晩夏を見送る     ≪   フシグロセンノウ   ≫



樹木の下の草に覆われたうすぐらい処に、一際鮮やかな朱色の花が風に揺れています。

野草にしては珍しい艶やかな姿の フシグロセンノウ(節黒仙翁)
今年も逢えました。

時おり射す木漏れ日を浴びますと、いっそう艶めかしく・・・
光が逃げますと、無邪気な幼子のように・・・

自在に変貌するこの子の姿に、私はいつも惑わされます。

いつも満足に撮れたことがない花なのに、
暗い林の中で出会いますと、ドキッとしますしついレンズを向けます。
他を寄せ付けない凛とした佇まいに魅かれて~!?

しずかに晩夏を見送るその姿は、妖しくもあり淋しげにも見えます。

晩夏とは云い難い夏の終わり方?
この子たちはしっかり見送ってくれたようです。


うすぐらい林道は登り道にしてフシグロセンノウきっぱり赤し        鳥海昭子




花言葉は、 転機



(1)
a0140000_9302573.jpg


(2)
a0140000_930459.jpg


(3)
a0140000_931659.jpg


(4)
a0140000_9313098.jpg


(5)
a0140000_9315015.jpg


(6)
a0140000_9323738.jpg


(7)
a0140000_933269.jpg


(8)
a0140000_9334059.jpg

by soyokaze-1020 | 2015-09-02 09:35 | 植物 | Comments(6)
Commented by calmcalmcalm at 2015-09-02 11:44 x
soyokaze-1020さま
フシグロセンノウは緑の中では
ひときわ美しく存在感がありますね
やはり庭に咲くものより
豊かで広い緑の中がよく似合いますね
素晴らしいこと!!
Commented by shizenkaze at 2015-09-02 23:24
ナデシコ科の中にあるセンノウ属の花達はどの花も美しいですね
花によっては可愛いものも妖艶なものも見られるので多くの花達に出逢いたいものです・・・・・
とくにこのフシグロセンノウには何故か親近感があります~(*´∀`*)

でもこちらではあまり見る機会がありません・・・・・
1.3.5.6.8の写真いいですね~

『魅せられし 京都嵯峨野の 朱色花・・・・・           自然風』
Commented by asitano_kaze at 2015-09-04 10:47
フシグロセンノウ、大好きな花のひとつです。
なかなか出会いが少ないです。
出会えても、見頃に会えず、会えても株がすくなくて、思う存分この花に囲まれて撮りたいと願っています。
ここはいいところですねぇ。
3,4,5,6,とくに4が好みです。
5のかわいいこと。何かいいたそうな6、この2つの画もすてきです。
Commented by soyokaze-1020 at 2015-09-05 22:04
calmcalmcalmさん
初めて出会ったときには、あまりの鮮やかさに園芸種なのだと通り過ぎてしまいました。
山野草の追っかけを始めたばかりでしたので・・・
整然と植えられたものではなく、緑の草薮で気ままに咲いている姿に魅力を感じています。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-09-05 22:04
shizenkazeさん
花は、見るものの心を写しとるように様々な表情を見せてくれますね。
見る人間の勝手な思い込みかもしれませんが・・・
この子の色は不思議な魅力を持っていますが、満足に撮れたことがなく難儀する花のひとつです。
1、3、5、6、8、有難うございます。
久々の名句、保存しました~☆ ありがとうございま~す。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-09-05 22:04
asitano_kazeさん
ちょうど見頃だったようです。
あちこちに朱色を点滅していました。
ですが、どう撮ったら良いのかいつも戸惑い、不完全燃焼!
課題を残すお花です。
3、4、5、6、温かなコメントを有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 神代(かみよ)の時代に思いをは... 初秋の音色     ≪   ツ... >>