木陰で饗宴・・・!?     ≪   シャガ   ≫




家から車で1時間、山の奥の集落を訪ねました。

2日間続いた雨も上がり、この日はうす曇・・・
この花にとっては好条件のはず?

今年は花が咲くのが早いということもあり、去年より一週間早めの訪問です。

集落へ続く道の両側の杉や檜の足元が、仄かに白く彩られています。

シャガ(著莪)の花の群落~☆ 
どうやらタイミングが良かったようです。

湿り気のある木陰がよく似合う一日花ですが、これだけの群落をみますと
静々とした宴を開いているようにもみえます。

朝ひらいて夕方には音もなくはらりと散ってしまう・・・、そんな儚さを感じさせません。

花びらの縁や中心部の花柱のフリンジが揺らめく様子は、命の燃焼を物語っているのでしょうか?

ひとつひとつの花は、凛とした美しい子たちですが、どの子もみんな同じ顔・・!
実を結ばず地下茎で増殖することもミステリアスですね。



紫の斑の仏めく著莪の花           高浜虚子




花言葉は、 友人が多い、反抗




(1)
a0140000_17503943.jpg


(2)
a0140000_1751233.jpg


(3)
a0140000_17513740.jpg


(4)
a0140000_1752972.jpg


(5)
a0140000_17523029.jpg


(6)
a0140000_17524371.jpg


(7)
a0140000_175338.jpg


(8)
a0140000_17533380.jpg


(9)
a0140000_17534742.jpg


(10)
a0140000_1754581.jpg

by soyokaze-1020 | 2016-05-01 17:56 | 植物 | Comments(8)
Commented by otti468 at 2016-05-01 21:22
こんばんは~。
シャガは一日花だったのですね~^^;;
知りませんでした。
先日もたくさん生えているお寺へ行きましたが、
こういう知識があればもっと愛でたかもしれません。
勉強になりました^^~
Commented by ruolin0401 at 2016-05-01 21:45
富士への散歩道です。
ブログにお越しいただきありがとうございます
どのページも素晴らしい出来上がりです。私など富士山しか撮りませんが,いろいろ撮られてまとまっています。
散歩道にある被写体をみるとお近くには自然豊かな処があるのでしょうかね。
記事の後に一句載せているのが素晴らしです。
PS:我が家にも数十本のシャガが咲いています。地表をはう根茎を伸ばして増えたようです。
Commented by shizenkaze at 2016-05-01 23:43
アヤメ科の花には多くの種類が有り特に園芸種の多い花菖蒲は見事な姿の花も多いです
でも私はこのシャガの花が好きで近くの道端から山里の山裾や川縁に咲いているのを見ると車を停めて眺めてしまいます・・・・・
先日は見たかったヒメシャガにも出逢えたので今年は色々と嬉しい出逢いがあります~

花は咲いている場所で花の美しさが変化しますがシャガは特に顕著ですね・・・・・
背景が綺麗だと白い花のシャガが妖精にも天使にも見えます
3.4.5.6.7.10の写真いいですね~♪
Commented by asitano_kaze at 2016-05-02 22:37
シャガは撮影するには気難しい花ですが、それでも花の魅力に惹かれて撮ってしまいます。
たいてい寄って撮られているものが多いです。
2、10はとても新鮮に映りました。
佳作の多い中で3が最も好きです。作品の完成度が高いと思います。
6の視点もすばらしいですねぇ。
Commented by soyokaze-1020 at 2016-05-06 21:24
otti468さん
こんな群落をつくって咲いていますと、一日花には見えませんよね。
私も調べてびっくり!(3年前のことですが・・・)
それから時期が来れば毎年訪れています。
山あいの里は今、この花で埋め尽くされているものですから・・・

Commented by soyokaze-1020 at 2016-05-06 21:24
ruolin0401さん
お庭に咲いているとは、いいですね。
工夫して撮れますもの。
光を待って絵にしたかったのですが満足なものが捉えられませんでした。
ローカルな処ですので、すこし奥に行きますと自然がいっぱいです。
拙い文章ですので、雰囲気を出したくて有名歌人の句を借りて載せています。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-05-06 21:24
shizenkazeさん
最初は人が持ち込んだのでしょうが、ドンドン増殖していたるところがこの花で埋め尽くされています。
流れの縁や石垣の間、道端の斜面、溝の中にも・・・
初めて訪れた時には本当に感動しました。
毎年同じような時期に同じような花を撮り、ちっとも上達しませんのに
やはり逢いに行ってしまいます。
3、4、5、6、7、10、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-05-06 21:25
asitano_kazeさん
この花にとっては好条件のお天気でしたが、花撮りにとっては今ひとつでした。
スポットライトのような光もなく、虫も現れず、ドラマが感じられません。
自分の腕の悪さを棚にあげて、嘆いています。
2、10、6、そして3、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 惜春     ≪   ヤマフジ... 風に立ちそよぐ     ≪  ... >>