風の色     ≪   ノブドウ   ≫



土手から枝垂れる ノブドウ(野葡萄) 

日あたりが悪い場所がらの為か、あの特徴ある色づきは今一です。

里山の陽射しの中で出会う子は、歪な形で5色の宝石を思わせますが
ここでは、葉も実も端正なまま・・・
寄生する虫も少ないということなのでしょうか?

それとも・・・
形も色もこれからカラフルに変化するのかも~!?

水面と枝垂れるノブドウの間を、秋の風が通り過ぎます。

風に染められたノブドウの実は、仄かに蒼く輝きました。
風の色は“蒼だった”・・・そんな気がしました。



花言葉は、 慈悲、慈愛



(1)
a0140000_1022353.jpg


(2)
a0140000_1023228.jpg


(3)
a0140000_10233828.jpg


(4)
a0140000_10241089.jpg


(5)
a0140000_10244716.jpg


(6)
a0140000_10252046.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-11-12 10:27 | 植物 | Comments(8)
Commented by calmcalmcalm at 2014-11-12 11:05 x
soyokaze-1020さま
私 野葡萄大好きです
葉のかたち 何かにからまって 実をつけ
今またその実の色が美しく変化をはじめ
まだしばらく楽しめそうですね
Commented by shizenkaze at 2014-11-12 23:33
ノブドウの実は可愛いので見れば写してしまいます~
色がとても淡くて私には素敵に思えますがこれから少しは色が濃くなるのでしょうね・・・・・・
1.2の実はまだ色がついていないので少し早いのかも知れませんが他の実の色は綺麗で可愛いので写真が素敵に思えます~
2.3.6の写真素敵ですね~

『野葡萄を 一房髪に 山の路・・・・・     自然風』
Commented by asitano_kaze at 2014-11-13 20:13
名前がいいですよね。
この果実は個性的ですよね。色も形も。
ここのは優等生ですね。
でも、この淡くやさしい色合いはノブドウそのものですね。
秋の風の色がふわっと感じられます。
3,4,いいですね。
6がもっともお気に入りです。
Commented by hemi-kame2 at 2014-11-13 20:48
野葡萄の実の色変化は面白いですね。
こうして色の変化を一緒に見られるのは良いですね。
5,6枚目の薄青色が好きです。
Commented by soyokaze-1020 at 2014-11-14 22:35
calmcalmcalmさん
花の時期は見逃してしまいますが、この時期になりますと探し回ってしまいます^^;
野の宝石、そんな魅力がありますね。
ここではまだ色づいていなくて、去年も撮ったのですが後日行って見ましたら、
草刈で見事に消えていました。
多分、今年もそうなるのではと・・・
里山まで出かけるチャンスがあればよいのですが・・?

Commented by soyokaze-1020 at 2014-11-14 22:41
shizenkazeさん
市の中心部の川の石垣です。
毎年ここで見るのですが、色づいたものに出会えません。
色づく前にモデルになってもらいます。
髪飾りになるような子に、会いに里山まで出かけたくなります。
2、3、6、と、美しい名句を有難うございます。
Commented by soyokaze-1020 at 2014-11-14 22:46
asitano_kazeさん
まわりの草や木が邪魔しない所に垂れ下がっています。
その姿に惹かれて見に来ますが、あの魅惑的な5色の宝石になれないまま毎年消えてしまいます。
この日の秋風は、寂しげな蒼い色のように感じました。
3、4、と6、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-11-14 22:50
hemi-kameさん
不思議ですよね。
同じ枝であっても、実の色の変化は様々なのですもの・・・
ここのこの子たちの色づきを見たいのですけれど、想いは叶いません。
5、6枚目、有難うございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 冬の入り口     ≪   ノ... 水辺も秋~☆     ≪   ... >>