森の中の山野草たち     ≪   マツカゼソウ ・ 他   ≫


久々の森歩きです。

この日は、顔なじみになった森の案内人の方に同行して頂きました。


薄暗い散策路の脇は マツカゼソウ(松風草) が、やさしく揺れています。
風情ある佇まいに心惹かれるお花ですが、ピント合わせに苦労を強いられます。


坂道の斜面に佇んでいるのは センブリ(千振) 、かたい蕾はまだ開きそうもありません。
和の雰囲気の清楚な花を期待していたのですが・・・
今日の目的のひとつは、この子だったのですが、残念でした。


木立ちが途絶えた小さな広場には タンナトリカブト(丹那鳥兜)
これから色づく淡い姿は清楚に見えますが、全身が猛毒~!!
漂わせる妖艶な笑みに惑わされそうになります。


下り坂の笹薮に灯りを点したように ツルニンジン(蔓人参) が見下ろしています。
数年ぶりだとのことで、案内人の方は嬉しそうです。
何度か訪れる森、ここでこの子に出会うのは初めてで、私も嬉しくなります。


(1)マツカゼソウ        花言葉、揺らめく恋心     
a0140000_914542.jpg


(2)
a0140000_9152410.jpg


(3)センブリ     花言葉      はつらつとした美しさ   
a0140000_10585854.jpg



(4))タンナトリカブト       花言葉、心を傷つける言葉
a0140000_916531.jpg



(5)
a0140000_9183058.jpg


(6)ツルニンジン        花言葉、執着
a0140000_1183077.jpg


(7)
a0140000_1193498.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-10-13 09:52 | 植物 | Comments(10)
Commented by hemi-kame2 at 2014-10-13 11:12
マツカゼソウ、小さい花なのですね。
風に揺れそうです。
タンナトリカブトの色は優しい色で普通のトリカブトより毒々しくないですね。
形が鳥兜なので間違える人はいないと思いますが優しい淡い色だと毒が薄いような気がしてしまいます。
3枚目、良いですねぇ。
Commented by calmcalmcalm at 2014-10-13 18:06 x
soyokaze-1020さま
今回の作品はすべて見たことないお花ばかりです
そして 見てみたいものばかりです
とくに蔓にんじんは見つけることができないかもしれませんが
出遭ってみたいお花です
Commented by shizenkaze at 2014-10-13 23:11
素敵な花達ですね・・・・・
この花達には出逢いがないです
マツカゼソウはミカン科でしたね?
一度会ってみたい花です・・・・・

センブリもツルニンジンもタンナトリカブトもいいですね
タンナトリカブトの優しい色に一目惚れしました~
2.4.5.6.7の写真いいですね~(*´∀`*)

今日の花達に逢いたいです~
Commented by asitano_kaze at 2014-10-14 19:42
今回はたくさんの役者が登場していますね。
優美な佇まい、いいですねぇ。
マツカゼソウのつぼみにまじってそっと開いた白花、たおやかですねぇ。
センブリ、まだ出会ったことがないです。どんな花が咲くんでしょうね。
タンナトリカブト、5など貴婦人の笑みですね。
こんな顔を向けられたら、男はだれしもいちころです。
ツルニンジンの6,7,の横撮り縦撮りの対比、面白いです。
Commented by deep_breath38 at 2014-10-14 23:31 x
こんばんは。
タンナトリカブトって初めてです~。
う~ん、やっぱり怪しい魅力ですね。
マツカゼソウも、こちらではなかなかお目にかかれません。
ツルニンジン、やっぱりいいですね~(^-^)
2,4,5,7枚目が好きです~(^^)
Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-17 00:02
hemi-kameさん
マツカゼソウはたおやかな花姿が好きなのですが、細い茎に小さな花、
ちっともジッとしてくれません。
タンナトリカブト、これから深い青みがかった紫色になります。
そうしますと、凄みが出て妖しさ倍増~^^ なのです。

この日、更新しようとしましたら、「内容が多すぎます」と表示され何度も跳ねられてしまいました。
PCが不具合なのか、エキサイトの都合なのか原因が判らないまま・・・
記事を減らし、写真も4枚のみにしてアップしました。
多分、ご覧頂いたのはこの時点のものだと思います。
時間をおいて編集し直しまして、7枚載せることができました。
申し訳ございませんでした。
コメント、有難うございました。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-17 00:02
calmcalmcalmさん
年の内、何度か訪れる森なのですが、深くて広いしお花も探すのに手間取ります。
この日は案内人の方に教えていただきながらの花探しでした。
ツルニンジン、地味な花ですが魅力ありますね。
ここでも数年ぶりに顔を見せてくれたと、案内人さんは自慢げでした。
どこかで出会いがあると良いですね。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-17 00:02
shizenkazeさん
マツカゼソウ、こちらでは少し高い山や森に行けば必ず出会います。
多年草で草本では唯一のミカン科だそうです。
独特の香りがあるそうですが、私は撮るだけで触れたことがなく、観察力に乏しいと後で反省ばかりです。
森の中では、かなり歩いても多くの花に出会うことがなく、4種の登場になりました。
2、4、5、6、7、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-17 00:03
asitano_kazeさん
はい、それぞれ沢山撮ったのですが、森の中は薄暗くブレ画ばかり・・・
仕方なくのアップです。
出かけることが少なく、週一にまとめて控えのものを用意しますのに
焦ります。
どの子もイメージしていたものとは違いましたが、出会いは大切にしたいと!
一株だけのツルニンジンの垂れ下がった佇まいが嬉しくて、色々な角度から眺めました。
光がない森の中は苦労します。
いつも丁寧に見ていただき、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-17 00:03
deep_breath38さん
西の方で自生しているのはタンナトリカブトが多いのだそうです。
マツカゼソウは風情ある名前の通り、とても魅力ある佇まいのお花です。
つる性のお花はつるが垂れ下がった姿が良いですよね。
2、4、5、7枚目、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 森の奥のお花畑     ≪  ... こんぺいとうの花     ≪ ... >>