里の秋     ≪   マルバルコウソウ   ≫



里山の河川敷をオレンジ色に染める花
その光景に出会いたくて、毎年この時期、ここを訪れます。

車道横の金網フェンスに絡んで、今年も沢山咲いている花は マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)

熱帯アメリカからやって来た蔓性の帰化植物です。
11月の中頃まで花を咲かせ、秋の野で最も目立つ花のひとつ・・・

オレンジ色が鮮やかで、夕焼け色に染まったように見えます。
撮ったのは真っ昼間だったのですが・・・^^

里の秋は日ごとに深まっていきます。



花言葉は、 私は忙しい



(1)
a0140000_19163984.jpg


(2)
a0140000_1917384.jpg


(3)
a0140000_19172034.jpg


(4)
a0140000_19173985.jpg


(5)
a0140000_1918727.jpg


(6)
a0140000_19182619.jpg


(7)
a0140000_19184643.jpg


(8)
a0140000_1919153.jpg


(9)
a0140000_19191972.jpg

by soyokaze-1020 | 2015-10-06 19:20 | 植物 | Comments(12)
Commented by shizenkaze at 2015-10-06 23:48
ルコウソウは自然の中ではあまり見られず公園や庭などで育てられているものが多いですがマルバルコウソウは彼方此方に蔓延っていますね~
堤防や空き地では当たり前のように咲き国道の中央分離帯のようなところにも朱色の花を咲かせているのが見られます・・・・
多分普通に見られるヒルガオ科の植物では一番多く繁殖しているのではないでしょうか?^^

ルコウソウの細い葉と比べるとこちらの葉の方が朝顔達の葉に似ているので好きです~
2.4.6.7.8の写真いいですね~♪
Commented by calmcalmcalm at 2015-10-07 09:43 x
soyokaze-1020さま
おはようございます
このお花 いろんなものにからまって今咲いていますね
フェンスにもからまっています
こちらで拝見して
撮ってみたくなりました
Commented by h6928 at 2015-10-07 09:54
昔、この花を初めて見つけたときは感動ものでした。
小さくて、そのくせ鮮やかな花で、いつまでも咲いていて、枯れ姿も味わいがあって。
たぶん、ずっと前から日本には入っていたはずでも、北関東までは拡がっていなかったのでしょうね。
ボクが大人という年代になってから見るようになりました。
あれから年月を経て、もう荒れ地の主役みたいになっていると感慨深いです。
ルコウソウの方は、人が手助けしないと勝手に拡がらないようですけど・・・・・。
ヒルガオ科のメンバーは総じてしぶといのが多いですね。
Commented by asitano_kaze at 2015-10-07 12:31
マルバルコウソウ、この花がアサガオなみの大きさだったら、どぎつい感じがするかもしれません。
けれども、このちいささがこの花を救っているような気がします。
農家の方は刈り取るでしょうが、散策者にはとてもあいらしく映りますよね。
3など、ほんとにかわいい表情が出ていますね。
5、イノコヅチといっしょにいる佇まい、野の花の情感があって好きです。
7はsoyokaze流の生け花ですね。
Commented by nonohana28 at 2015-10-07 23:44
こんばんは♪
このオレンジ・・・小さい花なのにとても惹きつけられますね。
そして花姿はしなやかに自由にのびのびと・・・。
いつもの漢字表記が嬉しいです。成る程です^^
細々と連なる糸筋。
細く、途切れずに続くさま・・・とありました。
本当にその通りだなぁ・・・と思いました。
撮るのが難しいように思いますのにお花の魅力を上手く表現されて素晴らしいなぁ・・・と思いました。
私もいつか撮ってみたくなりました(^^♪
Commented by hemi-kame2 at 2015-10-08 10:12
マルバルコウソウ、電飾のように垣を飾っていますね。
蔓の伸びと花の付き具合が電飾みたいです。
6,7,8枚目が好きです。
Commented by soyokaze-1020 at 2015-10-12 08:49
shizenkazeさん
この子も江戸時代に観賞用として持ち込まれたようです。
葉が華奢なルコウソウは庭や公園などで栽培されますのは、人間の好み・・!?
野生化の道を選んだマルバルコウソウは逞しく繫殖して、秋の野を染めていますよね。
小さいのに呆れるほど逞しい姿に魅力を感じます。
2、4、6、7、8、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-10-12 08:50
calmcalmcalmさん
家の近くでは見られないものですから、里山まで出かけました。
今年は2ヶ所で、ちょうどマンジュシャゲが咲きほこる田の土手にもありました。
11月頃まで咲くそうですから、まだまだチャンスがありますね。
楽しみにしています(´∀`)・・☆

Commented by soyokaze-1020 at 2015-10-12 08:50
h6928さん
はい、私はカメラを持つようになってから知ったお花です。
それまでは専らガーデニングでも園芸種ばかりに目がいって・・・
今はすっかり野の草花の魅力にはまっています。
足元に目をやりますと、ちいさな命の息づかいが見え、心に満ちてくるものを感じています。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-10-12 08:51
asitano_kazeさん
真っ昼間でしたのに、アンダーで撮り過ぎてしまいました。
どれも近寄りすぎてどぎつい色になり、愛らしく描写できなくて反省しています。
PCに取り込んで去年の方が私好みのような気がして・・・
心を満たす絵はなかなか撮れません。
季節の中に身を置き、楽しみながらの修行です。
3、5、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-10-12 08:51
nonohana28さん
蔓性の草花はその蔓のたたずまいが面白いです。
様々な表情を見せてくれます。
群れて咲いていますと、どの子を選んだらよいか時間がかかりますけれど、
それも楽しみのひとつでしょうか?
野のマルバルコウソウは繫殖が旺盛で花期が長いです。
是非チャレンジを・・・
温かいコメントを有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-10-12 08:51
hemi-kameさん
云われて初めて気がつきました。
電飾・・・! なるほど、そのように見えてきました。
撮った絵を見ながらいつも伝える言葉探しに苦労をします。
感性が錆びついてなかなか磨かれません・・・^^;
6、7、8枚目、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< あいらしい愛嬌もの     ≪... 荒地も花園     ≪   ア... >>