霧雨の中の乙女たち     ≪   ツリガネニンジン   ≫



家を出る時、空はうす曇り・・・
何とか持ちそうだと、淡い期待を持っていましたのに~!?
山のお天気は、まことに気紛れです。

怪しい雲が低く垂れこめ、やっぱり大粒小粒の雨になりました。

やっと一日のお休み日がもらえましたのに・・
一時間強かけてやって来たのですから、引き返さずに花撮り続行です。

霧雨になったのを見計らい、歩き始めた道脇に ツリガネニンジン(釣鐘人参) が寂しげに微笑んでくれます。

山の霧が一瞬、目の前のこの子を撫でるように流れていきます。
霧の雫をまとった姿は、もの悲しくなるほど美しく、雫がお似合いの乙女たちのよう

彼女たちが鳴らす小さなベルの音は、秋を呼び寄せるシンフォニーです。



(略)
  さうしてどうだ
  風が吹くと 風が吹くと
  斜面になったいちめんの釣鐘草(ブリュ-ベル)の花に
  かがやかに かがやかに
  またうつくしき露がきらめき
  わたしもどこかへ行ってしまひさうになる・・・
(略)
                    宮沢賢治   詩「山の晨明に関する童話風の構想」より



花言葉は、 詩的な愛、優しい愛情

(1)
a0140000_19154242.jpg


(2)
a0140000_1916610.jpg


(3)
a0140000_19162430.jpg


(4)
a0140000_19165095.jpg


(5)
a0140000_1917930.jpg


(6)
a0140000_19173268.jpg


(7)
a0140000_19182576.jpg


(8)
a0140000_19183914.jpg


(9)
a0140000_19185063.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-08-29 19:19 | 植物 | Comments(10)
Commented by calmcalmcalm at 2014-08-29 21:30 x
soyokaze-1020 さま
ツリガネニンジン とても美しいですね
とてもしっとりとした色で
ピカピカに晴れている日より美しいのでしょうね
情緒があってとても大好きな色です
Commented by shizenkaze at 2014-08-29 23:35
ツリガネニンジンの淡紫色はとても可愛いですね~
以前は私のホームグランドの達目洞で見られましたが鹿か猪のような動物に掘られたようでこの頃は見られなくなりました・・・・・
薬草園にでも咲いていたら楽なんですが~~

宮沢賢治が見たと思われる釣鐘草は釣鐘人参なのでしょうかそれともカンパニュラなのでしょうか・・・・・
『ブリュ-ベル』で思い出したのはスコットランドの民謡に『The Blue Bells of Scotland』っていう歌があります
こうした事から色々調べると楽しいです

ベル型の花の姿は本当に可愛いですね~
1.4.7の写真いいですね~(*´∀`*)

Commented by hemi-kame2 at 2014-08-30 11:19
山霧に紛れるツリガネニンジンは幻想的でしょうね。
霧の雫は何時になく釣鐘を生き生きとさせるのでしょうか。
やがて微風に揺れる釣鐘からかすかに音がでそうです。
2,5枚目、良いですね。
Commented by asitano_kaze at 2014-08-30 16:20
家を出たからには引き返せませんね。
強行の甲斐あって、すてきな出会いがありましたね。
ピノキオのような長い鼻をつきだしたしべが可愛くてたまりません。
ちいさな雨粒が薄紫についているのも風情がありますね。
賢治のことば、しびれます。
1,2,5,7,いいですねぇ。
2が特に好きです。
Commented by deep_breath38 at 2014-08-30 22:04 x
しばらくのご無沙汰でしたこんばんは。
この夏は雨が多いです~。
週末変な天気になることが多いので、なかなか撮影も行けず困ります。
ツリガネニンジンホントに可愛いですよね~。
1,3,4,5枚目が素敵です~(^^)。
Commented by soyokaze-1020 at 2014-08-30 23:40
calmcalmcalmさん
雨の中、カメラが濡れるのを気にしながら撮りました。
集中力に欠けたのですが、しっぽりした風景の中に身を置いて心地良かったです。
それが原因なのか、只今、38度の発熱中~^^;
返コメが遅くなっています。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-08-30 23:40
shizenkazeさん
宮沢賢治のこの詩は、載せるのは2度目です。
いずれもツリガネニンジンの時ですが、どうなのでしょうね~?
自然を愛した賢治と野草のツリガネニンジンが結びついてしまいます。
ベル型のカンパニュラも可愛らしいお花ですが・・・
1、4、7、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-08-30 23:40
hemi-kameさん
はい、花撮りよりも幻想的な風景に酔いしれました。
空から霧が降りてきて、横に流れる・・その度に風景が一コマ・一コマ変化します。
それも秒単位なのです。
濡れるのもかまわず佇んでいましたら、すっかり体調を崩してしまい、
病院に行きましても快復しなくて難儀しています。
今、耳の奥に釣鐘の幽かな音が聴こえています~^^
2、5枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-08-30 23:40
asitano_kazeさん
お天気が悪くても、強行した甲斐がありました。
介護サポートの病院通いの疲れもあって、体調は崩してしまいましたが
心は満たされています。
ツリガネニンジンに出会いますのは、いつも花が乱れた時ばかりでしたが
この日はちょうど頃合いのようでした。
賢治の言葉、2度目の掲載です。
1、2、5、7、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-08-30 23:41
deep_breath38さん
ほんとうにおかしな八月でしたねぇ。
今までにないことでしたし、不安を感じます。
草花は、不満も言わずに季節が来ればそれなりに咲いていますよねぇ~^^
反省しなければと、思ったりしています。
1、3、4、5枚目、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 月の精     ≪   キレン... 熟女たちの集い    ≪   ... >>