あしたの風・・・?     ≪   ナツツバキ   ≫




山奥のお寺です。
裏山にかなり高い木が数本、古いお寺ですので樹齢も相当なようです。

緑の葉の蔭から白い花が微笑みながら見下ろしています。

ナツツバキ(夏椿) です。
もう、そんな季節なのですね!

黄色い蕊を包む花びらのやさしい佇まいがたまりません。
心がふんわりととろけるような、そんな雰囲気が好きです。

この花は、朝に咲いて夕にはポトリと花ごと落ちる一日花
儚さゆえに一際その美しさが心に沁み込んでまいります。

愛らしい蕾がたくさん見られます。
そうです!
毎朝、次々に花が開いて季節を謳歌する~☆
そんな健気さと逞しさも持っています。

〝昨日は昨日、明日は明日の風が吹く・・“
ふと、そんな言葉が胸をよぎります。



花言葉は、 はかない美しさ、愛らしい人




(1)
a0140000_22402261.jpg


(2)
a0140000_22404871.jpg


(3)
a0140000_22412060.jpg


(4)
a0140000_22414589.jpg


(5)
a0140000_2242083.jpg


(6)
a0140000_22422575.jpg


(7)
a0140000_22424434.jpg


(8)
a0140000_22425962.jpg

by soyokaze-1020 | 2016-06-29 22:44 | 植物 | Comments(10)
Commented by otti468 at 2016-06-29 23:19
別名”沙羅双樹”の花ですね…
あの平家物語の冒頭にも出てきますが・・・

この花を愛でることで有名な京都の某寺で、
鑑賞するには「お茶代」1600円・・・精進料理は5000円位・・・
いまだに行ってことはありませんが・・・予約で一杯らしいです^^~
Commented by shizenkaze at 2016-06-29 23:25
夏椿は優しく可憐に咲く花ですね
私も以前写して載せましたが椿と比べるとより心が惹かれます・・・・・
紗羅双樹の代用のようにされていますが私はこちらの方が何倍も素敵な花に思えます~

先日連れ合いが花の名所調べをしていて岐阜県の揖斐川町池田に『夏椿の森』があるのを教えてくれました
春に桜を写しに出かけた池田山の中腹のようで約2000本の夏椿が見られるようです
今綺麗に咲いているかどうか判りませんがsoyokazeさんの写真にまだ蕾が多いので急に行きたくなりました~
でも体力の落ちているのと梅雨時の暑さで躊躇いもあります~(´;ω;`)

2.3.5.7.8の写真いいですね・・・・
7の写真を見て花の儚さを感じました・・・・
Commented by h6928 at 2016-06-30 10:38
ナツツバキは、梅雨時の花として爽やかさを演出してくれる、素敵な花ですね。
園芸品種のツバキと違って、一度にドバァ~!!と咲かないで、
長い時間をかけてひそやかに咲き続けるのも好きです。
苔むした上に落ちた花も、まだ存在感を保っていますね。
ツバキのように絨毯のように散り敷くこともなく、
あくまでもひっそりなのですね。
Commented by ruolin0401 at 2016-07-01 21:51
いつものように名文でした。
良かったです。
Commented by asitano_kaze at 2016-07-01 22:04
ナツツバキ、いつものところでほほえんでいると思うとうずうずします。
この花の独特の佇まい、魅せますよねぇ。
1日花は儚さと強さとやさしさを持っているような気がします。
花びらの緑のえくぼ、ピンクのほっぺが好きです。
6の横顔、すてきですねぇ。
1日花だけあってつぼみがたくさんありますね。
落花した7の面々、美しいです。すこしも哀れには思いません。
命はちゃんとつながっているのですから。
Commented by soyokaze-1020 at 2016-07-05 23:55
otti468さん
はい、沙羅の木の花です。
沙羅双樹は日本では育たなく、この花を沙羅双樹と呼んでいるようですね。
東林院では見事なこの木があるそうですが、よい時期に行ったことがありません。
京都には所用で月一出かけますが、なかなか観光ができません。
いつもotti468さんのブログで、プチ観光させていただいています~(*^。^*)

Commented by soyokaze-1020 at 2016-07-05 23:56
shizenkazeさん
2000本ですか~! よい時期ですと見事でしょうねぇ。
見てみたいです・・・(^_-)-☆
日ごとに暑くなりますねぇ。
このまとわりつく湿気にすっかり体調を崩してしまい、やりきれない日々です。
この夏を乗り切れるものやら~? 不安です。
shizenkazeさんも無理なく励んでくださいませ。
2、3、5、7、8、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-07-05 23:56
h6928さん
いつもの年ですと日本海にほど近い高山で撮る花なのですが
今年はまだ出かけていません。
里山の奥まった古いお寺の裏山で出会いました。
落花以外はすべて上を見上げて撮ったものです。
いいお花ですよねぇ。 緑と白の配色は好みですので愛着があります。
そうですね。ひっそりとした佇まいも魅かれます。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-07-05 23:56
ruolin0401さん
ご訪問とコメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-07-05 23:56
asitano_kazeさん
はい、私も好きな花のひとつです。
いつもは坂道を上って見下ろしながら撮るのですが、
ここでは見上げるしかなくて・・・
白さを保ったままポトリと落ちる潔さにも魅力を感じます。
6、7、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 命つないで     ≪   オ... 甘い香りに誘われて     ≪... >>