渡りの準備・・?     ≪   ジョウビタキ♂   ≫





数年前に廃墟と化した小さな神社
置き去りにされたピラカンサは毎年たわわな赤い実をつけます。

散歩道のノイバラやクロガネモチの実が少なくなっても、
ここだけはいつまでも華やかに冬枯れの散歩道を彩ってくれています。

この日、そこにジョウビタキ(尉鶲) の男の子が訪れていました。

春を思わせる陽ざしは寒さを感じませんのに
ずいぶん丸々としたイケメン君

そろそろ渡りの準備なのでしょうか?

たくさん食べて栄養を蓄え、長い旅路に備えなければならないのでしょうね。
また来季、愛くるしい姿を見せてくださいね。





(1)
a0140000_21344635.jpg


(2)
a0140000_2135221.jpg


(3)
a0140000_21382265.jpg


(4)
a0140000_21354037.jpg


(5)
a0140000_21355837.jpg


(6)
a0140000_21385741.jpg

by soyokaze-1020 | 2016-03-03 21:39 | | Comments(10)
Commented by asitano_kaze at 2016-03-03 22:19
いやぁ、このハンサム君にはすっかり魅せられました。
どの画も絶品です。
敷いていえば、4かなぁ。
2もたまりませんね。1もいいし。
ピラカンサの実、まだ残っているのですね。
シルバーグレイの頭がたまりません。
Commented by h6928 at 2016-03-03 23:04
ピラカンサの赤い実と、緑の葉や背景に、
ジョウビタキのイケメン君の色が似合っていますね。
ピラカンサも放置されるとかなりな大木になって
赤い実もたくさん付きますよね。
鳥に食べられてすぐになくなってしまう木と、
いつまでも残っている木は、何が違うのか不思議ですけど、
残っているのは備蓄食糧としてこれからはありがたいのでしょうね。
丸々とした姿は、大陸に帰る自信に繋がりそうですね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-03-03 23:11
こんばんは
スズメと同じか、ちょっと小さいくらいの小鳥なのに渡り鳥なんですね。
渡りは大変だと思いますが、1枚目の写真を拝見するとかなりのデブ男君。
この土地と余程相性がいいみたいですね。
↑ 上のaitano_kazeさんもコメントされてますが、赤い実とジョウビタキが絵になります。
私は1と5が素晴らしいと思いました。
Commented by shizenkaze at 2016-03-03 23:18
ピラカンサの赤い実が長良川の河川敷にまだたわわに生っています・・・・・
この実を食べる鳥が居ない訳じゃないのに毎年残っているので同じピラカンサでも不味いのかな~と思うことがあります~

ジョウビタキの男の子は本当にイケメンですね
この色具合が何とも言えないです~
それにしてもこのジョウビタキは丸々と肥えていますね・・・・・
渡りの前に少し減量が必要になりますね~(*´∀`*)

1.2.4.6の写真いいですね~♪
Commented by otti468 at 2016-03-04 22:48
こんばんは~
ジョウビタキは渡り鳥だったのですね~
知りませんでした~
先日落ち葉の上で餌探しをしている小鳥を見つけ、
撮影していましたら、
「このツグミ、種類はなんでしょう・・・??」とご婦人に質問され、
ツグミともわからなかった私は、あわてて謝りましたが…
ど素人の探鳥も、へこんでしまいそうな日々です^^;;
Commented by soyokaze-1020 at 2016-03-06 21:47
asitano_kazeさん
いつもこの木の下を通って散歩に出かけます。
他の場所のピラカンサは既に実がありませんのに、
ここはいつまでも残っていて不思議に思っていました。
散歩の帰り道、振り返りますとジョビ男君が・・!
慌てましたので、ちょっとブレ画になりました。
数日後の今は、一粒の実も残っていません。
この子だけでなく、ヒヨちゃんの仕業だと思います。
4、2、1、と温かいコメントを有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-03-06 21:48
h6928さん
我が家のピラカンサも2階までとどき、切っても切っても伸びるのが早いです。
それに小枝が暴れるように伸び、手を焼くことがあります。
赤い実とジョビ男君、良い取り合わせだと思ったのですが、
慌てたものですから満足感にかけてしまいました。
まもなく北へ帰るためのエネルギー補給で丸々としていますよねぇ。
無事な旅を祈りたいです。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-03-06 21:48
tabi-to-ryokouさん
こんなにちいさな身体で海を渡るなんて信じられませんねぇ。
どこにそんなパワーがあるのかと~?
寒い日ではありませんでしたのに、丸々としたデブ男君になっていました~^^
1、5、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-03-06 21:48
shizenkazeさん
ここの赤い実は毎年最期まで残っています。
目立ちやすい所なのですが、どうしてなのでしょう?
今は、一粒もありませんが・・・
海を渡る為には減量も必要なのでしょうか?
多分、力を蓄える為、一所懸命に食べたのでしょうね?
1、2、4、6、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2016-03-06 21:49
otti468さん
ちいさな身体のジョウビタキが海を渡るなんてびっくりですよね。
そのパワーに驚きます。
この時期、ツグミちゃんは落ち葉や地面をつついているのをよく見かけます。
私も鳥の世界の入り口でウロウロしています~^^;
ブロ友さんのページで少しずつ覚えているのですが、
どうも忘れっぽくなって、へこむことが多いです。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 春の使者     ≪   ウグ... とまり木のやさしさ     ≪... >>