初秋の音色     ≪   ツリガネニンジン   ≫



丘の上に涼やかなハンドベルの音色が響き渡ります。

耳を澄まさないと聴こえそうもないその音色・・・
見えそうもない陽炎のような妖精たちが、秋の歌を奏でています。

風に揺れながら幾段にもなって咲く ツリガネニンジン(釣鐘人参) を、ハンドベルにして
器用な妖精たちが秋風を誘っています。

厳しかった夏の暑さはすっかり遠ざかり、
ここは既に秋の入り口・・・

初秋の音色を感じながらの散策は、楽しくもあり切なくもありの季節の訪れです。



花言葉は、 詩的な愛




(1)
a0140000_2362539.jpg


(2)
a0140000_2364970.jpg


(3)
a0140000_2371134.jpg


(4)
a0140000_2372764.jpg


(5)
a0140000_2374543.jpg


(6)
a0140000_238130.jpg

by soyokaze-1020 | 2015-08-29 23:09 | 植物 | Comments(4)
Commented by shizenkaze at 2015-08-29 23:40
『山で美味いはオケラにトトキ』と私が山菜に興味がある頃に持っていた本などには必ず書かれていた言葉でした・・・・・
オケラはキク科の植物ですがトトキがこのツリガネニンジンの別名(山菜名)です~
山菜を好きで採っていた頃でもこのツリガネニンジンは採るのが可哀想なので採取したことがありませんでした・・・・・
今は自然の中に咲いているのを見るとカメラを向けてすぐに撮ってしまいます~♪
可愛い花達は採るより撮る方がいいですね~(*´∀`*)

ツリガネニンジンのハンドベルを持った妖精たちが夏服から秋の姿に変わって静かな音色を奏でてくれるようですね~

1.4.5.6の写真いいですね~(*´∀`*)
Commented by asitano_kaze at 2015-08-30 17:38
季節は信じられないほどの速さで秋の入口をくぐってしまったようですね。
ツリガネニンジン、このようないい出会いに恵まれません。
たいていうちひしがれて、何とかがんばっている子を見つけて撮る。というのが常です。
この子たちの繊細なベルの音はよほどこころを澄まさないと聴き取れないでしょうね。
トップがもっとも好きです。
4もいいなぁ。くりっと反り返ったしべもすてきです。
5,ツマグロヨコバイが耳をすませてベルの奏でるメロディに聴き入っていますね。
Commented by soyokaze-1020 at 2015-09-04 20:30
shizenkazeさん
大人になって知ったお花です。
shizenkazeさんは博学でいらっしゃるから、勉強させていただいています。
「トトキ」のこともshizenkazeさんのお部屋で教えて戴きました~☆
この時期、この子たちを野で見ますとハンドベルを連想します。
そして、ベルの音が聴こえてきそうな気がします。
1、4、5、6、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2015-09-04 20:31
asitano_kazeさん
季節は加速して晩夏を感じないまま秋に突入してしまったようです。
やっと出会えましても元気な姿を見ることができないことが多いのですが、
今回はタイミングよく傷みが少ない子たちと出会えました。
5、PC画面で気づき、調べましたが判らないままでした。
教えて頂き有難うございます。
ツマグロヨコバイ、イネの害虫だそうですね。きれいな黄緑色の衣装ですのに・・・
トップ、4、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 晩夏を見送る     ≪   ... 途切れ・途切れの想い出    ... >>