燭台の仄かなあかり     ≪   タイワンホトトギス   ≫



山の上の古いお寺に一本の桜の木があります。
ジュウガツザクラ(十月桜) と、手書きの札がつけられ、数年前からこの時期に訪れています。

そろそろではないかと逢いに行きましたが・・・
傍に大菊の展示小屋が建てられ、絵になりません。

お寺の横の石垣沿いに タイワンホトトギス(台湾杜鵑草) が自生しています。
多分、自生・・? 数年前、お会いしたお寺の方から聞いた記憶があるような~?

晩秋も近い山のなかのお寺は人影もなく静寂で厳かな雰囲気です。

ホトトギスの花もそろそろ終わりのはずですのに、ここではまだ健気で可憐な姿~☆

この花の仲間は日本だけでも13種類、地域固有種や変種を含めますと、もっとあるそうです。

名札は有りませんが、この子は花径3cm弱、茎先が枝分かれし
小型の花が上向きに咲く特徴から タイワンホトトギスとしました。

まるで昔の燭台に火が灯されたように、仄かな明かりを放ちながら咲いています。


花言葉は、 永遠にあなたのもの



(1)
a0140000_9514980.jpg


(2)
a0140000_9522494.jpg


(3)
a0140000_9524736.jpg


(4)
a0140000_9531276.jpg


(5)
a0140000_953314.jpg


(6)
a0140000_9541069.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-10-27 09:55 | 植物 | Comments(8)
Commented by hemi-kame2 at 2014-10-27 19:24
2枚目、きれいに撮れてますねぇ。
タイワンホトトギスは他のホトトギスより見栄えがよくないですが、これくらいに撮れれば良いですね。
けっこう種類があるのですね。
Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-27 20:00
hemi-kameさん
調べていくうちに判らなくなることがしばしばです。
ネット画も判別不可能なものがあり、不確かなものですから・・・
間違っていましたら、お許し下さい。
2枚目、有難うございます。

Commented by asitano_kaze at 2014-10-27 20:31
あらら、大菊の展示小屋ですか。写欲が一気に失せますよね。
花のかたわらには実ができていますね。
ホトトギス、詳しくありませんが、私もタイワンホトトギスだと思います。
花と実、いっしょに撮れるのは季節がすすんでいるからでしょうが、いい感じですね。
2,4,5,6,いいですねぇ。
とくに5が好きです。
Commented by calmcalmcalm at 2014-10-27 21:19 x
soyokaze-1020さま
ホトトギスがとても美しいですね
やはり この色が一番ホトトギスらしい色ですよね
我が家のお花はすべて終わりましたが
その種が乾いて白くなったのがとても好きなのですよ
Commented by shizenkaze at 2014-10-27 23:43
タイワンホトトギスはまだ蕾も見られますが同じ所に実も見られますね~
ホトトギスの花姿は私にとってはトケイソウと同じくらい不思議花です・・・
自然の造形神様のセンスって計り知れないですね~
2.4.5の写真いいですね~(*´∀`*)

『杜鵑草 鳥と名前は 同じでも 貴方の御側に 飛べぬ辛さよ     自然風』
Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-31 23:42
asitano_kazeさん
ちょっとガッカリしました。
この時期に咲く桜、風情が有り好きなものですから、それ狙いに山に登りましたのに・・・
12・3鉢の大菊、大切に育てられ訪れる人々に観て貰いたかったのでしょう?
ホトトギスは我が家のものより小さくて可憐でした。
2、4、5、6、とくに5、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-31 23:43
calmcalmcalmさん
石垣はかなりの高さがありますが、その裾に小さな群落を作っていました。
少し下りた所に池があり、その縁にも見られます。
池の縁のものは今年初めて気づきました。
種が乾いて白くなるのですか?
この種では有りませんが、我が家のものも白くなるのかしら?
気づきませんでした。
確かめなくっちゃぁ~^^

Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-31 23:44
shizenkazeさん
不思議な花姿ですよねぇ。
華やかなお花ではありませんが、年々この子に魅力を感じるようになりました。
カメラを持つまでは、じっくり見たことがないお花です。
2、4、5、有難うございます。
今日の名句は片思いの切なさですね?
shizenkazeさんの若かりし頃の思い出でしょうか?
良い青春時代だったようですね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 晩秋の森     ≪   コウ... 秋雨の庭     ≪   シュ... >>