山野草の最終便     ≪   キッコウハグマ   ≫



渡る秋の風が冷気を伴って来ました。

爽やかな樹の香りの中を歩く森も、落ち葉が目立つようになり、
踏みしめるとカサコソと唄います~♪

うす暗い樹木の下は岩や倒木などが有り、それなりに過ぎ行く秋の風情です。

そんな場所から茎を伸ばし小さな花が、点々と白い炎を灯しています。

1cmにも満たない可憐な花は、 キッコウハグマ(亀甲白熊) です。

この森で見たのは一株だけでしたのに、今年は疎らですけれどあちこちに見られます。
この花は日陰が好みらしく、しかも閉鎖花で終わることが多いのが特徴です。

稀に開いた花に出会うことは、運が良いのだとか・・・!?

キッコウハグマが咲きますと、もう新たな山野草の開花はなく、森や山で見る花の最終便になりそうです。

私には、運の良い締めくくりになった気がします。



花言葉は、 清楚、素朴


(1)
a0140000_9464625.jpg


(2)
a0140000_94738.jpg


(3)
a0140000_9474342.jpg


(4)
a0140000_948921.jpg


(5)
a0140000_9482723.jpg


(6)
a0140000_9485722.jpg


(7)
a0140000_9502382.jpg


(8)
a0140000_950509.jpg


(9)
a0140000_9514847.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-11-04 09:53 | 植物 | Comments(8)
Commented by asitano_kaze at 2014-11-04 19:42
キッコウハグマですか。まだ出会ったことがないような気がします。
よかったですね。たくさんの花が見られて。
そうですね。いよいよ花が少なくなってきましたよね。
淋しい限りです。
ちいさな花なんですね。1cnにも満たないのですか。
花の大小ではないですね。魅了するというのは。
1,2,4,6,7,9,参りました。
横顔の4が特にお気に入りです。
Commented by shizenkaze at 2014-11-04 23:43
キッコウハグマは私も出会ったことがありません
同じ仲間でもコウヤボウキやカシワバハグマと比べると気品があるように感じられますね~
soyokazeさんの出かけられる所には私の知らない色々なもの達が多いので楽しく拝見しています~(*´∀`*)
今日の写真も全部いいですね~
どれも素敵なので見ていて嬉しくなりました・・・・・

本当に『句にも書けない美しさ・・・』です~(#^.^#)
Commented by hemi-kame2 at 2014-11-05 11:22
キッコウハグマ、これは可愛いですね。
白い小さな花は夢見て咲いてるようなロマンを感じます。
けな気な感じも受けます。
1,2,6,7枚目、良いですねぇ。
Commented by calmcalmcalm at 2014-11-05 21:01 x
soyokaze-1020さま
キッコウハグマというお花
可愛いですね最終便のお花とか
最後に出遭えてよかったこと!!
森の中に咲くこんなに小さなお花
ほんとに清楚で素朴ですね
こちらに伺うと知らないお花を学ぶことができます
Commented by soyokaze-1020 at 2014-11-05 22:53
asitano_kazeさん
3年ほど前に、この森で初めて出会い、一株の小さな花を右左に位置を変えながら
撮ったことがありました。
貴重な花だと思いましたが、調べましたら低山や山地の森林に自生するらしいです。
私は、ここでしか見たことがないのですけれど・・・
検索しましたら、今年は花つきが良いようです。
私にしたら、運が良かった・・! ことにしたいです。
1、2、4、6、7、9、特に横顔の4、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-11-05 22:53
shizenkazeさん
カシワバ・・・との出会いは有りませんが、コウヤボウキよりはるかに小さな花です。
森の散策路は大小の石ころや枯れ葉があり、膝をついて息を殺して撮るのに苦労します。
高い山に登って、自生の草花を追いかけたいのですが、体力も気力もなく
ただ、夢で終わりそうです。
できる範囲内をウロウロしながら満足するよう心がけたいと・・・
『句にも書けない・・』などと、気恥ずかしいです。
励ましのコメントを有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-11-05 22:54
hemi-kameさん
はい、小さな花ですから目立ちません。
気をつけて探さなければ見逃してしまいます。
森の中の日陰の枯れ葉が敷き詰められた場所に、点々と咲いていました。
ひとつの花は、小花が3個集まって形成されています。
葉の形が亀甲、花の様子が高地に棲む“ヤク”の尾の毛で作った飾りに似ていることからついた名前だそうです。
可憐なお花に相応しいのかどうか?
1、2、6、7枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-11-05 22:58
calmcalmcalmさん
森や山の季節は平地より足早に過ぎていくようです。
おそらくこのお花で山野草は最終便? 春まで大地の下で眠りにつくことだと・・・
2月頃になりますと春の妖精たちが次々に目覚めて、可愛い笑顔をみせてくれます。
楽しみですねぇ~♪
まだまだ出会いたいお花が沢山あります。
また、元気を出して山野草の追っかけが出来ればいいのですけれど・・・

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 秋色キャンパスの中で・・   ... 暮れゆく秋     ≪   セ... >>