日、タコが安いよ~! 半夏生はタコの日だよ~!」
威勢のいい声でお兄さんが呼び込んでいます。

売り場には 『半夏生にはタコ』  のポップが何枚も貼られ賑わっています。

七月一日のことです。

こちらでは、畑仕事や田植えを終わらせるこの時期に豊作を願って「蛸」を食べる習慣があるそうです。
八本足で稲がしっかり根をはることを願うことがその由来とか・・・

この地に住んで半世紀あまり、そんな日があるなんて知らなかった私です。

そうだ、ハンゲショウを見に行こう~☆
久々に訪れた駅からほど近い日本庭園、夕方でしたが慌ただしく一回りしました。

最近、観光客が多く、しばらく敬遠していた日本庭園
この日も外国のお客様も多く、閉園時間も迫っていましたので集中できません。

けれど季節ごとに花を咲かせる庭園は、変わらぬ佇まい

鳥の声や流れの音を聴きながら、慌ただしくではありましたが、
一人だけの空間を持てたひと時です。




(1)ハンゲショウ(半夏生)
a0140000_1343018.jpg



(2)花言葉は、 内に秘めた情熱
a0140000_1392257.jpg


(3)ミソハギ(禊萩)
a0140000_2142747.jpg


(4)花言葉は、 愛の悲しみ
a0140000_2151065.jpg


(5)ネジバナ(捩花)  花言葉は、 思慕
a0140000_2153857.jpg


(6)カワラナデシコ(河原撫子)   花言葉は、 純愛
a0140000_2162435.jpg


(7)ガクアジサイ(額紫陽花)  花言葉は、 謙虚
a0140000_2172744.jpg


(8)コムラサキ(小紫)  花言葉は、 知性
a0140000_2233451.jpg


(9)キキョウ(桔梗)
a0140000_2333359.jpg


(10)花言葉は、 永遠の愛
a0140000_234565.jpg

by soyokaze-1020 | 2016-07-10 10:30 | 植物 | Comments(6)
Commented by shizenkaze at 2016-07-10 23:26
半夏生の蛸はこちらから関西方面ではよく言われますね~
ワカメと一緒に酢の物で頂きました・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

日本庭園の夏花達が今を誇りに咲いていますね~
やっぱりこの季節にはミソハギとキキョウが綺麗ですね
ネジバナとカワラナデシコとコムラサキが同じような色合いで咲いていますがそれぞれの特徴があってどれも可愛いです~
ガクアジサイもまだ咲いていますね
今日は中部と関西の真ん中辺り(米原市)で過ごしていました・・・・・・

2.3.5.7.9の写真いいですね(*´∀`*)
Commented by ruolin0401 at 2016-07-11 18:38
富士への散歩道です。
ブログにコメントありがとうございます。
富士山は独立峰ですからいろいろな独特の雲が湧きますね。この日の朝も巨大な「つるし雲」と「かいまき笠雲」と「重ね笠」が見れました。
桔梗はこちらでも咲いていますが、この花秋の七草の一つですよね。秋にはまだ早いが・・・何故でしょう?
Commented by asitano_kaze at 2016-07-12 22:51
タコとハンゲショウ、どんな関係が? と思っていましたら、なるほどそういう謂れがあったのですね。
ハンゲショウ、たくさん咲いていますね。
虫を呼んで受粉させるために花の下の葉がお化粧する、なんてすごい発想ですよね。
2、この構図すてきですね。
3のピンクの暈け、効いています。
ネジバナ、最近撮ることがなくなりました。咲いてはいるのですが、こころを動かされません。
4、やや暗めの青、すきな色です。
コムラサキのしべ、花火のように弾けていますね。
10、この色、いいですね。後ろ向きの姿もなかなかのものです。
Commented by soyokaze-1020 at 2016-07-13 17:59
shizenkazeさん
半夏生と蛸、長年この地に住んでいますのに知りませんでした。
如何にぼんやり暮らしていたか・・・? ですね…^^;
キキョウは散策路から眺めますと、みんな背を向けて表情が判らなく
苦労しました。
この庭園は、花を育てるのがメインではないものですから、草花が少なくて・・・
それでも私にとっては、駆け込み寺のような存在です。
shizenkazeさんは、最近お出かけになる幅が広くなられましたねぇ。
お元気でパワー全開ですね。私も元気を出さねばと…^^;
2、3、5,7、9、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-07-13 17:59
ruolin0401さん
富士山と雲の関係、興味深いですね。
雲の名前、聞いたことがないものばかりです。

桔梗は秋の七草のひとつで、秋のイメージが強いですね。
六月の梅雨の中ごろから咲き始め、九月の初秋までが花期だそうで、
また花の見頃もこの時期が一番のようです。
万葉の昔から愛でられた日本人になじみの深いお花で、どことなく憂いのある様子が
秋という季節にマッチしたのでしょうか?
俳句の季語も「秋」だそうです。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-07-13 17:59
asitano_kazeさん
長い間この地に住んでいますのに、まだまだ知らないことが多いです。
半夏生を近くで見られるのはここしか知らなくて、久々に訪れてみました。
樹木が立ち並ぶ流れの縁に群生していました。
ここではわりに長い間、きれいな姿を保っています。
この子にしても、マタタビにしても植物たちの知恵には感心します。
草花が少ないこの庭園で拾い上げたお花たち、もっと時間をかけて撮ってみたかったです。
2、3、4、10、有難うございます。
キキョウはみんな流れの方を向き、撮りにくかったです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<<  踏まれても抜かれても・・・ ... 曇り空の公園で・・・     ... >>