森の奥のお花畑     ≪   ミカエリソウ   ≫



「チカラシバに似た花で、名前負けしているように思うのだが・・」
そんな言葉を残して、用事があるからと案内人の方は森を下りていきました。

教えて頂いた谷に入り、石や岩がごろごろした細い坂道を登ります。

樹木の下に見事な群落が、目に飛び込んできました。
木漏れ日さえもない、薄暗いフィールドで淡紅色の花穂が揺らめいてます。

「あまりの美しさに思わず振り返って見る」と云うことからつけられた名前の ミカエリソウ(見返草) 

森の奥にこのような素敵なお花畑があったなんて~☆
ちょっと感激です。

何度か訪れている森ですが、広大で奥深く谷あり岩山ありで、私はいつも入り口あたりをウロウロするばかり・・・

まだまだ魅力ある出会いがありそうなのですが、身体がもちません。


花言葉は、 私的な愛



(1)
a0140000_8121891.jpg


(2)
a0140000_8145936.jpg


(3)
a0140000_8152086.jpg


(4)
a0140000_8161410.jpg


(5)
a0140000_8175352.jpg


(6)
a0140000_8182465.jpg


(7)
a0140000_8195857.jpg


(8)
a0140000_820178.jpg


(9)
a0140000_8205517.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-10-15 08:22 | 植物 | Comments(8)
Commented by hemi-kame2 at 2014-10-15 10:23
ミカエリソウ、初めて見ました。
林床にこの赤紫の群落があったら、振り返るかもしれませんね。
花穂の上まで咲いてそれが群落全部にいきわたっていたら・・・きっと素晴らしいと思います。
4,7、ラスト、好みです。

Commented by shizenkaze at 2014-10-15 23:47
ミカエリソウは初見だと思います・・・・・
色が白でよく似た花を以前『ひるがの湿原植物園』で見ましたがそれはテンニンソウと言うシソ科の植物でした~
気になったので今調べましたら同じ科属の花だと判りました・・・・・
シソ科特有の花姿が可愛いですね~
それにこの花は色も素敵です・・・・・♪

4.5.7.8の写真いいですね~
出逢ってみたい花がまた増えました・・・・・♪
Commented by asitano_kaze at 2014-10-16 20:32
ここは恵まれた環境のようですね。
谷あり岩山ありですか。わくわくしますね。
光をあびたミカエリソウ2,3,幸せそうです。
それより光のすくない1,9,喜びを内に秘めていそうです。
4は思いつめて、5は見送って、6は待ちわびて、7はようやく会えて。
8は新たな想いを秘めて。
そんなさまざまな想いを抱いて、この森の奥の花畑で人知れず花を咲かせているのでしょうね。
Commented by calmcalmcalm at 2014-10-16 22:14 x
soyokaze-1020さま
ミカエリソウのお花はこのように群生するのですね
いつも写真を撮らせていただいているお宅にあるのですが
このような咲き方ではないように思います
お庭だからでしょうか?
美しいですね
Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-18 08:35
hemi-kameさん
私も初めての出会いです。
この花は花期が短く、花穂の下から上まで咲きそろうのに出会うのは難しいようです。
薄暗い森の中で、中途の咲き方ですがラッキーなタイミングだったのかも知れません。
4、7、ラスト、有難うございます。
Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-18 08:35
shizenkazeさん
調べて頂き、有難うございます。
シソ科のテンニンソウ属とのことですね。
テンニンソウは見たことがありませんが、ネット画ではよく似ていますね。
森の奥に広がる一面のピンクは、ハッとする驚きでした。
4、5、7、8、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-18 08:36
asitano_kazeさん
3年前は高いところまで登る元気がありました。
今は気力がついていきません。
写真一枚一枚に、素敵な想いの言葉、ありがたいです。
私も、せめてkazeさんのような感性を持ち合わせていたら・・・、
そんな気持ちでコメントを拝読しています。
いつも勉強させて頂いています。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-18 09:29
calmcalmcalmさん
この花は花期が短いそうです。
時間と共に佇まいも変化するのかも知れません。
ここの自生のものは、山肌を駆け上がるように群生していました。
夕方近い時間でしたし、体力がなく、上まで登ることは諦めました。
お知り合いの方のお庭、素敵ですねぇ。
いつも楽しみに拝見しています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 草むらの秋祭り     ≪  ... 森の中の山野草たち     ≪... >>