里山の秋     ≪   マンジュシャゲ   ≫



黄色く色づいた田がひろがる里山です。

稔りの季節を迎えた田の畦を彩る マンジュシャゲ(曼珠沙華) 
その光景を見たくて訪れました。

あの猛暑の夏から、いきなり突入した今年の秋の始まり・・・

季節の移ろいを知らせるように、突き出した茎の先で真っ赤に燃えるように揺らめいています。

里山はすっかり秋の気配に包まれて、のどかな時が流れていきます。



夏ゆけばいっさい棄てよ忘れよといきなり花になる曼珠沙華      今野寿美


花言葉は、 想うはあなた一人、悲しい思い出



(1)
a0140000_22111070.jpg


(2)
a0140000_22112761.jpg


(3)
a0140000_22114143.jpg


(4)
a0140000_2212673.jpg


(5)
a0140000_2212301.jpg


(6)
a0140000_2213317.jpg


(7)
a0140000_2216114.jpg


(8)
a0140000_2213258.jpg


(9)
a0140000_22135893.jpg


(10)
a0140000_22165850.jpg

by soyokaze-1020 | 2015-09-23 22:17 | 植物 | Comments(10)
Commented by calmcalmcalm at 2015-09-23 23:16 x
soyokaze-1020 さま
美しい彼岸花ですね
今年はまだ撮れてないのですよ
とても美しいですね
お彼岸も終わったので
そろそろ色が変わってしまうでしょうね
Commented by asitano_kaze at 2015-09-23 23:23
このマンジュシャゲ、いいですねぇ。
特に4,5,7,8,9,10、しびれました。
1もすごいですね。迫力あります。
4,5,背景がすてきです。大がかりな生け花を見るような感じです。
7,9,は笹でしょうか。この緑が赤花を引き立てていますね。
8は恋人どうしの舞のようです。一瞬ステップがそろったところ。息の乱れを見せまいと我慢しているような端正さ。
10、赤い絵の具にわずかに青をまぜ、大胆にぽんぽんと赤の塊を置いていったような筆づい。不思議な魅力を感じます。
Commented by nonohana28 at 2015-09-23 23:55
確かに彼岸花・・・よりも曼珠沙華にぴったりの雰囲気ですね。
これぞ・・・という感じで
どれもみんな素敵です。
こんな風に撮れたらいいなぁ・・・と思うものばかり。
初めの3枚の表情とそれからはガラリと変わって
このお花の個性を存分に感じることができました。
感動いたしました。
Commented by shizenkaze at 2015-09-23 23:55
里山の畦に咲く彼岸花が素敵ですね
今年は彼方此方で写せましたが有名な群生地の堤防だったり神社仏閣などで里山に咲く花を写せませんでした・・・・・
出掛けた時の道中では何度も目にしましたが車を停めてまでは写す気力が出ませんでした

2.3の背景がとても鮮やかでいいですね
背景が暗い所では赤い花がより妖艶に見えますね~
ラストの彼岸花の手前で咲く白い花はニラの花でしょうか?
最近時に多く見かけるようになりました・・・・・

2.3.5.6.8.9の写真いいですね~

『辛き恋 悲しき思い 悲願花・・・・・    自然風』
Commented by hemi-kame2 at 2015-09-27 20:32
お久しぶりです、ご無沙汰してました。
トップ、彼岸花の原ですね、このような拡がりで咲いて居る処は珍しいですね。
8枚目の2連も良いですねぇ、好みです。
また、ひとつのんびりとお付き合いのほどよろしくお願いします。
Commented by soyokaze-1020 at 2015-09-30 00:14
calmcalmcalmさん
不思議なお花ですね。
お彼岸のころには全国一斉に咲きそろいますね。
桜は南から北上して時間差があり「桜前線」なんて言葉がありますのに・・・^^
一週間ほど野山を燃える赤で彩り、朽ちて姿を消してしまいます。
タイミングを見計らって里山を訪れました。
ちょうど良い時期だったようです。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-09-30 00:14
asitano_kazeさん
散歩道でも其処此処に花は見られたのですが、里山まで出かけました。
ほんとうは棚田の景色に憧れていたのですが、叶いませんでした。
昔は田んぼの畦を彩る「秋の風物詩」のような美しい光景が見られたそうです。
山道から田を見下ろして、振り返って草や笹が生い茂る山の斜面の花を狙って見ました。
1、4、5、7、8、9、10、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-09-30 00:15
nonohana28さん
温かいコメントを有難うございます。
この時期はこの花が至る所に顔を見せ、どのように描写したらよいか迷いますね。
角度や背景を色々工夫して遊び足りないくらいです。
ちょっと褒めすぎのお言葉が嬉しいやら恥ずかしいやらです~(・´з`・)

Commented by soyokaze-1020 at 2015-09-30 00:15
shizenkazeさん
彼岸花を追いかけて果敢にお出かけになるshizenkazeさんに感心しております。
私は身近な(と云っても車で1時間)里山で済ませました。
季節の花ですから外せませんね。
いつも背景を気にしながらレンズを向けますが、思い通りの絵にならないことが多いです。
ラストは手前はニラ・後ろの木は柿(実がなっていました)
2、3、5、6、8、9、有難うございます。
名句の悲願花・・・shizenkazeさんのおつむの柔らかさ、心の豊かさにはいつも感動です~(´∀`)

Commented by soyokaze-1020 at 2015-09-30 00:15
hemi-kameさん
ブログ再開、お待ち申し上げておりました。

トップ、手前は田の稲、その向こうは畑(?)、草刈の作業をされていてもう少し遅かったら花は見られなかったかも・・?
ギリギリセーフでした・・^^
8枚目、有難うございます。
自然の中に身を置きましたら、気持ちも落ち着いてまいります。
こちらこそ、宜しくお付き合い下さいませ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 可愛らしい問題児・・・?   ... 妖しく変化     ≪   ヨ... >>