しとやかに     ≪   ツルニンジン   ≫



去年ここで出会ったっけ・・・!?
背丈ほどの植え込みの中を探します。

目を凝らさないと分からないほど、目立たない花です。
緑がかった白い釣鐘状の花 ツルニンジン(蔓人参)
辺りの草や木の枝に絡みつき、しとやかな姿でぶら下がっています。

花径は2・3cmもありますのに見逃しそうに地味なのは、この慎ましやかな色合いなのでしょう。

けれど中を覗くと、驚くなかれ・・・!
内側に紫褐色をした筋や班で彩られています。

この斑点をお爺さんのソバカスに見立てて、「ジイソブ」と云うそうです。
『 ソブ 』は、木曽地方の方言で「ソバカス」・・!
まだ出会ったことがない ヒメツルニンジン(姫蔓人参)は、「バアソブ」なのだそうです。

ひかえめでしとやかな花姿ですのに、「なんだかなぁ~!」 です!

記憶が年ごとに曖昧になっていく私です。
ここで、確かにこの子に出会えて、一安心しました~^^



花言葉は、 執着、誠実



(1)
a0140000_1051465.jpg


(2)
a0140000_10113319.jpg


(3)
a0140000_1071419.jpg


(4)
a0140000_1074510.jpg


(5)
a0140000_108062.jpg


(6)
a0140000_1082927.jpg


(7)
a0140000_1085025.jpg


(8)
a0140000_109790.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-10-05 10:12 | 植物 | Comments(8)
Commented by deep_breath38 at 2014-10-05 21:12 x
こんばんは。
ツルニンジン可愛いですね~(^^)。
同じ仲間のバアソブに、今年の霧ヶ峰旅行で出会えなかったので、こちらで見せて頂けて満足です~(^-^)
3,4,5,7枚目がいいですね~(^^)
Commented by shizenkaze at 2014-10-05 23:17
ツルニンジンに出逢えて良かったですね~
私はまだツルニンジンにもバアソブにも出逢いがないです・・・・・
信州には知り合いがいて子供の頃から大学生の頃まで何度も出掛けていましたが伊那地方では『ソブ』は使わなかったように思います
同じ長野県でも木曽と伊那と長野は風習も違いますね~

2.3.4.5.7の写真いいですね~

『鏡見て ツルニンジンに 我思う              自然風』
Commented by hemi-kame2 at 2014-10-06 14:17
ツルニンジン、どこかで見たような気がします。
地味な花ですね。
ジイソブ、面白い良い方ですね、こちらの方が親密性がありますね。
3枚目、ジイソブの時間経過が分かります、蔓も写ってて良い感じですね。
Commented by asitano_kaze at 2014-10-06 19:43
ジイソブ、バアソブが爺遊ぶ、婆遊ぶときこえます。
この花、間口が広いですからのぞく体勢ができれば、4のようにくっきりと花芯が観られますね。
目立ちませんが、ただ者ではないような佇まいです。
3,5,7,8,すばらしいです。
とくに3,8につよく惹かれます。
3の三者三様の姿、8の夢みるようなとろ姿、いいですねぇ。
Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-07 20:48
deep_breath38さん
バアソブには出会ったことがないのですよ。
霧が峰での出会いがお有りだったのですね。
ジイソブより少し小さ目だそうですが、出会ってみたいです。
3、4、5、7枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-07 20:48
shizenkazeさん
出会いますと場所を覚えるようにしていますが、
shizenkazeさんのように目盛ることなく、大雑把なことばかりして
その時期に戸惑ってしまいます。
反省しなければ・・?です。
2、3、4、5、7、有難うございます。
名句の中のshizenkazeさんは、まだジイと呼ぶには相応しくないと・・・?
まぁ、『ソブ』も歩んできた道の勲章みたいなものですけれど・・・

Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-07 20:48
hemi-kameさん
地味で目立たないものですから、気をつけなければ見逃してしまいますねぇ。
この花をジイソブと呼ぶことを知り、私は「なんだかなぁ~」と云う気持ちでした。
細い枝に絡まり、地味にしとやかに咲いていますもの。
3枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-10-07 20:49
asitano_kazeさん
爺遊ぶ~! kazeさんから軽妙なお言葉を戴くなんて、嬉しくなります。
この花は、周りの緑に溶け込んで目立ちませんが、それ故一層、見つけた時はワクワクものです。
佇まいもしとやかで好きなのですが、思い通りの姿の子たちに出会わなくて・・・
木の枝から空間にぶらさがる様な子たちに会いたいと願っています。
3、5、7、8、有難うございます。
3、8、に過分なお言葉、嬉しいです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 宝石の輝き     ≪   マ... はにかみながら・・・     ... >>