みどりの海原に白い波     ≪   オカトラノオ   ≫


草原をみどりの海原に・・・
腰を曲げて同じ方向を向く白い花穂をうねる波に・・・

オカトラノオ(丘虎の尾) の群落に会うたびに、同じことをイメージしてしまいます。

今年は早かったようで、花穂の数が少なく、桜の花に似た開いたものも僅かです。

うねる波の上をひらひらとチョウが数頭・・、戯れながら舞うシーン
期待しながら訪れましたが、そうそう思い通りにはなりません。


とらのをの 尾短きへ日が跳ねて      大石悦子



花言葉は、 優しい風情、清純な恋



(1)
a0140000_19414048.jpg


(2)
a0140000_19425935.jpg


(3)
a0140000_1943182.jpg


(4)
a0140000_19433491.jpg


(5)
a0140000_19435353.jpg


(6)
a0140000_19441454.jpg


(7)
a0140000_19443175.jpg


(8)
a0140000_19454692.jpg


(9)
a0140000_1946140.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-07-20 19:46 | 植物 | Comments(6)
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 00:14
オカトラノオは好きな花なのになかなか出会えません~
初めて見た時から2度目に見る間が数年かかった花はこのオカトラノオくらいでした~
今は見られるところを知っていますがタイミングだ悪くなかなか見られません・・・・・

花が項垂れるように下に向くのですが花穂によっては先を少し持ち上げて耐えているような姿になるのもあるのでそこがまた可愛く思えます~

トラノオにも種類がありますがオカトラノオが一番好きです~♪

2.3.4.5.7の写真いいですね~♪
Commented by hemi-kame2 at 2014-07-21 10:17
花穂が一斉に垂れている群落は、ちょっと見事ですよね。
良く見るとオカトラノオの花穂の曲がり具合がいろいろあって面白いです。
垂れ下がる蕾の連なりがきれいです。
3,4,5,7枚目、白い蕾の連なりが素晴らしいです。


Commented by asitano_kaze at 2014-07-21 16:21
そうですね。オカトラノオが群生してますと、波のうねりをイメージしますね。
蝶はこの花が好きなようでよくやって来ますね。
5は波乗りをしているサーファーのようです。
この白花はきりりとしていて、清潔感がありますね。
こうべの垂れ方も2,3,4,とそれそれ個性的ですね。
花は下の方から咲いていくので、花火がぱちぱちと弾けていくような気がします。
8のようにあまり垂れていないものもありますね。
9、これがもっとも好きです。白花の魅力があふれています。
Commented by soyokaze-1020 at 2014-07-22 20:52
shizenkazeさん
この子たちの腰のうねり具合、風情を感じています。
昨日、ヌマトラノオを見ましたが、小さくて空に向かって咲く姿は絵にするには難しかったです。
この花は、これからよく見られるようです。
良い出会いがありますように~☆
2、3、4、5、7、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-07-22 20:52
hemi-kameさん
もっと咲き進みますと大海原に白波が立つような光景になりますね。
ちょっと早かったようです。
蕾であっても腰を曲げ垂れ下がるのですねぇ。
それも良しかと・・・^^
3、4、5、7枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-07-22 20:52
asitano_kazeさん
波のうねり・・、いつもそう書いているような気がして、
言葉の表現の貧困を感じてしまいます。
群生のなかでもそれぞれ個性がありますのに、それを引き出せなく観察力が乏しい私です。
ご丁寧に見て頂き、嬉しく思っています。
9、も有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 帰国子女・・・!?     ≪... 山道の草薮を照らす灯り    ... >>