風に立ちそよぐ     ≪   ヤマブキ   ≫




春風がそよぐ山道では、この時期、崖や斜面を黄金色に彩る花
ヤマブキ(山吹) が目をひきます。

枝ごとにたくさんの花をつけ、枝垂れるように咲き乱れる美しい光景

その魅力をなんとか撮りたいとレンズを向けましが、上を向いて撮るのが苦手な私
それに、この花はしなやかな枝が風にゆれて、ピントが合いません。

枝が風になびく様子を「山振り」と云っていたのが訛ったのが、名前の由来の一説だそうです。

まだ緑が浅い山が、深みのある山吹色に彩られますと、晩春・・・

短かった今年の春が過ぎ去ろうとしています。
まもなく五月、爽やかな季節がやって来ますね。



ほろほろと山吹散るか滝の音       松尾芭蕉

山吹の立ちよそいたる山清水汲みに行かめど道の知らなく      高市皇子(たけちのみこ)




花言葉は、 待ちかねる




(1)
a0140000_222088.jpg


(2)
a0140000_2220542.jpg


(3)
a0140000_22211268.jpg


(4)
a0140000_22214015.jpg


(5)
a0140000_22245344.jpg


(6)
a0140000_2225854.jpg


(7)
a0140000_22252257.jpg

by soyokaze-1020 | 2016-04-27 22:26 | 植物 | Comments(14)
Commented by otti468 at 2016-04-27 22:54
こんばんは。
私が見るヤマブキはいつも八重ばかりでしたので、
ついそう思っていましたが、そうでないのも当然ありますよね^^~
でもこの色は本当にきれいですよね。
これからも花に癒される日々が当分続きそうです(^^)

Commented by shizenkaze at 2016-04-27 23:51
山吹はこの一重の花が一番綺麗ですね
公園や自然公園以外でも山裾や川淵等で風に揺れて咲いている花をよく見かけます
遠くからでもこの山吹色は目立ちますが季節によってはレンギョウやモッコウバラと区別がつかなくなることもあります~

こちらでは木曽川水園に見られる山吹が花を多く付けるので気に入って写しています・・・・・
3.5.7の写真いいですね~

『山吹に 急かされ歩く 山の道・・・・・          自然風』
Commented by ruolin0401 at 2016-04-28 08:53
富士への散歩道です。
おはようございます。当方ブログへお越しいただきありがとうございました。
ブログ拝見させて頂きました。
たくさんの花と丁寧な記事が載り素敵なブログです。
当方とおなじデザインスタイルのブログですね。
今後とも宜しく。
Commented by h6928 at 2016-04-28 09:40
ヤマブキというと、関東人はどうしても太田道灌の逸話を連想します。
鷹狩に出たときに急な雨に降られ、近くの農家で雨具を借りようとしたら、
少女が黙ってヤマブキの枝を差し出した、というアレです。
その話のおかげで、単純なボクは、しばらくの間、
ヤマブキって実がならないのだとばかり思っていました。
後に、山でヤマブキの実を見てびっくりしたものです。
まぁ、よく考えてみれば、「七重八重」で「実の一つだに」なのだから、
山の一重のには実ができて当たり前なんですよねぇ~。

今回はヤマブキの語源が「山振り」からと知って、なるほどと思いました。
Commented by t-higasikouji at 2016-04-28 23:12
山吹の花は、私が住みます市の花です。
この度も、やまぶきに対します知識と、素敵な作品を学ばせて頂きました。
Commented by asitano_kaze at 2016-04-29 22:55
soyokazeさんの画、どれも気品がありますね。
1,のようなさりげない撮り方に惹かれます。
3、背景に緑の暈けがあると、山吹色が俄然引き立ちますね。
5,これはヤマブキの豪華さを引き出しておられますね。
7,この画が最も好きです。つぼみが可愛いですね。
Commented by sazanka2011 at 2016-04-30 07:48
おはようございます

いつも自然のあるがままの姿を素敵に撮影されていますね。
山吹の花は故郷の山に咲いていた光景が思い出されて、懐かしく思う花です。
故郷を離れてもう何十年もたつのに、ダム沿いの道を走るとき、
いろんな気持ちが癒された花だったと思い出します。
時には崖が崩れて通れなくなる道で、風に揺れる山吹が優しく心に
語りかけてくれていたような・・・。
運転している人はダムに落ちないように、山吹を見ている余裕はなかったと思いますが、^^;
Commented by soyokaze-1020 at 2016-05-01 12:21
otti468さん
公園や花壇では華やかな八重のものが多いですね。
山道では一重のものが目をひきます。
緑がまだ浅い林や山ではこの黄色が、ひときわ鮮やかでついレンズを向けてしまいます。
けれど撮るにはこむずかしく満足な絵になりません。
課題のひとつです。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-05-01 12:21
shizenkazeさん
よく揺れますのでなかなか撮りがたいお花です。
何度も挑戦するのですが、いつも不満足・・・^^;
この花は、初めて載せてみたような~?
ネタ不足で仕方なく・・・です。
3、5、7、と、名句、保存いたします。有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-05-01 12:24
ruolin0401さん
富士山の魅力溢れる絵を感心しながら拝見いたしております。
様々な富士の表情を捉えられ、素敵なブログですねぇ。
こちらこそ宜しくお付き合いお願いします。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-05-01 12:24
h6928さん
「七重八重・・・」子どもの頃に覚え、鮮明に今でも暗唱しています~♪
八重のものは実がならないということは、大人になってから知りました。
意味も知らずにただ句を唱えていただけでした。
振り返ればそのようなことが山ほどあるまま、人生道を歩んでいるようです。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-05-01 12:24
t-higasikoujiさん
いつも心に沁みいるような絵と簡潔明瞭な文章に感動しながら拝見させています。
遠い北の国に想いを馳せて、良い時間を戴いています。
お越しいただき、コメントまでくださり嬉しく思います。
有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-05-01 12:25
asitano_kazeさん
この花は何度挑戦しましても不満足で、初めて載せました(ネタ不足でした)
kazeさんの温かい目・・・、気恥ずかしいです。
1、3、5、7、丁寧に見ていただいたコメント、感謝しています。
いつも有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-05-01 18:41
sazanka2011さん
故郷を離れて暮らしても、季節ごとに咲く花に出会いますと
その当時の光景や気持ちまで鮮明に甦りますよねぇ。
私も同じ気持ちです。すでに50年以上にもなりますのに・・・^^
憧れの北の国の自然散策ルポ、楽しませていただいています。
お越しいただき、有難うございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 木陰で饗宴・・・!?     ... 陽光を求めて     ≪   ... >>