繊細な美しさ     ≪   センブリ  ≫



森のだらだら坂を登りつめた処は、少し開けて薄日が射しています。

道の脇沿いに、たおやかな佇まいの花の姿があります。
センブリ(千振) の花です。

この子は、日の光がないと開いた笑顔を見せてくれません。

秋の陽ざしは気まぐれで、正午過ぎですのに照ったり曇ったり・・・
気が焦ります。

去年はここでこの子たちの群生を見ましたのに、今年の花は僅か~!?

それでも、紫色のラインでメイクした星型の清らかな姿に逢えました。

可憐で透き通る美しい姿からは、“千回煎じてもまだ苦い”と云う言葉は想像できませんねぇ。



千振の花木漏れ日のひとところ     戸川稲村



花言葉は、 はつらつとした美しさ



(1)
a0140000_6544090.jpg


(2)
a0140000_6545826.jpg


(3)
a0140000_6552953.jpg


(4)
a0140000_656745.jpg


(5)
a0140000_6563079.jpg


(6)
a0140000_6564778.jpg


(7)
a0140000_6573661.jpg

by soyokaze-1020 | 2015-11-08 07:00 | 植物 | Comments(10)
Commented by calmcalmcalm at 2015-11-08 11:29 x
おはようございます
今日は雨の日曜日 少し冷たい雨になりました
センブリのお花見たことがないのですよ
可愛い姿とおしゃれな色
アケボノソウくらいの大きさでしょうか?
出遭ってみたいお花です
Commented by shizenkaze at 2015-11-08 23:32
センブリの花はとても可愛いですね
それに儚く咲いていて乙女のような花ですが薬効は凄いですね・・・・・
こちらではなかなか見る機会がありません
薬草園も薬科大学の方が春まで公開しないのでエーザイの所が頼りなんですがセンブリは見られませんでした・・・・・(´;ω;`)
今年はアケボノソウも見られませんでしたので心残りです・・・・・
1.3.5.7の写真いいですね~♪

『千振を 見つつ歩く 熊野路(くまのみち)・・・・・・・・・・自然風』

『花の百名山』の著者『田中澄江さん』が『新花の百名山』の中で熊野路を代表する花として紹介したのを思い出して書いてみました~
Commented by asitano_kaze at 2015-11-09 21:03
センブリ、わずかながらも出会えてよかったですね。
千回煎じてもまだ苦い。けれど、この美貌は補って余りあります。
1,右の苔むした岩、見事な脇役を果たしていますね。
3,暈けが主人公をほんのりと優しく見せていますね。
4,秀逸です。こんな画、撮ってみたいです。
5,小悪魔の魅力があります。
7、もっとも好きな画です。暈け効いてますねぇ。
Commented by nonohana28 at 2015-11-10 11:30
こんにちは♪
薬草なんだなぁ・・・と名前だけは知っていましたが
こんなに小さくて可憐で可愛いとは・・・!
soyokazeさんの素敵な絵で
お花の思い愛おしさが伝わるようです。出遭ってみたいです。
Commented by tom at 2015-11-12 22:46 x
こんばんは、センブリの花、白に紫のラインが綺麗ですね。多分初めて見る花です。
いつも感じるのですが、僕なら見過ごしてしまいそうな花を、綺麗に立派に撮られてますね。
すみません、この花は珍しい何処にでもない花なんですね。
背景もいいなぁと思います。 イイネ!!
Commented by soyokaze-1020 at 2015-11-14 22:56
calmcalmcalmさん
リンドウ科のアケボノソウ属ですが、お花はアケボノソウより心もち大きく感じます。
背丈も群落も、この森ではアケボノソウの方が優勢でした。
シベの根元のモジャモジャと紫色のラインがお洒落ですよね。
端正な幾何学模様のアケボノソウより優しい姿に感じます。
植えられたものではない自生の花ですので、年によって花数に差があるのは仕方がないですね。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-11-14 22:57
shizenkazeさん
噂にきくだけで実際には飲んだことはありませんが~^^
花より有名なお茶ですよねぇ。 お花は最近知りましたもの・・・(´∀`)
この時期になりますと山野草たちも休眠しますので、薬草園もお休みなのでしょうね。
私の森歩きもこれからは足元ではなく、上を見ながらにならざるを得ませんが
少々苦痛かな?
何しろ修行が足りませんので・・・
1、3、5、7、有難うございます。
知識豊富なshizenkazeさんの名句、保存しますね。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-11-14 22:57
asitano_kazeさん
はい、今年は不作のようでした。
二年草だということですから、来季もここで逢えると期待します(登れるかしら?)
センブリ茶の苦さは試したことはありませんが、子どもの頃から知っていたような?
お花は最近知り、魅了されました。
1、3、4、5、7、kazeさんのコメントのひとつひとつにも魅了されます。
有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-11-14 22:57
nonohana28さん
はい、私も同じくお花は最近知りました~^^
透き通るような清らかな姿に感じましたが、
ほんとうはどう伝えれば良いのか言葉選びに戸惑いました・・^^;
森で出会うお花たちはどの子もみんな心をくすぐる魅力があります。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-11-14 22:58
tomさん
お越し頂き、コメントも有難うございます。
センブリは森の中で見つけました。
北海道から九州まで広く分布する野草だそうですが、医薬品などに利用される為、
最近では長野と高知で本格的に栽培されるようになったと、ウィキペディアに出ていました。
草花を主体につぶやいているブログですが、よろしくお付き合いお願いします。
イイネ!!もありがとうございます(´∀`)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 語り合いのとき・・・     ... 憂いの た・ま・ば・は・き  ... >>