泣きっ面に蜂    ≪   コガモ   ≫



渡り鳥のくつろぎの場、市内の少し大きな川です。
枯れた葦のある中州に コガモ(小鴨)の群れが見えます。

午後の光は逆光になり、大胆にペインティングされた雄の緑色、その中のお目々が見えません。
メスの優しそうな表情も沈みがち・・・

突然とび出す子を追ってみましたが、様々なカモたちがいるものですから、
果たしてこれがコガモなのか?
雄のように独特のいでたちならば、私も区別がつきますが・・・
間違っていましたらご指摘下さい。

再会したカモたちのくつろいだ姿を眺めながら、今年を振り返ってしまいました。

年明けから、体調不良で何箇所も病院通いが続き、カメラ散歩も思うに任せられず、
そのうえ
年の瀬が迫った今、風邪が長引き高熱と咳に伏せってしまいました。

長年使ってきた身体の部品がひとつずつ錆びついて壊れていくのを実感した年でした。
それも急激なのですよねぇ~!

あまり大きな病を経験せずにこの歳までやってこれた私ですが
新年から年末まで、踏んだり蹴ったり・・・、
泣きっ面に蜂の試練を味わっています。

神さまの本人に納得させるためのおぼしめしなのかと・・・

コガモちゃんにはまったく関係のない話ですが、タイトルにしました・・・^^;



更新のないときでも、いつも覗いてくださった方々、有難うございます。
訪問コメントを残してくださった方々には、順次お伺いさせていただきます。
少しゆっくりにはなりますが、ご了承願います。

まだ完全回復に至っていませんが、気持ちだけは元気を出そうと・・
もしかしたら、これが今年最期の更新になるかも・・? 
弱気にもなっています。



(1)
a0140000_23172481.jpg


(2)
a0140000_23174515.jpg


(3)
a0140000_23182036.jpg


(4)
a0140000_23191238.jpg


(5)
a0140000_23193121.jpg


(6)
a0140000_23194794.jpg


(7)
a0140000_232028.jpg


(8)
a0140000_23201646.jpg


(9)
a0140000_23203024.jpg

by soyokaze-1020 | 2015-12-18 23:25 | | Comments(10)
Commented by shizenkaze at 2015-12-19 00:04
コガモ達は元気ですね~
飛び立つ時には水面をバタバタと走り回って大変そうですがいざ飛び立ったらその姿は優雅なも思えますね・・・・・

体調が優れないようですね
無理は禁物ですが気弱にだけはならないでください・・・・・
私も彼方此方で悲鳴をあげている体と気持ちですが『武士は食わねどブログ更新』やら『年寄りの冷水鳥撮影』と前向きに歩き続けようと思っています
安物の独楽のような人間ですので一度止まれば動けなくなりそうなのでぎこちなくても回り続けたいと思っております~
これからも長くお付き合いをお願いします・・・・・
来年は体調が良くなり以前のようにアチラコチラへ出没されるように願いたいです~
Commented by h6928 at 2015-12-19 09:51
コガモに限らず、カモたちって目が小さい上に奥目気味なので、
キャッチライトを入れて撮るのは難しいですよね。
目にばかり集中していると、チャンスを逃してしまったり・・・。
それにしても、この川はコガモがいっぱいいるんですね。
これだけいると、雄は冬羽への移行具合に色々と差があるのが判りますね。
ボクが見かけるコガモは警戒心が強くて、あまり寄れません。
潜水ガモと違って、その場からいきなり飛び立って逃げて行かれます(>_<)
Commented at 2015-12-20 14:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asitano_kaze at 2015-12-20 22:45
はい、どれもまごうことなきコガモちゃんたちに相違ありませぬ。
弱気なことばとは裏腹に画はいつもながらきっちりと仕上げられていますね。
♂もほとんど繁殖羽になっていて、美しくなっていますね。
勢揃いした2、いいですねぇ。
飛び立ちの4,5,6,すばらしいです。
8、やや逆光の中で、飛翔姿をよく捉えましたね。この光ではプロが撮っても目はでないです。
9,グリーンのきらきらした翼鏡がのぞいていますね。
これから♀へアピールするのでしょうが、♀は余裕綽々ですね。
Commented by otti468 at 2015-12-21 19:02
こんばんは。
野鳥のド素人の場違いなコメントは少々気を遣いますが、・・・
相変わらずきれいに撮られていますね。
体調には十分お気をつけくださいね。
Commented by soyokaze-1020 at 2015-12-26 10:20
shizenkazeさん
温かいお見舞いのお言葉を有難うございます。

私の独楽の心棒は高齢になって錆びついてグラグラのようです。
頼りなくフラフラしながら廻って、いつ倒れるやら~^^;
人生の坂道を加速しながら転がり落ちていくような気がします。
神さまの導きを受け入れて、おだやかに歩いていこうかと・・・
野鳥たちは独りであっても群れの中にいても、健気ですよね。
自然の中の花や鳥や虫たちの営みに教えられ、心の糧にしています。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-12-26 10:20
h6928さん
海に近い少し大きな川です。
ここはコガモに限らず冬鳥の憩いの場所のようで、幾種もの鳥たちが渡ってきます。
鳥撮り修行にはかけがえのない所として、数年前から訪れています。
ただ、不勉強と観察力が乏しく、鳥たちの生態に詳しくありません。
皆さまのコメントを師として綴っています。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-12-26 10:21
カギコメさん
お越し下さりそのうえ嬉しいお言葉を戴き、恐縮しております。
また、優しさあふれるお見舞いの言葉、胸に染み入りました。
ほんとうに有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-12-26 10:21
asitano_kazeさん
間違っていませんでしたか? よかったです。
kazeさんのお部屋で勉強させていただいていますのに、
なかなか身につかなく、群れていますと戸惑うばかりです。
目がしっかり撮れますと鳥は活き活きしますのにと、残念です。
鳥撮りはアングルなど考える余裕もなく、捉えることだけで必死!
まだまだです!
2、4、5、6、8、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-12-26 10:22
otti468さん
花のない時期に鳥撮りに挑戦していますが
まだ野鳥の世界の入り口をうろうろしているだけで
なかなか前へ進めません。
体調、高齢のためか快復が遅く、気ぜわしい年末ですのに焦ってしまいます。
お気遣い、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 足ならし・・・     ≪  ... 忍法“水蜘蛛の術”~?    ... >>