深窓の令嬢     ≪     ヒオウギ   ≫


ある時はギラギラ太陽の下、ある時は台風余波の雨の下でも、華やかな笑顔の花
今年も、我が家の庭で ヒオウギ(檜扇)の花が咲きました。

手入れをしないままの庭は、雑草天国~!
扇を開いたように広がる葉は草にまみれて姿は見られませんが、
枝分かれした茎の先端に、夏日を集めたようなオレンジの花弁がまぶしい~☆

古代、疫病を鎮めるために厄除けの花として飾られたというこの子、
名前の由来などを調べますと、雅な万葉の絵図をイメージしますが、
彼女たちの後ろはブロック塀!
足元は雑草だらけ~!

とても深窓の令嬢たる環境ではありません。
事情があるため手入れ不足とは云え、心が痛みます。

空が明るくなる時刻、オシロイバナが眠りにつく隣で、お嬢様たちは目覚めます。
精一杯光を浴び、時を謳歌して、夕方には身を捩りながら散る一日花
秋に漆黒の実を結び、命を紡ぐ姿が愛おしいですね。


花言葉は、 個性美、誠意


(1)
a0140000_20305450.jpg


(2)
a0140000_20311054.jpg


(3)
a0140000_2031412.jpg


(4)
a0140000_2032211.jpg


(5)
a0140000_2032279.jpg


(6)
a0140000_20324559.jpg


(7)
a0140000_2033627.jpg


(8)
a0140000_20373865.jpg


(9)
a0140000_2034538.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-08-19 20:40 | 植物 | Comments(6)
Commented by shizenkaze at 2014-08-19 23:49
ヒオウギの花は可愛いですね・・・
アヤメ科の花の中では色鮮やかな花になりますね~^^

近くには咲いていないので河川環境楽園や三田洞弘法で見ています
終花後のヌバタマもいいですね・・・・・♪
1.3.5.7.9の写真いいですね~(*´∀`*)

『檜扇を 可憐に写す センス(扇子)かな・・・      (自然風)』
Commented by asitano_kaze at 2014-08-20 12:11
ヒオウギは野趣に富んでいてどんな環境下でも生き抜く力強さを感じます。
お行儀のよいぴかぴかの花壇より草取りをされていない庭の方がずっとお似合いだと思います。
花後のピーマンみたいな鞘の中にびっしりと種子を蓄えているんでしょうね。
それにしても、たくさん咲いていますね。
漆黒の種がまた楽しみですね。
1,3,6,,9、好みです。
Commented by hemi-kame2 at 2014-08-20 20:31
花後、花びらが捻じれて残るのが面白いです。
3,4枚目、良いですねぇ。
Commented by soyokaze-1020 at 2014-08-20 22:59
shizenkazeさん
扇状の葉で大きな株なのですが、茎を伸ばし先端に咲く花は可愛いです。
鮮やかな色姿は、どこか妖艶な感じすら漂わせていますね。
去年から庭の住人になり、撮影も好きなときに出来るのですが、
環境が今一で満足な絵になりません。
1、3、5、7、9、とshizenkazeさんらしい捻りのある名句、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-08-20 23:00
asitano_kazeさん
できましたら森か山の中で見たいお花です。
私が出会いますのは、庭園か他人さまの花壇でした。
妖艶な佇まいに魅かれて、捨てられていたヌバタマを戴き育てました。
花は周りの景色のなかで、個性ある表情や佇まいを表現してくれますね。
色んな花が混在している私の花壇は、雑然としているだけで気になります。
1、3、6、9、と、温かいお言葉、有難うございます。
忙しさはもう暫らくかかりそうです。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-08-20 23:02
hemi-kameさん
捻れた花をもっと丁寧に撮れば良かったのですが、
ちょっと集中力が足りなかったと、反省しています。
3、4枚目、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 夢は夜ひらく     ≪   ... ひと夜かぎりの美しさ     ... >>